PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

レンタル器具追加のお知らせ

ナイスカットミルなどが好評の「コーヒー器具レンタルサービス」に
今月も、新しい器具が仲間入りします。



今月は、思いっきり準備不足で
テーマも決定することが出来ず、統一感のない追加となっております。



まず、


東洋セラミックス  「セラミックフィルター2杯用」



多孔質のセラミックをお椀型にした器具です。
直接コーヒー粉を入れてドリップ抽出します。



このお椀型のセラミックフィルターはコーヒーカップにいれて
ドリップすることが想定されていますが、
抽出が進むにつれセラミック自体が漬かってしまうので
ネルドリップのやぐらを代用することをお奨めするとともに
そのやぐら
・「マルタ 1本支柱やぐら」 
もレンタルに加えます。


このセラミックフィルター
メリットと考えられる点をあげますと

・パーパーがいらない
・半永久的に使えると謳われている
・口当たりがなめらかになる

デメリットと考えられる点をあげますと

・使用に応じて透過しにくくなっていくので
 その都度、焼成する必要がある。

・かすかに微粉が落ちる

・セラミックの味が混じる


このような具合です。


致命的ともとれる項目もありますが、
抽出のアプローチとしてはおもしろい試みですので実験してみたい方
是非お試しください。



そして珈琲店経営情報紙
・「珈琲と文化」


これは、無料レンタルです。バックナンバーもある程度そろっています。
コーヒーに特化した話題、業界の動向、など
コーヒーの世界を深く知りたい方にお奨めです。




今月は以上3点です。
是非是非ご活用ください。

スポンサーサイト

レンタル器具追加のお知らせ

ナイスカットミルなどが好評の「コーヒー器具レンタルサービス」に
今月も、新しい器具が仲間入りします。


丸太衣料 10~20人用ネルフィルター 「A-4型」
丸太衣料 10~20人用ネルフィルター 「Y-16型」



アイスコーヒーの大量抽出を追及している方向けのセレクトになりました。
それぞれ専用のやぐらとのセットです。



ネルも様々です。
生地、組織、形状の工夫で、実現したい香味に近づけようとします。
また形状は、何枚で接ぐかが大きなポイントとなります。





そして、今月レンタル開始となる
A-4型は2枚接ぎ、Y-16型が4枚接ぎです。





コーヒー粉層を球に近づけるほうが好みになるのか、どうなのか。
ネル抽出者が持つ様々な見解とご自身を重ねてみてください。





今月は以上2点です。
是非是非ご活用ください。

レンタル器具追加のお知らせ

ナイスカットミルなどが好評の「コーヒー器具レンタルサービス」に
今月も、新しい器具が仲間入りします。


ハリオ 「サイフォン・ヌーヴォー」
・ハリオ 「03ドリッパー」


今月もご家庭でのアイスコーヒー抽出に役立つと考えたセレクトです。



ハリオ 「サイフォン・ヌーヴォー」は
ペーパーろ過器を使用する3杯用のサイフォンです。
だいたい360mlのコーヒー抽出ができます。


サイフォンといえば、風味の高さと軽いタッチが特徴です。


立体的ではなく平面的
力強さではなくやさしさ



抽出条件によっては様々ですが、概ねこのような傾向があります。



アイスコーヒーの抽出といえば、
通常、ドリップで、低温でじっくり、がお奨めのパターンです。



その時々の条件によって様々ですが、
このような淹れ方での概ねの傾向は



平面的ではなく立体的
やさしさではなく力強さです。




アイスコーヒーを単に苦いものとしている方が
やさしく、さわやかなアイスコーヒーをもって
アイスコーヒーへの新しい価値を発見していただくことを目的に




「サイフォン抽出によるアイスコーヒー」
を提案します。



ハリオのサイフォン・ヌーヴォーを使用して
爽やかなアイスコーヒーを楽しんでください。



当店のお豆とお伝えする方法で抽出するなら
吟醸酒のような澄み切ったアイスコーヒーをお楽しみいただけます。



ある程度の量がつくれるよう独自のマニュアルになっています。
作りおきにふさわしい作り方です。



一度に60gを使用し、6杯分をつくります。




まず、サイフォンをセッティングします。
熱している間に、氷360gをリードなどの保存バッグに投入。
保存バッグごとボールにつけておきます。
シンク蛇口下をポジションにします。



60gなので、浸漬時間、攪拌を工夫します。
そして、普通にサイフォン抽出した出来上がりの360mlを
保存バッグに投入し、流水でバッグごと揉みます。


あっという間に冷えます。



この時期のサイフォン抽出は落下しにくいので、
濡れタオルを準備しておきサイフォン下ボールを包み込むようにして冷やしてください。



これで、360gの氷が360mlの薄め液となり、
原液360mlと合わされ6杯分720mlのアイスコーヒーができます。
飲んだ感じ濃いようなら水を足して薄めてください。
その後、冷蔵庫で少し寝かせたほうがおいしいと思います。
飲んで薄いかなというくらいが、寝かしてからの味わいが豊かに感じると思います。
細かい部分については店頭でお尋ねください。



澄み切ったきれいなアイスコーヒーを楽しむ方法についてでした。




そして、次に
「ハリオ03ドリッパー」です。



これは、いわずとしれた円錐形の6杯まで用ドリッパーです。
アイスコーヒーをたくさん作りたくても、器具がないという方にお奨めです。



こちらもある意味力技ですが、
ドリッパーに120gまでセットできます。
一度に10杯以上抽出が可能です。


量を作れるという点に加えて、
サイフォン抽出とは反対にパンチの効いた香味を作ってくれます。



アイスコーヒーといえど、
抽出によって出来上がりの傾向は様々です。



アイスコーヒーのイメージ向上に
お役立ていたたきたいと考えた器具たちでした。



今月は以上2点です。
是非是非ご活用ください。

レンタル器具追加のお知らせ

ナイスカットミルなどが好評の「コーヒー器具レンタルサービス」に
今月も、新しい器具が仲間入りします。


ハリオ 「アイスコーヒーメーカー・フレッタ」


ドリップでアイスコーヒーをつくるためのセットです。



おなじみハリオの円錐ドリッパーを使用した
ドリップしながら氷で急冷できる、
そしてそのまま冷蔵庫へ保存できる、
アイスコーヒーをつくるために必要なものをまとめた
大きく3つのパーツからなる器具です。


円錐ドリッパーと
液体をサーブし保存できる、ガラス瓶
そして、ドリップしながら急冷するための氷ボックス、


大きくこの3つからなります。


氷ボックス、いわゆるアイスストレーナーは
ガラス瓶内に収納され、ドリッパーとの連結をはかります。
また、自在に取り外しもできることから
水っぽくなる前に不要な氷を引きあげることができます。
冷やすためだけに使うことが可能です。


保存瓶は、容量がわかるようになっていて
ドリップ完了の目安がつかめるようになっています。


甘味や旨味の感じられるアイスはドリップならでは。
是非お試しください。



そして、もっと手軽につくりたい方向けの器具があります。



・ハリオ 「水出し珈琲ポット」


お湯をつかいません。

ストレーナーにコーヒー粉をセットして
所定量、水を投入、一定時間冷蔵庫で保存したら完成。


いわゆる、漬け置きタイプの水出し珈琲をつくる器具です。


ドリップでは湯で抽出するのに対し
こちらでは水で成分を抽出します。

さらにドリップでは紙で漉すのにたいし、
こちらではメッシュで漉します。


この2点が出来上がりに違いをもたらす大きな要因といえます。



漬け置きの水出し珈琲はお茶感覚でどうぞ。



ドリップとの対比がおもしろいのです。
どこまで手間を省いて、どこまでの液体を許容するか。
個人差ありますので、お試しください。

本格的な夏を前に、アイス作成のパターンを確立してみてください。
是非どうぞ。




そして最後は、



・イギリス スポング社 アンティーク手回しミル


ミルは刃が命です。


アンティークといえば、時を越えて価値を増し加えた物品というイメージですが
機能を果たせないのでは、その価値は半減です。観賞にしか使えません。


実際にお使いいただくことで
実用性も十分であるとのご確認ができるよう
レンタル器具に追加致しました。



今月は以上3点です。
是非是非ご活用ください。

レンタル器具追加のお知らせ

ナイスカットミルなどが好評の「コーヒー器具レンタルサービス」に
今月も、新しい器具が仲間入りします。


ハリオ一人用サイフォン ミニフォン


既にレンタル開始となっている器具ですが、きちんとご案内します。


サイフォンは準備するのが大変というイメージがありますが、
コンパクトなミニフォンなら、取り扱いも楽で、スペースも取らず
手軽にできると思います。


当店がこの器具を実演で抽出している感覚では、ドリップより楽です。
1杯分のためにわざわざというより、ドリップで1杯だすのに神経をつかうのなら
当店で実演をごらんになり、ふさわしいお豆とマニュアルを参考に、是非、1杯を淹れてみて下さい

面白いと思います。

他のサイフォンと比較してボールが小さいということもあり、
火力が強めになりやすいですが、
スピーディーに完了させることで風味を生かした珈琲がつくれます。
また、自作の火力調整台もありますので、
ご希望があれば一緒にお付けします。(もちろん無料です)
上ボールに湯が上がってから、本体をこの台に乗せてください。
もちろん台がなくても、アルコールランプの位置をずらすことで火力調節は可能です。

そして、香味の傾向という重要な点ですが、このミニフォン、
ろ過器と上ボールの形状から
攪拌を工夫しても、若干微粉が落ちます。
時間があれば、この課題に取り組んでみるつもりです。

手軽にできるミニフォン
サイフォン初挑戦の入門器具としてどうぞ。




そして今月もドリップポットを追加します。



・ハリオ V60ドリップケトル ヴォーノ


ウェーブが特徴、ハリオ製品のドリップポットです。
ハリオ製品全体に感じられるのは気遣い、心遣いです。
使う者のちょっとしたストレスを軽減しようという意図を感じます。


このヴォーノが着目した点は、熱源。
現在、ご家庭ごとに様々な熱源が使われています。
環境や安全をより追求していく流れの中、
この熱源の多様化はさらに加速していくことが予想されます。


使うものとしては、
とにかく面倒なもの、いちいち確認が必要なものは
パスしたいと思うかもしれません。


「全ての熱源に対応しています。」



こう宣言してくれれば、
面倒なことを考えずとも
どんな場面でも使えると白・黒はっきりつきます。
また、SGマークの安全付です。
(ドリップポットの使用を考えれば当然ですが、電子レンジやオーブンには使えません。)



使い勝手はどうなのか、細く注げるのか





是非レンタルでお試しください!





そして今月は当店オリジナルのキットレンタルを始めます。
プロ養成抽出講座の受講資格の判定に使用する器具たちです。

・注湯マスターキット



「パイレックスの200ml計量グラスに
ハリオ4人用ドリッパーまたは、コーノ4人用フィルター(ドリッパー)をセット
ミニフォンの上ボールをそのフィルター内にさかさまにおいて


細い管に垂直に100ml
その後、
コーノフィルターとミニフォン上ボールとの隙間円にまわしながら100ml

よどみなく注湯を完了させること」 ×2




これが受講資格を決定する実技試験ですが
その実技に使用する4つのグッズを
注湯マスターキットとして
レンタルを始めます。



・パイレックス200ml計量グラス
・ハリオ4人用ドリッパーまたはコーノ4人用フィルター
・ハリオ上ボール
・ステンレスバット




水またはお湯が散乱しないよう
ステンレスバットもキットに入っています。


練習するのにこのグッズでなければならないということはありません。
身近にあるもので代用できるはずです。
垂直に細く、そしてそのまま のの字を 描けることができればよいのです。

こういうキットがあれば
モチベーションがあがるという方にはお勧めで
何度でもトライしたくなります。


注湯マスターキット、是非攻略してください。
挑戦者お待ちしております。



以上3点
レンタル器具に追加いたしました。
是非ご活用ください。