PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

VISION GRAPH (ビジョングラフ) 進捗

ビジョン達成までの進捗を表す
VISION GRAPH (ビジョングラフ)は
3月4日の記事 VISION GRAPH (ビジョングラフ)評価方法(中)を最後に
更新されないままでした。


そして
公開されている最終のVISION GRAPH(ビジョングラフ)は
次のようなものでした。



vision-3-6.gif


予定している各サービスを
透明マスとして配置し、実行したものを黒く塗っていきます。


しかし、各サービスを実行するだけでは、
ビジョン「一番活躍できる分野・市場の特定」に及ぶはずもないということから、
「新たなサービス」と名づけた白マスを両端に配置しています。



これはビジョン達成の可能性が高いと考えられるもので
独自性や革新性、成長性といった基準を満たす
今後生まれるものです。



その「新たなサービス」は、卓越したサービスと認定した場合、
オセロゲームのように中の各サービス郡を実行のいかんにかかわらず塗っていきます。
これが、最初のビジョン達成として
ようやく自店の立ち位置が定まったといえる瞬間です。
そして、次のビジョンに向け動き出すことが出来ます。



ここまでのことは
3月4日の記事に詳しく書いてあります。



PUBLIQ COFFEE では、各サービスを実施していきながら、
そのフィードバックやブラッシュアップにより、
そのような「新たなサービス」を生み出せないか考えてまいりました。






良いアイデアが今現在あるわけではありません。




そもそも VISION GRAPH (ビジョングラフ)は
サービス業への転換を宣言し自店の歩いていく向きを
また基本理念を定め自店の歩き方を・・・決めた
2008年10月からスタートしたもので、
その歩みのスピードと現在地を表すものです。




ここで、3月6日以降の進捗を確認してみます。
9月1日の状態です。



vision-graph9_1.gif





マニュアル作成サービスの実施で1マス追加されたのみです。
焙煎講座、抽出講座はどちらも5番講座まで実施で1マスがようやく塗られます。






「どう評価するか」





これが次の問いです。



カテゴリーにあります
VISION GRAPH (ビジョングラフ)評価方法
色を塗る、塗らないを決める評価についてであり、
その進み具合については
当店と接触する方が、変化や進化をどれくらい感じているか
を指標とすべきだと考えました。




そして、それは、
新たなチャレンジを要求するものだと判断しました。




つまり、当店が1年間行ってきたことは
それほど変化として実感していただいていないと
結論しました。




市場を特定する、という目指すものが抽象的で
かつ結果が分かりにくいことが原因の一つだと考えられます。
つまるところ、各サービスの実施と市場の特定とが簡単には結びつけられません。
また、各サービスの実施スピードも、どうしてもあげることができませんでした。



必要なのは具体的で結果がわかりやすい目標だと考えました。





そこで、PUBLIQ COFFEE は 
10月に思い切った目標を掲げます。





この時点で内容が決まっているわけでは
ありません。




分かっているのは
明確で結果が問える「具体的なチャレンジ」が必要だという事で
それは、変化や進化を外部が肌で感じるインパクトを持っているべきです。
その「具体的でインパクトを持ったチャレンジ」は
オセロゲームの両端に例えられる
「新たなサービス」に位置づけられ
その変革を促すインパクトをもって、ビジョン達成を狙います。




10月1日発表予定です。


スポンサーサイト

VISION GRAPH (ビジョングラフ)進捗 VOL2

【2008年11月30日(日)】  (評価日時です)



価値向上と貢献度のはかり方については




繰り返しになりますが
確立されておりませんで、



とりあえずのアナログの評価となりますけども
ご報告していきます。




進捗 VOL1
PUBLIQ COFFEEとしての最初のビジョンを掲げました。




「当店が一番活躍できる分野・市場の特定」




これは・・・



自店の力量が分からずに特定の標的を掲げるまでいかず
その特定の標的を探すこと・・・・・・・・・が
最初のビジョンだということでした。




そして、自店の力量を理解するために
いろいろなサービスを始めてみて、強みや弱みを知る 
というところからスタートしたのでした。






それは何でもかんでもやるというのではなく
基本理念に沿って





①品質・技術のレベルアップにつながることなのか
②お客様、地域社会の役に立つのことなのか
③コーヒーそのものの価値、コーヒーがもたらすものの価値を高めるものなのか




この3つの重なる部分の事柄を
仕事にして取り組んでいく




ということでした。




そのように決めた進捗VOL1からのち
以下のような事柄を実施いたしました。





・コーヒー器具のレンタルはじめました。
・コーヒー豆メニューラインナップ増やしました。
・無料コーヒーポットサービスはじめました。
・1KG釜焙煎機導入いたしました。
・焙煎機回数貸しサービスはじめました。
・1KG釜焙煎講座はじめました。





役立ち、価値をあげると考えて実施した
これらのサービスは





・無料コーヒーポットサービスご利用いただけませんでした。
・その他の各サービスご利用いただけました。





そして、お客様の反応などから受けた印象や
ご利用のデータなどから総括しますと



・焙煎サービスは非常にニッチで
 限られたお客様向けになるけども求められているサービス

・レンタルサービスはご利用器具に大きな偏りがあるけども
 好評で役立つサービス






この結果をうけて、焙煎サービス、レンタルサービスは
一層の充実と決め、




具体的には、
焙煎講座の順次開講。
レンタル器具ラインナップ追加を行っていきます。





全く持って客観的な評価ではありませんが(基準確立後に全体の修正予定)
一定の前進があったとし、





スクエアの半透明部分の1ブロックを



sinchoku2-1.gif





10月20日に次ぐ11月30日のビジョングラフは
このようになりました。










VISON GRAPH (ビジョングラフ)進捗 VOL 1

【2008年10月20日(月)】




VISION GRAPH(ビジョングラフ)は未だ不完全です。
具体的なことを何も説明していません。
つまるところ、肝心の
価値向上と貢献度のはかり方をもっていません。






走りながら、修正を加えながら
客観性のあるものに作り上げていく予定です。
お待ちください。




PUBLIQ COFFEE の仕事は

①品質・技術のレベルアップにつながることなのか
②お客様、地域社会の役に立つのことなのか
③コーヒーそのものの価値、コーヒーがもたらすものの価値を高めるものなのか




この3つの重なる部分に取り組んでいくことです。




それはつまり・・




当店が「価値あり」と考えるのは
「重なる部分に取り組む」ということで・・・




価値向上の評価方法について言えば、
その重なる部分の内容を
これから取り決めていくいくつかの評価項目にのっとり、定量化していく・・




貢献度の評価方法について言えば
これは、反応ですから
お客様からのアンケートや反響の程度などを
定量化していく・・・



というのが、あまりにも大雑把ですが、
今のところのおおまかな考え方です。




また、VISION GRAPH(ビジョングラフ)の要素も 
【「ビジョン」「目標」「戦略」「行動指針」「人材」「企業文化」】



おおまかな考え・・・
概念ははっきりとしていますが



「言葉」になっていないので
段階的にアップしていくことになります。




不細工ですが、全て走りながらやっていきます。







とはいえ、
「走る」といいながら、あてもなく走るのでは
ただ疲れ果てるだけで得る成果はありません。
また、行き先もなく走ることに意味などありません。






一体、どこに向かって走っているのか、






それは、たとえるなら





使命を帯びて宝物探しの探検にでかける
ようなものだと考えています。




事業をするということは
社会が投げるボールを打ち返すようなもので
社会が求める役割を果たすことで試合になる。
継続できる。きっとそうです。


社会とのつながりは必然で、社会への貢献が使命になり
求められている役割が宝物なのだと考えたのです。



その役割、宝物が、ビジョンになります。




当然、見つけ出せたならよい試合ができるのです。




宝物探しの探検は
よくあるストーリーのように、
大抵、いろいろな難関にであったり、
地図が間違っていたりと
順調にはことが運ばない場合が多いと思います。




現在の当店は、そんな宝物を怪しい地図で探しているようなもので
目指すものに最短距離で走っているのではなく
本当に目指すものを探しながら走っているという状態です。





しかし、VISION GRAPH (ビジョングラフ)が
活動全体を表すものであることから、
その工程をもグラフにして、当店の動きを公開していこうと思います。





次のようなところからスタートします。




まず、本当に目指すものを探しながら走るとは
「探すごと」が目指すものになっていくことになります。



残念ながらそうなります。




そして、基本理念には、
コーヒーに関わる価値向上や、お客様や地域社会への貢献こそ
当店の使命である、ということから



何かに卓越した能力を発揮できる分野がなければいけないことになります。





誰もが提供するものと、同じようなものを提供することが
価値をあげたり、貢献を大きくしたりはしないからです。



それは、つまり




「自店が一番活躍できる分野を探す」ことが
本当に目指すもの探す・・・・・・・・・・ということです。






そんな分野などあるのでしょうか。
どのように探せばよいのでしょうか。




分かりません。






それは多分自店を理解することから始まるのだと思います。
何ができるのか。
何が大きく役に立ったのか。




そのためには機会をつくり、
チャレンジしていくことしか見えてこないものだと考え・・





PUBLIQ COFFEE としての最初のビジョンはこのようなものになりました。





sinchoku1-1.gif




したがって、「スクエア」は




sinchoku1-2.gif




ビジョンは内容による大きさが半透明で表され、達成された割合に応じて色が塗られていきます。



sinchoku1-3.gif




2008年9月までの活動全ては
VISION GRAPH (ビジョングラフ)では 「1」としたことから
この「1」を基準に面積を推定します。



価値、貢献度のはかり方が決まってくれば、
推定面積も比較的客観的になっていくと思われます。





2008年10月20日(月)設定です。


sinchoku1-4.gif