PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE  9月 コーヒー豆メニュー

2017年は、毎月新しいコーヒーが2つ登場します。
この毎月の2種と定番の銘柄たち。
これが 2,017年の PUBLIQ COFFEE の コーヒー豆ラインナップです。



毎月の新しいコーヒーは、
各月、ひとつの生産国をピックアップし、
その中から選りすぐりの銘柄をセレクト、
これが一つ目。



そして、その銘柄を使って、
その特徴を強化、
超越するブレンドを創作します。




①選りすぐりのシングルオリジン
②そのシングルオリジンを使った創作ブレンド




この2つが毎月
新しいコーヒーとして登場します。




さて、9月。




今月登場するシングルオリジンはアフリカのルワンダ、
西部ルトシロ地区 の ルワンダ コーパック キロレロです。




そして、創作ブレンドは、
このルワンダ コーパック キロレロ に感じられる
花やリンゴ系フルーツの印象を強調して創作、
「Lacus (ラクス)」と名付けたブレンドが登場します。
「Lacus」 は、ラテン語でりんごを意味する言葉。




さて、今回の ルワンダ コーパックは すごい農協です。




2004年にEAFCA(East African Fine Coffee Association)によって、
「最も優れている東アフリカのアラビカ豆」と評価され
それ以降、各コンテストで高い評価を得る豆を継続的に輩出、
2007年、2009年でも再びEAFCAで1位を獲得しています。




さらに、2009年には、
Rwanda National Competition Taste of Harvestで
その年のルワンダコーヒーベスト5にも選ばれていて、
現在もアメリカやフランスなどに輸出・販売され、高い評価を受けています。




今回のキロレロの栽培地は、ルワンダの西部。
ルトシロ地区というところ。




rwanda.gif




地図上「ルワンダ」文字の 「ル」の左側の
赤い斜線のエリア、ここが rutsiro 地区。
拡大してみましょう。



rutsiro.gif




その西にあるのはキブ湖。



rwanda-rutsiro.gif





このように湖岸 に コーヒーが生っているような ところです。




権威が認めてきたコーヒー、
是非お試しください。




そして、このルワンダ コーパックの豆を使って
リンゴ系フルーツの印象を
より具体的に感じられるよう配合した創作ブレンド、
名づけて 【Lacus ~ラクス~】
ラテン語で りんごを 意味する ブレンドも 登場です。




シングルオリジンとそのシングルオリジンの個性を強化したブレンドの2種。
9月限定のコーヒーたちです。
9月はこの2つの新顔を是非お楽しみください。

--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------

~ 月替りのスペシャルロット ~


ルワンダ コーパック キロレロ             ¥500/ 75G


創作ブレンド ~ Lacus ~ (ラクス)   ¥500/ 75G


--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE  8月 コーヒー豆メニュー





今月は 産地視察等 
長期のお休みをいただく関係で、
先月7月のラインナップを継続、
定番のコーヒーたちと、
限定コーヒーは、引き続き、シングルオリジンが タンザニア、
創作ブレンドが アグルメス 、といったラインナップになります。



19日(土)以降に、
8月だけの 「何か」 ナインナップに加えます。
追記します。



--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------

~ 月替りのスペシャルロット ~


タンザニア キゴマ ディープブルー            ¥500/ 75G


創作ブレンド ~ Agrumes ~ (アグルメス)   ¥500/ 75G



--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

PUBLIQ COFFEE  7月 コーヒー豆メニュー

2017年は、毎月新しいコーヒーが2つ登場します。
この毎月の2種と定番の銘柄たち。
これが 2,017年の PUBLIQ COFFEE の コーヒー豆ラインナップです。



毎月の新しいコーヒーは、
各月、ひとつの生産国をピックアップし、
その中から選りすぐりの銘柄をセレクト、
これが一つ目。



そして、その銘柄を使って、
その特徴を強化、
超越するブレンドを創作します。




①選りすぐりのシングルオリジン
②そのシングルオリジンを使った創作ブレンド




この2つが毎月
新しいコーヒーとして登場することになります。




さぁ、7月。




今月登場するシングルオリジンはタンザニア産です!




そして、創作ブレンドは、
このタンザニアに感じられる
花やフルーツの印象を強調して創作、
「Agrumes (アグルメス)」と名付けたブレンドが登場します。
Agrumes は、フランス語で柑橘類を意味する言葉。




さて、東アフリカ有数の生産国タンザニア。
私たちにはキリマンジャロでおなじみの生産国。
観光や農業を産業にしている国。





キリマンジャロコーヒーを生産している国として
タンザニアは知られていますが、
この銘柄はキリマンジャロ山のふもとで生産されるものをさし、
今回セレクトした
キゴマ は タンザニアでも新しい生産地・・
キリマンジャロとは違った特異な印象を持つコーヒーです。




キゴマ(kigoma)は地図から
確認できるように、タンザニア西部、
ブルンジのすぐお隣。




Tz-map.png





この地域が生み出す新しいタンザニアの香味。
柑橘の印象もあり、マスカットやその他複雑なフルーツの印象があります。





東アフリカ産は
香気がもっとも強いコーヒーたちとして知られていますが、
この新しいタンザニア開発コーヒーは
どんなフルーツフレーバーをもっているのか
是非お試しになってください。





そして、このタンザニア キゴマの豆を使って
フルーツの印象を
より具体的に感じられるよう配合した創作ブレンド、
名づけて 【Agrumes ~アグルメス~】
フランス語で 柑橘類を 意味する ブレンドも 登場です。




シングルオリジンとそのシングルオリジンの個性を強化したブレンドの2種。
7月限定のコーヒーたちです。
7月はこの2つの新顔をお楽しみください。

--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------

~ 月替りのスペシャルロット ~


タンザニア キゴマ ディープブルー            ¥500/ 75G


創作ブレンド ~ Agrumes ~ (アグルメス)   ¥500/ 75G



--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

PUBLIQ COFFEE 6月 コーヒー豆メニュー

2017年は、毎月新しいコーヒーが2つ登場します。
この毎月の2種と定番の銘柄たち。
これが 2,017年の PUBLIQ COFFEE の コーヒー豆ラインナップです。



毎月の新しいコーヒーは、
各月、ひとつの生産国をピックアップし、
その中から選りすぐりの銘柄をセレクト、
これが一つ目。



そして、その銘柄を使って、
その特徴を強化、
超越するブレンドを創作します。




①選りすぐりのシングルオリジン
②そのシングルオリジンを使った創作ブレンド




この2つが毎月
新しいコーヒーとして登場することになります。




さて、温かさを実感し始める6月。




今月登場するシングルオリジンはニカラグア産です!




そして、創作ブレンドは、
このニカラグアに感じられる
砂糖を褐変させたような淡い甘さの印象を強調して創作、
「Melassa (メラッサ)」と名付けたブレンドが登場します。
Melassa は、イタリア語で糖蜜を意味する言葉。




さて、中米、中央に位置する国ニカラグアは
主要産業が農業、その第一がコーヒーの国です。




でありながら、インフラが整っておらず輸送アクセスの問題などから
周辺のグァテマラやコスタリカなどと比べると
コーヒー産業としての立ち遅れがあり、
品質や知名度の点で際立った評価が聞こえてこない現状があります。
しかし、近年、一部の地域、銘柄の品質向上には目を見張るものがあります。





実際のところ、ニカラグアコーヒーはこれまで、
グァテマラの特徴、コスタリカの特徴など
周辺国のコーヒーには語る個性があるのに対し、
なかなかアピールできるものとはいえませんでした。




強い個性のないのがニカラグアの特徴といえるかもしれません。




しかし、昨今の
スペシャルティコーヒーの盛り上がりを受け、
精力的な農家のつくるコーヒーが注目を集め始めています。





今回ご紹介するのは、そんな銘柄。
90年以上の歴史ある女性の農園主による
きめ細やかな管理が行き届いている農園。
農園内には小川、滝があり、動物や昆虫、鳥なども生息している自然豊かな農園
RA、UTZ認証も取得しています。





ニカラグア サンタアナ農園。




砂糖の甘さ、柔らかい丸いジューシーな酸味。
そしてクリーンカップ、素晴らしい透明感。
その透明感と糖蜜のような甘さを味わえる銘柄です。
他にはないニカラグアの淡い甘さをを感じることができます。





そして、このニカラグアの豆を使って
Sugar Browning と表現される甘さ、
糖蜜のような甘さの印象を
より具体的に感じられるよう配合した創作ブレンド、
名づけて 【Mellasa ~メラッサ~】
イタリア語で 糖蜜を 意味する ブレンドも 登場です。




シングルオリジンとそのシングルオリジンの個性を強化したブレンドの2種。
6月限定のコーヒーたちです。
6月はこの2つの新顔をお楽しみください。

--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------

~ 月替りのスペシャルロット ~


ニカラグア  サンタアナ農園             ¥500/ 75G


創作ブレンド ~ Mellasa ~ (メラッサ)   ¥500/ 75G



--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

PUBLIQ COFFEE 4月 コーヒー豆メニュー

2,017年は、毎月新しいコーヒーが2つ登場します。
この毎月の2種と定番の銘柄たち。
これが 2,017年の PUBLIQ COFFEE の コーヒー豆ラインナップです。



毎月の新しいコーヒーは、
各月、ひとつの生産国をピックアップし、
その中から選りすぐりの銘柄をセレクト、
これが一つ目。



そして、その銘柄を使って、
その特徴を強化、
超越するブレンドを創作します。




①選りすぐりのシングルオリジン
②そのシングルオリジンを使った創作ブレンド




この2つが毎月
新しいコーヒーとして登場します。




さぁ、4月。




今月登場するのは、パプアニューギニア!
そして、パプアニューギニアを使った創作ブレンド 「Herbe (エルブ)」 です。



パプアニューギニア。



オーストラリアの北に位置するニューギニア島にある国。
手つかずの自然が残る農業中心の国。
250万人ほどがコーヒー産業に携わっています。
アジア全体の傾向である豊かなコクをもちながらも
風味が爽快でクリーンな印象が特徴のコーヒーがつくられています。




そして今回の銘柄は、
パプアニューギニア トロピカルマウンテン。




力強さを前面に出す焙煎にするか、
ハーブのようなグリーン系の風味を前面に出す焙煎にするか
どちらで個性をだそうか悩ましいほど、
風味とコクが素晴らしい銘柄です。




シングルオリジンは、シティローストで提供予定です。




そして、このパプアニューギニアの豆を使って
中煎り時の特徴である香草のような香りの印象を
よりグリーンノートに感じられるよう配合した創作ブレンド、
名づけて 【Herbe ~エルブ~】
フランス語で 香草~ハーブ~を意味する ブレンドも 登場、
まるで 森林浴をしているかのような爽快さを表現したブレンドです。



シングルオリジンとそのシングルオリジンの個性を強化したブレンドの2種。
4月限定のコーヒーたちです。
是非お試しください。

--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------

~ 月替りのスペシャルロット ~


パプアニューギニア トロピカルマウンテン   ¥500/75G

創作ブレンド ~ Herbe ~ (エルブ)   ¥500/75G



--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________