PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

8月限定の実演サービスのお知らせ

無料の「実演サービス」メニューに、
夏季恒例の水出し器具が8月限定で登場します。





「 15人用水出し器具  OJI WD-150」





昨年と同様、週に1回実施、
土曜日の正午から2時までの間にセッティングを行い
翌日、日曜日に出来上がりの水出しアイスコーヒーを
お出しする予定です。




夏期のお休みの関係で
変則となる週については、以下の通りです。




明日 7/31(土)抽出実施します。  8/1(日)水出しアイスのご提供

お休み明け 8/15(日)抽出・ご提供実施。
 10時ごろから抽出スタート、 夕方ごろから水出しアイスのご提供






点滴ろ過の本格的な水出し器具です。
夏にふさわしいコーヒーがご提供できると思います。




楽しみにお待ちください。

スポンサーサイト

実演メニュー追加のお知らせ

手順や意味を解説しながら、
実際に目の前で使い方をご覧いただく無料の
「実演サービス」メニューに、期間限定で
新しい器具が仲間入りします。




お客様からのお預かり品で
抽出マニュアル作成後お返ししますので
期間限定です。
しばらく貸していただけそうですので
7月末までを目安にお考えください。





「パール金属の天秤式サイフォン」





saifon2.gif




サイフォンの原理、天秤の原理を応用したおもしろい器具です。





コーヒーの粉は左のガラス容器へ投入します。
そして湯は右のステンレス容器へ投入します。
その下の乳白色のガラスがアルコールランプです。


天秤は、ステンレス容器とガラス容器の横にある錘でバランスをとります。
空の状態では錘側に
ステンレス容器にお湯を入れるにつれ、つりあい
やがてステンレス容器側に重心が移動します。




その重心をアルコールランプの蓋が受け止めます。







saifon3.gif



アルコールランプで熱していくと
ステンレス容器は密閉されているので
圧力が高まり、やがて低圧側のガラス容器へ湯は移動します。



そこで投入してあったコーヒー粉と出会い
浸漬状態となります。



天秤なので、湯が移動していくと
ステンレス容器は徐々に軽くなり
やがて錘より軽くなると
ステンレス容器の重さを支えていたアルコールランプの蓋は
フリーの状態になり、自動的に閉じられます。





saifon4.gif



燃焼が終了したことで
ガラス容器に対し圧力が低くなったステンレス容器側へ
コーヒー成分を溶かしたコーヒー液として戻ってきます。





吸水管の先っぽには、ネルが巾着のように縛り付けてあるので
コーヒーの粉も一緒になって戻ってしまうことはありません。





コーヒー液の完成です。




ステンレス容器には蛇口があり、コックをひねるとコーヒーがでてきます。





百聞は一見にしかず。





この抽出の模様に関心のある方は是非声をおかけください。
5分ほどでご覧いただけると思います。




天秤式サイフォン
一風変わったサイフォン抽出の実演です。


(※適当に写真をとってしまったので、分かりにくかったと思います。是非ご覧になりにお越しください。)

実演メニュー追加のお知らせ

手順や意味を解説しながら、
実際に目の前で使い方をご覧いただく無料の
「実演サービス」メニューに、
今月も新しい器具が仲間入りします。



3月よりスタートの実演サービスは
・3月 「ミニフォン」
・4月 「ハリオV60ドリッパーによるドリップ」
・5月 「マルタ9cmネルフィルターによるドリップ」
・6月 「アイスコーヒー全般」
・7月 「オージ水出し珈琲器具 WD-150」(夏季限定)
・8月 「コーノ式による極浅煎りコーヒー」と追加され

第7弾となる今月は



「コーノ式による フレンチローストの淹れ方」



を実演メニューに追加いたしました。




この実演によりお伝えしようとするのは
先月に引き続いて、焙煎度合いの違いによるドリップの仕方です。



その仕方は、焙煎度合いによる特徴、その強みをもっとも引き出すと
当店が考えるドリップ法であり、
持ち味を最大にすると考えるものですが
必ずしもこの通りに実行しなければならないものではありません。



むしろ、先月よりお伝えしている
「極浅煎りのドリップ」、今後予定している「中煎り」などとを関連させ
ドリップする各々が自らの好みの調整を
自在にできるようになることを目的としています。
追求時の指標に過ぎません。
お伝えしたいのは、メカニズムであり、
その原則をもって、自前での調整を可能にしていただくことです。



関心のある方、
気軽に声をおかけください。




実演メニュー追加のお知らせ

手順や意味を解説しながら、
実際に目の前で使い方をご覧いただく無料の
「実演サービス」メニューに、
今月も新しい器具が仲間入りします。



3月よりスタートの実演サービスは
・3月 「ミニフォン」
・4月 「ハリオV60ドリッパーによるドリップ」
・5月 「マルタ9cmネルフィルターによるドリップ」
・6月 「アイスコーヒー全般」
・7月 「オージ水出し珈琲器具 WD-150」(夏季限定)と追加され


第6弾となる今月は



「コーノ式による 極浅煎りコーヒーの淹れ方」



を実演メニューに追加いたしました。




抽出はドリップが一般的です。
そして、そのドリップの推奨されている方法は、各店により異なります。
そのため、何が正解か、と悩みます。



原理原則を理解していれば、
細かい数値や、重要ではない部分に囚われずにすみます。




抽出とは、煎り豆のもっている成分のうち、
必要だと考えるものを溶かしだす作業ですから
煎り豆が持っているだろう成分に注目します。



大雑把に言えば、
淹れ方は 「焙煎度合い」で 決まります。
焙煎度合いによって、煎り豆のもつ成分が大方決まるためです。




そこで、焙煎度合いによって
淹れ方をどのように変化させると
概ねよい印象となるかを
実演によってお伝えしようと考えました。






まずは浅煎りからです。




飲用に用いる端から端の体験には
コーヒーの全体像の理解に意味があると考え
今後、違う焙煎度合いの実演を追加してゆく予定です。





関心のある方、
気軽に声をおかけください。





しかし、本当に大切なのは
コーヒーが満足につながっているかどうかです。






嗜好の世界にあるのは、正解ではなく好みです。

実演メニュー追加のお知らせ

手順や意味を解説しながら、
実際に目の前で使い方をご覧いただく無料の
「実演サービス」メニューに、
今月も新しい器具が仲間入りします。



3月よりスタートの実演サービスは
・3月 「ミニフォン」
・4月 「ハリオV60ドリッパーによるドリップ」
・5月 「マルタ9cmネルフィルターによるドリップ」
・6月 「アイスコーヒー全般」と追加され


第5弾となる今月は



「オージ (oji)の15人用水出し器具 WD-150」



を7月限定で
実演メニューに追加いたしました。



実演サービスは、
メニューラインナップが追加されていく仕様となっておりますが、
この水出し器具は今月限定の実演としたいと思います。



そして、抽出日時を決めることで
関心のある方が、
それにあわせてご来店、見学できるようにする予定です。



毎週土曜日に1回抽出を行います。




正午から午後2時までの間で
抽出のセッティングを行い、抽出スタートとします。
タイミングによって、セッティングしている様子や
調整の様がご覧いただけるかもしれません。


そして、出来上がりのコーヒーについては
一晩寝かせ、翌日の日曜日に
ご来店のお客様に召し上がっていただこうと思います。
もちろん無料です。



土曜日に製造過程が
日曜日にその結果が
それぞれ確認していただけるようになっています。



週末にご来店されるかたは
土曜日の次は日曜日というように調整されますと
全体像が把握しやすくなると思います。



点滴ろ過での本格的な水出しコーヒーです。





楽しみにお待ちくださいませ。