PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 行動指針 1

PUBLIQ COFFEE は ビジョンを掲げ、
その段階的なステップとして目標を掲げ
その達成のために全てのエネルギーを注いでいます。


PUBLIQ COFFEE の 活動は 一つの図に表すことが出き
それが次の「スクエア」です。



zentai-fc2




各要素が連携することで
活動がダイナミックになり、成果をあげると考えています。



しかし、それら各要素は、基本理念を除き
走りながら、修正を加えながら構築しているのが現状です。
常に磨かれ、変化し続けるものでもあります。


・PUBLIQ COFFEE 戦略
・PUBLIQ COFFEE 企業文化




これらは、磨かれ、また付け足され、また修正を加えられていきます。



そして、ビジョン・・・
何を目指して走っているかといえば
「一番活躍できる分野は何か?を探す」ことでした。


基本理念にあるように
お客様や地域社会への貢献が使命であって
卓越性がない限り貢献などできようもなく
まずは、その卓越した部分を見つけ出すことが
求められていたからでした。


アプローチとしては
自店の強み、卓越した部分を
可能性のある部分への挑戦から、そしてそのフィードバックから
それを見つけ出そうということでした。



そして現在、コーヒーの多様性をテーマに
その一つとして「エスプレッソ」に取り組んでいるということでした。




PUBLIQ COFFEE の 活動
それは先の「スクエア」で全てあらわされます。




文字で起こせば



「適切な人材(PUBLIQER/パブリッカー)と
 PUBLIQ COFFEE 企業文化が下支えして
 ビジョン、目標を達成するための PUBLIQ COFFEE 戦略を
 PUBLIQ COFFEE 行動指針により実行する」



ということでした。




活動には
まずビジョンがあり、
それを達成するのに段階的な目標があり
その達成のやり方が戦略であり、
実行の仕方が行動指針です。




当店で行われる一つひとつの仕事は
本当ならば
PUBLIQ COFFEE が ふさわしいと考える行動指針によって
実行されているべきですが



現状では、指針がないため
判断に迷う場合もあります。




では、この行動指針は、そもそも何のためにあるのでしょうか。





行動指針は行動に制約を加えるためにあるのではない・・
してはいけない、ことを謳うものとは本当は違う・・
むしろ、迷いなく積極的に行動できるためにあるはずです。
組織では全体が足並みをそろえて行動できるように考えられているはずです。




そうです、行動指針は行動に一貫性をもたせるためにあります。






当店に合わせて具体的にいえば
PUBLIQ COFFEE が 大切にしている精神 を 行動に反映させるためにあると考えました。






精神を反映したその一貫した行動で
大切にしているものが表現できればと思います。




そこでまず
当店の行動指針作成は
大切にしている価値感・概念の列挙から始まります。






・独立不羈

・奉ずる精神

・一人ひとりへの関心

・他者への貢献と自己実現の両立

・最高を目指す姿勢

・追求と挑戦





この記事を通して
大切にしている価値感・概念を整理してみました。




これらは磨かれ、修正されうるものです。




まずは、列挙し、輪郭をつくり
今後このカテゴリーの記事を通して、
PUBLIQ COFFEE 行動指針を創り上げていきます。



スポンサーサイト