PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

2008年の終わり、ごあいさつ



2008年も終わろうとしています。



今年も、当店を支えてくださいます
みなさまのおかけで、一年間がんばってこれました。



心から御礼申し上げます。




今年は、「PUBLIQ COFFEE」となり
新しいスタイルで運営していくことにし、



不完全な状態がずいぶんと続きました。



成長し続けるといった点から言えば、
この先、ずっと、
完全という状態が訪れることなど
ないのですが、



日常業務での
お客様からの、目に見える成長への期待と
当店の実行スピードのズレは
随分と開きがあったのではと感じました。


ですが、
本当にうれしく、
ありがたく思うのは
期待をかけてくださることです。




期待は責任へ、





今以上になることは、もう使命です。






一体・・
人間を行動に駆り立てるものは何なのでしょうか。





「誰でもない自分がやならければならない」
そんな仕事を発見したとき






スイッチが入ってしまうのでしょうか。





期待と責任を胸に
2009年もがんばります。





期待が原動力となって
当店の動きを活発にしてくれるように





当店のコーヒーやサービスが
お客様の原動力となるよう
がんばってまいります。




たくさんのアドバイスを、たくさんのエネルギーを
そして、たくさんの期待を・・
ありがとうございました。


そのアドバイスを、そのエネルギーを
そして、その期待を・・
形にしていきます。




2009年に、どうぞご期待ください。





PUBLIQ COFFEE
吉田一哉     




























スポンサーサイト

諸々のお知らせ


ブログ上でのアップが遅くなりました。
店頭ではご案内中の年末年始のお休みは




年内31日まで通常営業



お休み 
1月1日(木)~1月5日(月)


通常営業
1月6日(火)~

何卒よろしくお願い申し上げます。





そして、2009年の1月
コーヒーメニューをざっくりとご紹介しますと


GENTEI (限定)    タンザニア


CHUBEI(中米)     メキシコ


ASIA(アジア)     東ティモール



銘柄の変化はこのような感じです。1月6日より
ご提供が可能となります。




また、諸々のアップは
年明けに行っていこうと思います。



今月は、新しい試みなど、なかなか行えませんでした。
年内は、動きをあまりご報告することなく終わりそうです。
お休み期間中に、改装、方向付け、実施項目など
しっかり詰めたいと思います。



来る31日のブログで、
今年最後の感謝のご挨拶とします。













フジローヤル1kg釜焙煎機による焙煎講座、2番講座開講のお知らせ

全体で15講座からなる
フジローヤル1kg釜焙煎機による焙煎講座
2番講座 「焙煎環境」 のテキストが完成し、
準備が整いましたので
講座の受付を開始いたします。










ボリビア、パプアニューギニア販売開始のお知らせ


コーヒー豆メニュー
NANBEI(南米)の代表に 
ボリビア


ASIA(アジア)の代表に
パプアニューギニア


明日
12月10日より登場し、
販売を開始いたします。



最新のメニューでご来店の際の参考になるカテゴリー
PUBLIQ COFFEE コーヒー豆ラインナップ
修正いたしました。




コーヒーメニュー内容の変更について


段階的にご案内してきましたストレートコーヒーメニューの
MOCHA (モカ・イルガチェフェ)の在庫がなくなりましたので
販売休止と致します。


代替として試してきました
当店使用のカメルーンは
ナチュラルモカの風味に近いため



支持されてきた
フレッシュ香、クリーンなテクスチャー、さわやかさな風味とは異なると判断。




こちらの特徴を重視した
選考をしていきます。



何卒よろしくお願い申し上げます。
残念です。



そして、12月度アジア枠を20日ごろから
東ティモールとご案内しておりましたが、



生豆商社の情報を
完全に早合点していまして
提供時期がもっと先になります。



11月度アジア枠のパプアニューギニアを再入荷し、
12月度アジア代表としたいと思います、
期待されていたお客様、申し訳ありません。
アナウンスのミスです。


申し訳ありません。




ご来店時の参考となりますカテゴリー
PUBLIQ COFFEE コーヒー豆ラインナップ
修正いたしました。



















DREAM CARD 進捗VOL1

11月より配布を開始いたしました
DREAM CARD 進捗です。



当店の実行能力が乏しいため
最初の1週間以後、
カードのご案内を積極的に行えませんでした。



レッド 1枚
イエロー7枚
グリーン5枚



カードの内容をご覧になり、いただいた共感は
共感シールとして掲示してあるそのカードに添付しています。


共感シール 12枚


そのうち
11月2日に頂いたイエローカードで
共感シール1枚添付の
「コーヒー豆の入った瓶の銘柄が何か分かりにくい」





について
銘柄とその特徴、販売価格の入った大き目のラベルを
新調いたしました。




11月8日に実行いたしました。


(現在の達成率7%)

VISION GRAPH (ビジョングラフ)進捗 VOL2

【2008年11月30日(日)】  (評価日時です)



価値向上と貢献度のはかり方については




繰り返しになりますが
確立されておりませんで、



とりあえずのアナログの評価となりますけども
ご報告していきます。




進捗 VOL1
PUBLIQ COFFEEとしての最初のビジョンを掲げました。




「当店が一番活躍できる分野・市場の特定」




これは・・・



自店の力量が分からずに特定の標的を掲げるまでいかず
その特定の標的を探すこと・・・・・・・・・が
最初のビジョンだということでした。




そして、自店の力量を理解するために
いろいろなサービスを始めてみて、強みや弱みを知る 
というところからスタートしたのでした。






それは何でもかんでもやるというのではなく
基本理念に沿って





①品質・技術のレベルアップにつながることなのか
②お客様、地域社会の役に立つのことなのか
③コーヒーそのものの価値、コーヒーがもたらすものの価値を高めるものなのか




この3つの重なる部分の事柄を
仕事にして取り組んでいく




ということでした。




そのように決めた進捗VOL1からのち
以下のような事柄を実施いたしました。





・コーヒー器具のレンタルはじめました。
・コーヒー豆メニューラインナップ増やしました。
・無料コーヒーポットサービスはじめました。
・1KG釜焙煎機導入いたしました。
・焙煎機回数貸しサービスはじめました。
・1KG釜焙煎講座はじめました。





役立ち、価値をあげると考えて実施した
これらのサービスは





・無料コーヒーポットサービスご利用いただけませんでした。
・その他の各サービスご利用いただけました。





そして、お客様の反応などから受けた印象や
ご利用のデータなどから総括しますと



・焙煎サービスは非常にニッチで
 限られたお客様向けになるけども求められているサービス

・レンタルサービスはご利用器具に大きな偏りがあるけども
 好評で役立つサービス






この結果をうけて、焙煎サービス、レンタルサービスは
一層の充実と決め、




具体的には、
焙煎講座の順次開講。
レンタル器具ラインナップ追加を行っていきます。





全く持って客観的な評価ではありませんが(基準確立後に全体の修正予定)
一定の前進があったとし、





スクエアの半透明部分の1ブロックを



sinchoku2-1.gif





10月20日に次ぐ11月30日のビジョングラフは
このようになりました。