PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 戦略 2

「PUBLIQ COFFEE は トライアングルを構築し、サイクルにして、スクエアを増やしていきます。」



PUBLIQ COFFEE 戦略を一言でいうなら
このようになります。



通常、戦略という場合

・マーケットリサーチをして
・特定したマーケットのセグメンテーションをして
・ターゲットとしたセグメントへの価値創造をして
・その価値を最も入手しやすい方法で提供する


この具体化が戦略となるのだと思います。


どの項目でも
全体の中から選択しています。


誰に?何を?どんな風に?


戦略とは言いかえるなら
強みに合うものだけを選び抜く、それ以外は捨てる。
こういうことだと思います。



しかし、強みは
客観的な視点からでなければ見えてきません。
自信があるんだといったところで、
そう思っているのは自身だけで
そう評価されているとは限りません。




そこで、ある程度
客観性を担保したしくみが必要になります。




当店では、それを
「トライアングルが構築できるかどうか」で
判断していくことにいたしました。



そもそも
基本理念はトライアングルです。






sankaku-1.gif




この中のことを仕事にすると宣言してきました。




今回の戦略は
この基本理念トライアングルの中に
もう一つトライアングルをつくっていくという作業になります。




資源をより集中させることができるはずです。
つづきます。







スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE 2月 営業案内


PUBLIQ COFFEE 2月の営業です。



eigyou-annai-2.gif

PUBLIQ COFFEE 戦略 1

当店は、VISION GRAPH (ビジョングラフ)と呼ぶ
独自の評価基準を用いて
その色面積を拡大させていくことを目標にしています。


そして色面積拡大は「スクエア」と呼ぶ
価値、貢献のしるしを増やしていくことで行っていきます。


その「スクエア」は、基本理念
人材・企業文化・戦略・行動指針など
各要素を貫く構成となっていました。

sinchoku1-2.gif



VISION GRAPH(ビジョングラフ)の評価方法についても
そうなのですが
「スクエア」の各要素についても
具体的なことが決めれずに
コンニチまできていました。



その中で、最も、差し迫った課題としては
具体的にどんな事柄を仕事にして、
その仕事をどんな手順で行っていくかを
決定する「PUBLIQ COFFEE 戦略」が
あると考えていました。



基本理念の3つの円の重なる部分に
もう一歩でも二歩でも踏み込んだ
より現場に近い判断基準が欲しかったのです。



やりたいことはいっぱいあります。



しかし、限りある時間、資金、エネルギーは
本当に意味のある、成果に結びつく仕事に配分されていなければなりません。



それを決めるのが戦略です



攻撃的な言葉ですが、
現代においては一般的に使われているので
当店でも用いていこうと思います。



その戦略は言い方をかえると
何をやるべきでないのか
捨てるものは何かを探す作業ともいえます。





この取捨選択のしくみが
ようやく形になってきましたので
次回以降公開してゆこうと思います。














コーヒー豆袋再利用者さま向け新パッケージのご案内


当店では、
表地クラフト、裏地アルミ蒸着にアロマシールが施されている袋に
コーヒー豆をお入れしています。


瓶をお持ちくださったり、その袋を持参
再利用してくだされば
コーヒー豆を増量させていただいています。


この袋の場合、
繰り返し使っていくうちに
小さくなったり、しわくちゃになったりと
「再利用」という観点から考えますと
適切とはいえませんでした。



そこで、
再利用者さま向けに
ジッパー付の新パッケージにて
今後ご提供してゆきます。


取り扱い面、衛生面、ビジュアル面
向上します。



また、この機会に
再利用をご希望でしたら
気軽にお声をお掛けください。
もちろん無料です。



きれいに大切に
袋を使っていただくことで
有益な事柄が多くあります。



リクエストがあれば、
ネーム入りも可能です。













コーヒー器具下取サービスについて


このサービスの提供資格がないことに
ハタと気づきました。



古物商許可証が必要でした。



サービスは一旦停止、
準備が整い次第とさせてください。





あまりにも、あさはかで、恥ずかしいです。
見切り発車でした。



そして何よりも、
関係者の方々、申し訳ありません。



ブログも関連記事は削除、
仕切り直しといたします。




開始については、
この場でアナウンスいたします。




何卒宜しくお願い申し上げます。









コーヒーベーシックとは何なのか?


コーヒーベーシックは


コーヒーをより楽しく、
そして、家庭でのコーヒーライフに実際に役に立つ
コーヒーのベーシックな情報を取り扱うコーナーです。


店頭でお話しするコーヒーの情報の理解を深めたり
その情報そのものの価値を高めることも目的とします。
もちろん、この記事の閲覧だけでも実際に役立つ設計にします。


「~~~~~なのか?」という一つの疑問に
答えていく形式で進めていきます。


分かりやすく、実用的であるのが、このコーナーの特徴です。

PUBLIQ COFFEE 1月 営業案内


PUBLIQ COFFEE カレンダーです。
営業時間は AM10:00 - PM 19:00 になります。











昨年末より、試験的に月曜日の取り扱いを変更してきましたが
2009年より、月曜日を正式に定休日と致しました。
月・木定休となります。


週2のお休みについては
お叱りを受けることもあり、これは苦渋の選択でございます。


今以上の品質・サービス
言葉では簡単ですが、実際、前進するのは難しいと感じています。



そして、その今以上の品質・サービスは
まとまった時間に集中的に取り組むことで、
実りあるものになるようです。




更なる品質・サービス向上のために
効果的に時間を使ってまいります。






ご理解賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。













DREAM CARD 進捗 VOL2

11月より配布を開始いたしました
DREAM CARD 進捗です。



12月は

イエロー1枚 
グリーン1枚    

計2枚ご記入いただきました。
自発的、建設的なご意見、本当にありがとうございます。


イエロー/12/13
「ホームページ・ブログに自分の顔写真を載せて、
 自分のお店のこだわりを伝えるべき」


グリーン/12/7
「コーヒーのベーシックな情報を我々に提供ください、
 「分かりやすく,ユーモアあり」を続けてください」



ありがとうございます。


イエローに関しては、特に「責任」という言葉を頂戴しました。
カード記入の方も経営者であられ、ご自身のホームページに
大きく、そしてあらゆるページに写真を載せられていて、
「責任」という言葉に重みを感じました。



グリーンに関しては、ベーシックな情報こそが
必要だと、ハッとさせられました。
より詳しくというより、方向は、より分かりやすく実用的
の方が求められているのだと思いました。



頂いたカードは、全て頭に入っていて、
優先度に応じて取り組んでく予定でございます。



そのうち、
11月2日に頂いたレッドカード、照明について
「蛍光灯ではなく、電球、または電球色の蛍光灯などにした方がいい」



について
ダクトレールに、展示用スポット、ペンダントを配置という具合に変更いたしました。
コーヒー器具、ガラス瓶がきらきら輝き、また内装の木が温かみをまして
ご意見により、店内の雰囲気がよくなりました。




12月15日に実行いたしました。


(現在の達成率13%)

レンタル器具追加のお知らせ

ナイスカットミルなどが好評の「コーヒー器具レンタルサービス」に
今月も、新しい器具が仲間入りします。


ベトナムコーヒーメーカー

変化が欲しい方トライしてみてください。
コンデンスミルクとコーヒーをミックスする独特なコーヒーをつくる器具です。
淹れ方自体は難しくありません。
コーヒー粉をセットしたこの器具をコーヒーカップの上に置き、
メリタのように淹れます
レンタルの際に実演いたします。
好奇心旺盛な方是非どうぞ。


月兎印スリムポット0.7L

雑貨屋さんなどでよく見かけるおしゃれでカラフルなホーローのポットです。
カフェの雰囲気を醸し出す女性に似合うかわいらしさが特徴。
ゆったりとした週末に使ってみたい一品です。




そして今回、セットレンタルを提案いたします。
当店が家庭で上質のコーヒーを召し上がっていただくために選択した
器具一式です。

「ナイスカットミルで挽き、マイクロパウダセパレーターで微粉を除去し、
コーノ式ドリッパー&サーバーにセットし、温度計付カリタ細口ポット0.7Lで注ぐ」

抽出の一連の流れに関係する器具一式のレンタルです。
現在、器具を何もお持ちでない方も、このセットのレンタルだけで上質のコーヒーに出会えます。
4つの器具をまとめた「ドリップまるごとセット」の内容は

カリタ ナイスカットミル
マイクロパウダセパレーター
コーノ式ドリップセット
温度計付カリタ細口ポット0.7L


家庭でのコーヒーを格別なものにしてくれるはずです。





以上3点
レンタル器具に追加いたしました。
ご来店のお客様、是非ご活用ください。

PUBLIQ COFFEE の2009年1月 コーヒー豆メニュー


2009年1月度メニューです。
ご来店の際のご参考にどうぞ。


ニューフェースは
 「タンザニア」「メキシコ・オーガニック」「東ティモール・フェアトレード&オーガニック」です。


そして好評の
「パプアニューギニア」を定番メニューに加えました。
ひとまず暫定です。





PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI  (限定)        \500/100G
   
1月は   タンザニア

------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL        \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


森の香り、クリーンで滑らか、風味を楽しむパプアニューギニア
PAPUA NEWGUINEA       \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA       販売休止 \480/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \480/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \480/100G


どこまでも澄み切った潔い酸味、限りなく透明に近いコーヒー
ASAIRI  (浅煎り)        \480/100G



------------------------------------------------------
~大陸枠をつくりました。大陸毎にいろんな銘柄を提供していきます~


NANBEI  (南米)   ボリビア     \500/100G

               

CHUBEI  (中米)   メキシコ    \500/100G

               

ASIA  (アジア) 東ティモール       \500/100G
             


AFRICA  (アフリカ) ルワンダ   \500/100G

 -----------------------------------------------
ASAIRI(浅煎り)は今月より1種類とし、
銘柄は自由に焙煎者が選択します。
リクエストがあればトライします。

そして

FRENCH(フレンチ),
変わらず常時2種類ご準備しています。


「マンデリンフレンチ」は固定で
もう1枠はリクエストや焙煎者の狙いで決まります。


各銘柄の在庫状況、入庫状況
ご来店時の判断材料となるようでしたら、
メール、お電話、是非お寄せください。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
メール info@mameyasan.net
月・木定休 AM10-PM7
_________________


2009年、ごあいさつ。


本日より
2009年の営業を開始いたしました。



PUBLIQ COFFEEは
2009年も、お客様の役に立ついろいろなサービスを考案し、
実施していきます。
そして、どのようなサービスが皆様に大きく貢献したのか理解し、
そのサービスをより充実させていきます。





本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。