PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFE 5月 コーヒー豆メニュー

2010年5月度メニューです。
ご来店の際の参考にどうぞ。


ニューフェイスは


まず
2006年入荷マンデリンの一部を
熟成の状態確認などを含めて、リクエストに応える形で登場させます。

そしてインド。
モンスーン処理された、柔らかな味わいのインドです。
同じくモンスーン処理されたインドのロブスタも登場です。



インドは裏メニュー的に既にご提供をしていましたが正式にお目見え、
3つが新登場です。



共通するのは、フレッシュな生豆ではないという点。
時間の経過がつくる香味をお楽しみください。



変更点を列挙しますと



・GENTEI (限定)が 「熟成マンデリン 2006」
・ASIA(アジア)バリ神山が「インド モンスーン」に。
モンスーン処理のインドはロブスタもあります。



全て変り種で、好奇心旺盛な方にお奨めです。



PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI  (限定)        \500/100G
   
   熟成マンデリン2006

   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL          \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


森の香り、クリーンで滑らか、風味を楽しむパプアニューギニア
PAPUA NEWGUINEA       \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA       販売休止 \480/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \480/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \480/100G


どこまでも澄み切った潔い酸味、限りなく透明に近いコーヒー
ASAIRI  (浅煎り)        \480/100G



------------------------------------------------------
~「大陸枠」地域の個性~


NANBEI  (南米) ボリビア  \500/100G

               

CHUBEI  (中米)   ドミニカ     \500/100G
北米・カリブ海を含む
               

ASIA  (アジア)   インド モンスーン     \500/100G
             


AFRICA  (アフリカ)  ケニア   \500/100G

 -----------------------------------------------
ASAIRI(浅煎り)は1種類で、
銘柄は自由に焙煎者が選択します。
銘柄のリクエストをどうぞ。


そして

FRENCH(フレンチ)
マンデリンを定番に、
その他の銘柄で焙煎者が気まぐれで焙煎することもあります。


各銘柄の在庫状況など
ご来店時の判断材料となるようでしたら、お電話、是非お寄せください。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_________________

スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE 5月 営業案内

5月の営業案内です。










宜しくお願い申し上げます。

コーヒー講座のご案内 ~by Cafe + Zakka corocoro さん~

素敵なママさんたちのおしゃれな古民家カフェ、「Cafe+Zakka corocoro」さんで
5月6日(木)11時より コーヒー講座が開かれます。



居心地のよい空間 と おいしい corocoro さんのランチ と 
コーヒー講座とがベストミックスして好評だった前回同様



「corocoro」さんのランチと当店のコーヒー講座とのコラボレート企画です。
コーヒー講座は同じ内容でご提供する予定です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「 ハンドトリップの基本 -カリタ式- 」



日時: 5月6日(木)11時から 

費用: 2000円

  手作りパンのサンドイッチ
  サラダ
  スープ
  デザート
  コーヒーおかわり自由

  

 15名限定です。お申込みはお早めに。

*子連れokです。(ただし、熱湯や割れやすい物を扱いますので、目を離さないようお願いいたします)

 お子様の ロールパンサンドランチ ¥400 で承ります。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 



是非ご参加ください!



お申し込みは
当店でも Cafe+Zakka corocoro さん でも
お電話でどうぞ。




「PUBLIQ COFFEE」 tel 0565(57)2324 月・木定休 AM10-PM7
「Cafe+Zakka corocoro」 tel 0565(77)0113 火・木・土 AM11-PM2   
4/29(木)からのお休み等、営業日にご注意ください。
http://corocorocafe.blog62.fc2.com/

THINK !

THINK! THINK! THINK!

THINK! THINK! THINK!

THINK! THINK! THINK!



PUBLIQ COFFEE では
物事を深く考えることが
最も重要な仕事のうちの一つです。

PUBLIQ COFFEE 行動指針 1

PUBLIQ COFFEE は ビジョンを掲げ、
その段階的なステップとして目標を掲げ
その達成のために全てのエネルギーを注いでいます。


PUBLIQ COFFEE の 活動は 一つの図に表すことが出き
それが次の「スクエア」です。



zentai-fc2




各要素が連携することで
活動がダイナミックになり、成果をあげると考えています。



しかし、それら各要素は、基本理念を除き
走りながら、修正を加えながら構築しているのが現状です。
常に磨かれ、変化し続けるものでもあります。


・PUBLIQ COFFEE 戦略
・PUBLIQ COFFEE 企業文化




これらは、磨かれ、また付け足され、また修正を加えられていきます。



そして、ビジョン・・・
何を目指して走っているかといえば
「一番活躍できる分野は何か?を探す」ことでした。


基本理念にあるように
お客様や地域社会への貢献が使命であって
卓越性がない限り貢献などできようもなく
まずは、その卓越した部分を見つけ出すことが
求められていたからでした。


アプローチとしては
自店の強み、卓越した部分を
可能性のある部分への挑戦から、そしてそのフィードバックから
それを見つけ出そうということでした。



そして現在、コーヒーの多様性をテーマに
その一つとして「エスプレッソ」に取り組んでいるということでした。




PUBLIQ COFFEE の 活動
それは先の「スクエア」で全てあらわされます。




文字で起こせば



「適切な人材(PUBLIQER/パブリッカー)と
 PUBLIQ COFFEE 企業文化が下支えして
 ビジョン、目標を達成するための PUBLIQ COFFEE 戦略を
 PUBLIQ COFFEE 行動指針により実行する」



ということでした。




活動には
まずビジョンがあり、
それを達成するのに段階的な目標があり
その達成のやり方が戦略であり、
実行の仕方が行動指針です。




当店で行われる一つひとつの仕事は
本当ならば
PUBLIQ COFFEE が ふさわしいと考える行動指針によって
実行されているべきですが



現状では、指針がないため
判断に迷う場合もあります。




では、この行動指針は、そもそも何のためにあるのでしょうか。





行動指針は行動に制約を加えるためにあるのではない・・
してはいけない、ことを謳うものとは本当は違う・・
むしろ、迷いなく積極的に行動できるためにあるはずです。
組織では全体が足並みをそろえて行動できるように考えられているはずです。




そうです、行動指針は行動に一貫性をもたせるためにあります。






当店に合わせて具体的にいえば
PUBLIQ COFFEE が 大切にしている精神 を 行動に反映させるためにあると考えました。






精神を反映したその一貫した行動で
大切にしているものが表現できればと思います。




そこでまず
当店の行動指針作成は
大切にしている価値感・概念の列挙から始まります。






・独立不羈

・奉ずる精神

・一人ひとりへの関心

・他者への貢献と自己実現の両立

・最高を目指す姿勢

・追求と挑戦





この記事を通して
大切にしている価値感・概念を整理してみました。




これらは磨かれ、修正されうるものです。




まずは、列挙し、輪郭をつくり
今後このカテゴリーの記事を通して、
PUBLIQ COFFEE 行動指針を創り上げていきます。



エスプレッソサービス開始のお知らせ

ブログでのご案内が遅くなりました。
既に4月より始まっております、



La Marzocco GS/3 paddle による エスプレッソサービス開始のお知らせです。



新しいコーヒーの世界「エスプレッソ」を知る機会の提供を目的に
お買い物にご来店されたお客様へ


・エスプレッソ
・マッキャート


2種のメニューのうち、
どちらか無料試飲をすることができます。




関心のある方は是非声をおかけください。




まずは、2種からスタートで、メニューは随時追加していく予定です。
追加メニューについてリクエストありましたら、気軽にどうぞ。




さて、ここからはサービスに伴うご説明なのですが
当店の現在のエスプレッソの抽出についてです。




未体験とは恐ろしいもので、
エスプレッソの抽出がこれほど難しいとは考えてもみなかったのですが、
現在悪戦苦闘しています。




そして、すぐさま悟ったのですが、
これは焙煎の技術向上と同じで、一夜にして上手になるものではなく
本気で理解しようすれば、腰を据えてやるべきものだと思いました。



・原料
・人間
・マシン



大きく分けたそれぞれの不確実性の制御は幾多の経験を通してできるのだと感じました。
イメージする味わいになりません。




したがってイメージするエスプレッソの完成は長期戦です。




いえ、焙煎と同じで、完成などなく
平均的に出来のよいものをつくれ、
その空隙に感動的な作品が作れる
そのような状態へとステージをあげていくまでを
長期戦と位置づけました。




完成など永遠にあるはずがありません。






しかし、こんなセリフは高打率のバッターがいえることです。




当店の現状はといえば、
いい当たりをしてもファール、ヒット&ランのサインで三振
ホームランを放ったかと思えば、自打球をあてて退場




これでは監督も使えません。





コンスタントにクリーンヒットを打て全試合フル出場でき
そして、首位打者を狙えるポジションを定位置にするまでを
長期戦としました。






しかしながら、サービスは4月開始でご案内していましたし
予定をころころ変えていくことは
PUBLIQ COFFEE が 認めるところではありません。




サービスであることでご容赦いただき
抽出の工程や
よい抽出、そうでない抽出のご説明とその結果





これらエスプレッソの世界をまるごと提供するサービスとしてもスタートさせていただきます。





今後味わいがどのように変わっていくのか
そして、その鍵を握っているのはなんだったのか
当店が、悩み、考え、工夫した、あらゆる試みから、
コーヒーを楽しむお客様に
価値ある情報をご提供できればとも思います。






4月開始のエスプレッソサービスは、
試飲サービスに留まらず、情報提供サービスとしてもスタートします。





当店のエスプレッソサービスを
どうぞ宜しくお願い致します。










コーヒー講座の開催 ~by 坂部建築さん~

こだわりの木造住宅専門店 坂部建築さんにおいて
本日コーヒー講座が開かれました。



「今日だけではなく明日にも使える」




PUBLIQ COFFEE が行う一般の方向けの講座は
このようなコンセプトのもと
その内容は体験を中心にします。



①実演をご覧頂き
②実演をイメージし体験頂き
③そこで感じる疑問を解決する



これを一つのサイクルとし
時間の許す限り回転させます。



一つのサイクルには一つの学びがあり、




一人ひとりの関心とペースに応じて
サイクルのスピードや大きさを柔軟に調整しながら
多くの学びを提供できるよう努めます。





五感をフルに使って得た情報が最も残るので
体験が中心とされます。






そして、そのペースにあわせた実際の体験は残り





「今日だけでなく明日にも使える」となるはずです。






sakabe-san1.gif




sakabe-san2.gif




講座では、PULBIQER(パブリッカー)真下さんがアシスタントを務めてくださいました。
彼のドリップは素晴らしく実演の全てをお任せしました。





コーヒーを伝える機会を与えてくださった坂部建築さん
その機会を充実させるお手伝いをしてくださった真下さん、
そして当店



三者は、
楽しくすごしていただきたい参加者のみなさんへの奉仕者であったため
講座はよいものになりました。