PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 7月コーヒー豆メニュー

2010年7月度メニューです。
ご来店の際の参考にどうぞ。


ニューフェイスは


まず
カメルーン


そこはかとなく感じられるモカフレーバーが特徴。
ボディもあるので、中深煎りで
甘味モカを髣髴とさせる印象。
過去のモカ体験と対戦させてお召し上がりください。



そしてフィリピン


ルソン島のコーヒーです。香味は柔らかなメキシコに近い。
ライトな印象で味よりも香りを活かしたほうがよいと判断、
中煎りで仕上げています。

淡くやさしいボディ、キレのある後味、
一瞬きらめく酸味が心地よいコーヒーです。
すっきりした印象は暑い時期にもふさわしいかもしれません。
是非お試しください。




変更点を列挙しますと



・GENTEI (限定)が2銘柄 「カメルーン」と「フィリピン」




PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI  (限定)        \500/100G
   
   カメルーン
   フィリピン

   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL          \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


森の香り、クリーンで滑らか、風味を楽しむパプアニューギニア
PAPUA NEWGUINEA       \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA       販売休止 \480/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \480/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \480/100G


どこまでも澄み切った潔い酸味、限りなく透明に近いコーヒー
ASAIRI  (浅煎り)        \480/100G



------------------------------------------------------
~「大陸枠」地域の個性~


NANBEI  (南米) ボリビア  \500/100G

               

CHUBEI  (中米)   ドミニカ     \500/100G
北米・カリブ海を含む
               

ASIA  (アジア)   インド モンスーン     \500/100G
             


AFRICA  (アフリカ)  マラウィ   \500/100G

 -----------------------------------------------
ASAIRI(浅煎り)は1種類で、
銘柄は自由に焙煎者が選択します。
銘柄のリクエストをどうぞ。


そして

FRENCH(フレンチ)
マンデリンを定番に、
その他の銘柄で焙煎者が気まぐれで焙煎することもあります。


各銘柄の在庫状況など
ご来店時の判断材料となるようでしたら、お電話、是非お寄せください。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_________________

スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE 7月 営業案内

7月の営業案内です。




eigyou-annnai-7_2010.gif




宜しくお願いいたします。

実演メニュー追加のお知らせ

手順や意味を解説しながら、
実際に目の前で使い方をご覧いただく無料の
「実演サービス」メニューに、期間限定で
新しい器具が仲間入りします。




お客様からのお預かり品で
抽出マニュアル作成後お返ししますので
期間限定です。
しばらく貸していただけそうですので
7月末までを目安にお考えください。





「パール金属の天秤式サイフォン」





saifon2.gif




サイフォンの原理、天秤の原理を応用したおもしろい器具です。





コーヒーの粉は左のガラス容器へ投入します。
そして湯は右のステンレス容器へ投入します。
その下の乳白色のガラスがアルコールランプです。


天秤は、ステンレス容器とガラス容器の横にある錘でバランスをとります。
空の状態では錘側に
ステンレス容器にお湯を入れるにつれ、つりあい
やがてステンレス容器側に重心が移動します。




その重心をアルコールランプの蓋が受け止めます。







saifon3.gif



アルコールランプで熱していくと
ステンレス容器は密閉されているので
圧力が高まり、やがて低圧側のガラス容器へ湯は移動します。



そこで投入してあったコーヒー粉と出会い
浸漬状態となります。



天秤なので、湯が移動していくと
ステンレス容器は徐々に軽くなり
やがて錘より軽くなると
ステンレス容器の重さを支えていたアルコールランプの蓋は
フリーの状態になり、自動的に閉じられます。





saifon4.gif



燃焼が終了したことで
ガラス容器に対し圧力が低くなったステンレス容器側へ
コーヒー成分を溶かしたコーヒー液として戻ってきます。





吸水管の先っぽには、ネルが巾着のように縛り付けてあるので
コーヒーの粉も一緒になって戻ってしまうことはありません。





コーヒー液の完成です。




ステンレス容器には蛇口があり、コックをひねるとコーヒーがでてきます。





百聞は一見にしかず。





この抽出の模様に関心のある方は是非声をおかけください。
5分ほどでご覧いただけると思います。




天秤式サイフォン
一風変わったサイフォン抽出の実演です。


(※適当に写真をとってしまったので、分かりにくかったと思います。是非ご覧になりにお越しください。)

コーヒーギフトのご案内

当店では、
贈って喜ばれるコーヒーギフトをご準備することが出来ます。




「コーヒー缶2缶をセットにしたギフトです」



カタログにはない、
こだわりのギフトをよく吟味した印象をも
お贈りすることが出来まると思います。
是非ご用命ください。




内容は次の通りです。




コーヒーをお入れする缶は
「防湿リング缶」で、
密閉度が高く保存に最適、
コーヒーを召し上がったあとも
ずっと保存缶としてお使い頂けます。




giht2.gif

防湿リング缶



1缶にお豆、粉どちらでもご希望の状態で
180gをお詰めします。




画像は一例で
コーヒーの銘柄はコーヒーメニューから自由に2種お選び頂けます。




この時期にふさわしいアイスコーヒーを加え、
HOT&ICE のセットにするのもお勧めです。




化粧箱に2缶お入れします。

giht1.gif



全体


画像-023



・コーヒー銘柄を紹介するリーフレット
・保存缶の取り扱い、賞味期限等、品質についての冊子
・淹れ方の冊子

これら3つの紙類が付属します。



画像-028




先様が化粧箱を開けてご覧になる状態




画像-026



包装を開けた状態



画像-027



包装紙にくるまれた状態(後日、画像アップ)
のしをおつけした状態(後日、画像アップ)






内のし、外のし、ご希望をお申し付けください。




手渡しされる方には、手提げバッグにお入れします。





また全国発送承ります。送料は無料です。
宅急便発送の場合は、内のし、包装紙に伝票、という状態でご準備いたします。




以上、


卓越した焙煎技術による鮮度のよいコーヒー
180g缶×2 と
コーヒーへの興味と関心を掘り下げる
冊子類 をあわせた



コーヒーギフト2缶セットは ¥3000 で承っています。



お電話やご来店時にご予約ください。
お引取りに来られる、または発送日、の前日までにどうぞ。



お電話やご来店時の受付の際
以下の項目をお伺いしますので、答えをご準備くださいませ。


・お名前
・ご注文数
・お引取りに来られるか発送されるか(発送の場合は先様のご住所など)
・ご用意しておく日時
・ご注文のコーヒー銘柄(お任せでもOKです)
・お豆か粉か
・のしについて(ご希望がなければ、お中元、お名前、外のしでご準備します)



何卒宜しくお願いします。



また、先様が、コーヒーを淹れる器具をお持ちかどうかで
贈って喜ばれるか心配な方には、
金額はそのままに
器具を何もお持ちでない方にもコーヒーを召し上がっていただけるように
内容を以下のように変えることも出来ます。




卓越した焙煎技術による鮮度のよいコーヒー
・100g缶×2 と
コーヒーへの興味と関心を掘り下げる
・冊子類 

カップにセットするだけでドリップ器具になる
・ワンタッチドリッパー10枚入り×2
すりきり1杯入れればちょうどよい
・10gメジャーカップ



このようなセットです。



コーヒーとワンタッチドリッパーはちょうど使い切りになり、
無駄もなく、
また、分量もメジャーカップすりきりで粉をすくえばよく、
湯の注ぎも、コーヒーカップ7、8分目までを目安にすればよいので



はじめてコーヒーを楽しんでみようとする方であっても
スムーズにコーヒーのよさをお伝えすることができるセットになっています。






「器具をもっているかどうか分からないのだけれど・・・・」






とおっしゃっていただければ、こちらのセットでご準備いたします。




贈って喜ばれる PUBLIQ COFFEE のコーヒーギフト
コーヒーの本当のよさやその世界を伝えたい、そんな方にお贈りしたいギフトです。
是非ご用命ください。


PUBLIQ COFFEE
Tel 0565(57)2324
月・木定休  AM10-PM7

オリジナルグッズ MADE IN UTIDA の準備

焙煎機の排気ファン回転数の制御キットや
希望サイズのタンパーベース削りだしなどでお世話になっている職人さんによる
オリジナルグッズの企画・販売を検討しています。



当店が企画・販売
製造は委託,「MADE IN UTIDA」を予定しています。



ニーズとコストをバランスさせることなど
難しい問題も多いので
どのような商品が登場するかは
今のところ未定で
頭の中にアイデアがあるだけです。




今後の動きにご注目ください。





以下の画像は、手元にある材料で簡単につくってプレゼントしてくださったものです。





まずは
Reg Barber の標準タンパー


tanpa4.gif




ベース変更後



tanpa5.gif



径を大きくしてもらって抽出が安定してきました。
また、段差がいい。




そして次からは、
ちょっとしたお遊びでつくっていただきました。




tanpa6.gif





tanpa7.gif




tanpa3.gif




便利なグッズを開発できたらと考えています。
今後にご期待ください。



アイスコーヒー抽出サービス開始のお知らせ

フレンチローストのお豆を使って抽出した
アイスコーヒーを
ご来店のお客様にサービスで
少量ご提供していますが、


その澄み切った
透明感のある独特のアイスコーヒーを
外出先で
またはご家庭で楽しんでいただけないものかと






「アイスコーヒー抽出サービス」を開始することと致しました。




ご購入頂いたお豆のうち40gまたは50gを使って
500mlのアイスコーヒーをお作りし
ペットボトルにいれてお渡しするサービスです。






その場で 
シェイカーを使って急冷、ご準備します。
1本につき10分~15分ほどで出来ると思います。





抽出技術代が1本につき¥250です。






始めのうちは
無料サービスでの実施を考えていましたが
お作りするアイスコーヒーの香味は他にない独特のものですので
技術代として1本「¥250」いただくこととしました。
何卒よろしくお願いいたします。





お豆をご購入いただき、
そのお豆を使って当店が抽出し、
その抽出技術に対し¥250頂戴するというのが
このサービスのしくみです。





お客様にとっては
店頭で馴染んでいる間違いのない味を
持ち運びでき、好きな場所で楽しむことが出来ます。




お客様にかわって
完成品をおつくりするのに加えて
最終結果の液体としての
品質も約束します。




ドライブにお出かけする前など
いろんなシーンに是非どうぞ。





ご利用をお考えのお客様は
お手数ですが
希望本数分の洗浄した
500mlペットボトルをご持参ください。




またお急ぎの方は
お電話で「何時まで何本」とご予約をどうぞ。
その際こちらにある空きのペットボトルの本数分承ることが出来ます。





当店のアイス抽出法では
冷蔵庫で30分以上冷やしてからのほうが
一体感がでてまろやかさが増し
おいしいくなるので
ご予約いただきますと
よりよい状態でお渡しすることができます。






コーヒーの最終結果である液体にアプローチした
「アイスコーヒー抽出サービス」







是非ご利用ください。

Reg Barber 57mm flat タンパーベース径の変更

エスプレッソ抽出は、
極細に挽いたコーヒー粉をホルダーに詰めて
それを押し固めて
マシンにセットします。


ポンプが輸送する勢いある湯に対し
ホルダーにセットされた粉全体が
一つの塊として受け止めることが出来なければ
抽出は安定しません。


一つの塊にするための
押し固める道具がタンパーで
当然一つの塊とするには
ホルダーとの相性が重要にです。


これまで La Marzocco のホルダー58mm の径に
57mm のタンパーを使ってきましたが
若干小さく、
フチ部分をきちんと押し固めることが出来ませんでした。



ホルダーやタンパーがどれだけの精度でつくられているかはわかりませんが
結局のところ、実際の寸法が大切になってくるので
モノを見てもらって、職人さんにつくっていただきました。



MADE IN UTIDAです。




また、これに伴って、「エスプレッソ進捗」の前提にも
修正が加えられています。




お店には
車のシフトノブなどで安く簡単に作った
MADE IN UTIDA の タンパーが幾つか飾ってありますので
関心のある方、是非お越しください。
オリジナルのタンパーが自由自在に作れるのだそうです。