PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

コーヒー講座の開催 ~坂部建築さん~

こだわりの木造住宅専門店 坂部建築さんにおいて30日(日)
定員の12名参加によるコーヒー講座が開かれました。





「コーヒーから学ぶ、モノの見方・考え方講座」と題して





コーヒーの淹れ方の問題を解決していきながら、
最後に、その解決方法が
日常の問題にも応用できるかを考えまとめとする
そんな内容で行われました。





コーヒー屋が、品質向上のためにつかっている
実行・評価・改善のサイクルを
そのまま講座に持込み






好みにならないという淹れ方の問題を





1.淹れ方(実行)
2.香味チェック(評価)
3.工夫した淹れ方(改善)





の3ステップで進めていきました。





まず、1.淹れ方では、
コーヒーができあがるメカニズム、
そこに働いている原理があることを
実験を通して確認してみました。





抽出されるコーヒー液の色が
刻々と変化し、
溶け出す成分はどんどん変化していることから、






「成分には溶け出す順番がある」という原理を
問題解決の鍵となるものとして注目しました。






そして、好みの方向へ向かうための現在位置を知る意味で
今飲んでいるコーヒーの味わいを評価
2.香味チェック(評価)をしてみました。






飲んでいるコーヒーをを深く知る、という作業です。





どんなことでも
一気に全体をとらえようとすることが難しい時には、
要素ごとに分解し、それぞれを理解しようとすることで
構造が分かってきます。




分かりにくいコーヒーも成分ごとに分解してみて
全体把握しようと試みました。






これは繰り返しの訓練によって
感じ取れるようになってくるものでもあるので
今回は、ゲーム感覚で楽しんで挑戦してみました。





もちろん、関心をもった方が
この方法を家庭に持ち帰って
繰り返すことで、
現在位置のポジションがとれることを期待してです。






そして、淹れ方に働いている原理を知り、現在位置を知り、
好みに向けての方向性を決めたなら
それがどうやったらできるか
3.改善を考えました。






最初に確認した、問題解決の鍵、
淹れ方に働いている原理を応用すれば
それができそうです。






成分には溶け出す順番があるなら、
抽出完了のタイミングを早めたり、
逆に引き伸ばしたりすることで、味わいを変えられるからです。





その具体的な実現方法が




1.粉の挽き方を変える
2.分量を増減する
3.注ぎ方の変化




の3つの組み合わせであり、




テキストに、分かりやすい改善例としてあげた
3つの工夫した淹れ方での味わいの変化を
実際に体験してみて、
淹れ方に働いている原理を身体で確認してみました。








こうして、淹れ方の問題は、
たった一つ・・
原理原則に照らすことで、問題ではなくなっていきました。





つまり、成分には溶け出す順番がある、
というドリップの原理の理解が
どのようにしたらいいのか分からない不透明な問題を
調整できるもの、コントロールできるものへと
変えたのです。





淹れ方で行う一つひとつの手順は
そこに働いている原理原則に照らして決まってくるもので
注ぎのテクニックや湯の温度など
そういった一つひとつの技ともいえるものは、
あくまでも
原理原則に従属するものであるということでした。





このコーヒーの淹れ方の問題に
取り組む中から
私たちの日常でも使える大きな考え方が
見出せます。






この淹れ方の問題は
原理原則を理解することで、問題自体をなくしてしまったのです。






調整できるもの、コントロール可能なものへと変えてしまったのです。






1本の軸がサイクルを動かしています。






原理原則を見出したり、自らの価値観で打ち立てたり、
そうすることで、個別の問題は問題ではなくなり、
コントロール可能なものになる・・





問題自体をなくす方法
そんな考え方を提案してみました。





堅いタイトルでの告知にもかかわらず
和気藹々と進んでいって、とてもよい講座になったと思います。





坂部建築さん、参加されたみなさん、
ありがとうございました!

スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE  11月 コーヒー豆メニュー

2011年11月度メニューです。
ご来店の際の参考にどうぞ。




ニューフェイスは



「コスタリカ カンデリージャ農園」
「ハイチ グラシュバル」




2点です。




月替わりのおすすめストレートとして
「コスタリカ」と「ハイチ」をセレクト。



高品質コーヒーとしての座を
しっかりと確立しているコスタリカ。
その蜜のような甘味は、その甘さの質が個性的であり、
その丸みを帯びた甘さこそが
コスタリカをコスタリカたらしめているといえます。


この甘さを引き出せるかどうかが
焙煎の腕の見せどころ。
コスタリカの甘味、ご体験ください。



そして、爽やかな一品をチョイスしてみました。
「ハイチ」です。
カリブ海の抜けるような青い空が浮かんできそうです。
すっきりとしたライトな質感に爽快な風味が広がります。
このやさしく綺麗な酸味は
お砂糖を少し入れると、がらりと表情を変え、
私たちを別次元へと引き上げてくれます。お試しあれ。



どちらも秀逸、
是非おためしください。





PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI  (限定)        \500/100G
   
  
    コスタリカ カンデリージャ農園
        
    ハイチ グラシュバル
        


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              \500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \480/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \480/100G


どこまでも澄み切った潔い酸味、限りなく透明に近いコーヒー
ASAIRI  (浅煎り)        \480/100G



------------------------------------------------------
~「大陸枠」地域の個性~


NANBEI  (南米)   「空席」   \500/100G

               

CHUBEI  (中米)  エルサルバドル     \500/100G
北米・カリブ海を含む
               

ASIA  (アジア)  パプアニューギニア    \500/100G
             


AFRICA  (アフリカ)  タンザニア   \500/100G

 -----------------------------------------------
ASAIRI(浅煎り)は1種類で、
銘柄は自由に焙煎者が選択します。
銘柄のリクエストをどうぞ。


そして

FRENCH(フレンチ)
マンデリンを定番に、
その他の銘柄で焙煎者が気まぐれで焙煎することもあります。


各銘柄の在庫状況など
ご来店時の判断材料となるようでしたら、お電話、是非お寄せください。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________

PUBLIQ COFFEE  11月 営業案内

10月の営業案内です。



eigyou-annnai-11_2011.gif




何卒宜しくお願い申し上げます。

コーヒー講座の開催 ~県職員組合 西三河支部さん~

27日(木)岡崎げんき館、調理実習室にて
県職員組合西三河支部さん、参加者10名のご依頼による
コーヒー講座が開かれました。





コーヒーを淹れる、ということが
「選択作業」であることをお伝えする内容でした。





まず、基本的な淹れ方で
抽出の原理を理解して
「おいしく感じられる成分」を選択し、




次に、その原理をどう応用するかを考えて





最後に、応用した淹れ方で、
「好みに感じられる成分」を選択する






このような3ステップで進めていきました。





一人ひとり違う「好み」に着目し、
普通の淹れ方にとどまらず、それを越えて
味を変えれる淹れ方にまで踏み込んでみました。





一般的においしい淹れ方とされる
おいしく感じられる成分を選択する、
よりもう一段奥の
自身の好みに感じられる成分を選択する
ドリップ方法です。




好みが一人ひとり違うものを作る際
必要なのは、作り方だけでなく、
その調整方法だと考えたのです。





やはり、それこそが
ご家庭で活用できるものかもしれません。





「今日だけでなく明日にも使える」





この、PUBLIQ COFFEE のコーヒー講座のメッセージは
今回も精一杯お伝えしてみました。





積極的な質問、技術的に鋭い質問も飛び出し
とてもよい講座になったと思います。






また、器具の準備や後片付けなど、
たくさんの気遣いをいただいて・・
県職員組合西三河支部のみなさん、
ありがとうございました!


秋のガーデニングフェア in 花遊庭

豊田ガーデンさんの素敵な庭園、
《花遊庭》にて16日(日)




「秋のガーデンニングフェア in 花遊庭」と題した
ガーデニングイベントが開かれました。





前日までの雨がウソのように晴れわたって、
イベント開催にふさわしい心地よさの中





秋バラをテーマにしたセミナーや
欧州建材さんやガーデンマートさんの
アンティーク雑貨、ガーデニンググッズの販売も行われました。





また、お庭の一角にある「テラスガーデン」では、
一日だけのオープンカフェが開店し





桑名市のこだわり「むぎぞう」さんのパンと
当店のコーヒーが
お庭の観賞とともに楽しまれました。




たくさんのコーヒーを提供することが出来ました。




それぞれの持ち味を出し合って、
相乗効果を生むことが
イベントの妙味だとするなら





そして、それぞれ違う役割が
イベント全体の目的に還元され一体となったとき
その運動が輝くとするなら





お越しくださったお客さまのたくさんの笑顔が
それぞれの持ち味を承認してくださったのでは、と思いました。





コーヒーで貢献できたことは大変光栄なことでした!