PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 12月 コーヒー豆 メニュー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来年1月よりメニューの構成が変わります。
3年ほど続けてきたメニュー内容を
お客さまの動きに、よりあわせたものにしたいと思っています。



「いつものやつ」「今日は何がある?オススメは?」
こうした2つの選択動機によりマッチしたラインナップへ変更いたします。
また、価格は統一し、全て \500/100G になります。
詳しいメニュー内容は、またご案内いたします。


12月はこれまでどおりで、以下の通りです。




===========================

2011年12月度メニューです。
ご来店の際の参考にどうぞ。




ニューフェイスは



「コロンビア カチャル農協」
「ボリビア コパカバーナ農園」




2点です。




月替わりのおすすめストレートとして
「コロンビア」と「ボリビア」をセレクト。



一時期コロンビアは品質低下をいわれましたが、
それは、収量増加を優先させた品種への植替えにありました。
現在のコロンビアのコーヒーへの姿勢は大きく変わっています。
ゲイシャ種をとりいれたり、高品質路線へと舵をきっています。
このカチャルは、そのコロンビアの中でも
コーヒーへの先進的な取り組みがみられる農協です。
RA認証(レインフォレスト アライアンス)を、
コロンビアで最初に取得した農協でもあり、
JAS認証、(オーガニック)も取得しています。
RA認証とは、農園一帯の生物多様性を守りながら栽培している、
ことが認められているということですが、
これは、オーガニックもあわせて考えますと
限りなく環境を意識したコーヒーということがいえるでしょう。
香味も素晴らしい。



そして、バイオ・ラフィーナというオーガニック認証をもつのは
「ボリビア」です。コパカバーナ農園。



あらゆる焙煎度合いで、個性がでる稀有なコーヒーです。
ティピカ種の特徴がしっかりでています。
このきれいさ。透明感。
ボリビアの風味の独特さの体験は、
コーヒーの次元をまた一つ上げてくれることでしょう。



どちらも秀逸、
是非おためしください。





PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI  (限定)        \500/100G
   
  
    コロンビア カチャル農協
        
    ボリビア コパカバーナ農園
        


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              \500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \480/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \480/100G


どこまでも澄み切った潔い酸味、限りなく透明に近いコーヒー
ASAIRI  (浅煎り)        \480/100G



------------------------------------------------------
~「大陸枠」地域の個性~


NANBEI  (南米)   「空席」   \500/100G

               

CHUBEI  (中米)  エルサルバドル     \500/100G
北米・カリブ海を含む
               

ASIA  (アジア)  パプアニューギニア    \500/100G
             


AFRICA  (アフリカ)  タンザニア   \500/100G

 -----------------------------------------------
ASAIRI(浅煎り)は1種類で、
銘柄は自由に焙煎者が選択します。
銘柄のリクエストをどうぞ。


そして

FRENCH(フレンチ)
マンデリンを定番に、
その他の銘柄で焙煎者が気まぐれで焙煎することもあります。


各銘柄の在庫状況など
ご来店時の判断材料となるようでしたら、お電話、是非お寄せください。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________

スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE 12月 営業案内

12月の営業案内です。










23日(金)以降は31日(土)まで休まず営業です。


なお、年明けは、1/1(日)~1/5(木)までお休みをいただき
1/6(金)より通常営業となります。


何卒宜しくお願い申し上げます。

知立市商工祭

11月6日(日)知立市文化会館、「パティオ池鯉鮒」で
第34回となる知立市商工祭が開催されました。





「商店・企業を市民にPR及び日頃の還元の場」とするイベントです。





関係するお店が出展され、
・P.S マハロさん(Cafe&Bar) では
当店が抽出したコーヒーが販売されました。





雨がふったりやんだりの一日でしたが
200杯近いコーヒーが提供され、多くの方に楽しまれました。






こうしたイベントを通して
地域に根ざした活動について、いつも考えさせられます。





時代は、より便利に快適にという競争を走り続けています。





多くの企業、団体、個人が、
それらを提供するためにしのぎを削っています。





でも、これらの便利さや快適さは、
その競争のなかで、すぐ陳腐化します。





新しいものの登場で、便利だったものはそう感じなくなり、
快適だったものもそう感じなくなっていきます。
そんな中で一番を目指そうとするのは、風を追うようなものですが
そうしなければ、どうなるのでしょう?





一方、選択する側からすれば
便利さや快適さが増進することは大歓迎です。





生活がより便利に、快適になることに何の異論もありません。
何の疑問があるのでしょう?





このように、提供側はしのぎを削り、もっとよいものに励み
そして、選択側は、その中から、ふさわしいものを選ぶ、
こうした仕組みだからこそ文明は発展し生活も向上することができた、
競争がなければ向上しないし、選択がなければ満足もない。






地域に根ざしたイベントというのは、ある意味
このような状況への、「一石を投じる」活動なのだと思うのです。






便利さと快適さの追求は、
あらゆるものを向上させたし、選択の幅も広げました。





しかし、提供側も、選択側も
この基準での営みに幸せを感じているかどうかは、どうなのでしょう。





便利さや快適さを追求することと、幸せとは無関係だということはいわずもがなです。





提供側は移動自由な便利さ快適さではなく、
地域での絆となる「関係」を付加価値とし




選択側も、単に安いから、便利だからではなく
関係の中で、モノ、サービスの移動以上の意味ある選択ができるような






このような提供側と選択側の関係を
イベントには生み出すことができるし、
そのときの双方の満足感はどうでしょうか。






地域に根ざしたイベントとは、
「何もかもを効率で考える」昨今の風潮への警鐘に。
そして、入れ替えが不可能な「関係」こそが、便利・快適に変わる基準に。





そんなふうに考えさせられるのです。

コーヒー講座の開催 ~県職員組合 豊田加茂支部さん~


3日(木)上郷交流館、調理実習室にて
県職員組合豊田加茂支部さん、参加者13名のご依頼による
コーヒー講座が開かれました。





小さなお子さんたちは、クッキー作りに挑戦しました。





本講座は、このようにレクリエーション企画全体の
一部分であったことから、
楽しく体験型で進めていこうと思いました。






細部にこだわらず、全体性を大切にしようと思いました。






内容は、3ステップで好みのコーヒーを
目指すというもので・・





まず、基本的な淹れ方で
抽出の原理を理解して
「おいしく感じられる成分」の抽出を学び、




次に、その原理をどう応用するかを考えて





最後に、応用した淹れ方で、
「好みに感じられる成分」の抽出方法を学ぶ






このようなホップステップジャンプで進めていきました。




体験の中で
同じように淹れてるようで
人によって味が変わったり




挽き方を段階的に変えられる
電動ミルを活用して、
粉の粒度によって
大きく味わいが変わったり、






このような体験を通して
「淹れる」ということの可能性を
感じていただけら・・と考えました。





同じお豆でも、これだけ
味わいを変えることができるのだと実感できれば
コーヒーを淹れることが
面倒なことではなく、楽しいものに、
また、淹れ方に働いている原理の理解で
難しいことではなく、シンプルなものへと変わるかもしれません。





難しく面倒からシンプルで楽しいヘ。






はずせないポイントだけのメッセージは、
きっと印象に残るのではと考えました。






最後にコーヒーとケーキをご一緒して
レクリエーションにふさわしい
とてもよい講座になったと思います。






諸々の手配や後片付けのご協力など、
ケーキまでごちそうになりまして・・
県職員組合豊田加茂支部のみなさん、
ありがとうございました!