PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

2011年 年末のご挨拶

今年もありがとうございました。




2011年を振り返り、
あらためて、感謝申し上げたいと思います。




一年間本当にありがとうございました。




さて、ちょうど一年前の、「年末のご挨拶」を
思い返してみますと、
そこでは、コーヒーを「多様性」と捉えて




素材からはじまって、焙煎、抽出などのコーヒーのプロセス、
そして、その楽しみ方にいたるまで、
各プロセス内の、それぞれのよさを認めて、
また、プロセスごとのつながりを意識して
境界をつくらず
相互作用によって全体を底上げしていこう、




ということをお話していたのでした。





そして、今年




それは、つまるところ、
各要素の「よさ」をどう活かすか、
ということであったことから






またそれは、
「専門性」「強み」「個性」をどう活かすか
ということとほとんど同じである、
と考えるようになったことから





当店の課題でもあった「専門性の活かし方」にリンクさせ
それを中心に取り組んできた一年ということになりました。





思案する中で




「専門性」とは道具にすぎなくて
その運用の仕方である「考え方」が
とても大切だということに気づき、




また、運用先となる「機会」とのマッチングが
とても大切だということに気づき、





「哲学」「社会」を学んできました。





ここに、
「専門性」「哲学」「社会」の3つが組することで




思想を得て有用化した専門性を
必要とされる場に投入して役立てる、
という見通しをたてることが出来ました。





「専門性(よさ)を、どんな考え方をもって、どの場に役立てるか」






今年の目標であった「多様性の展開の仕方」は
このようなコンセプトを得ることで、
道筋のようなものができた、といえるかもしれません。





そして、その道筋を、具体化していくのが来年の目標です。





来年は、コンセプトにとどまっているものを
具体的なアクションに結びつけるべく
「計画」し「実験」し、「検証」していきます。





「コーヒー豆屋」という形式を
どう壊して、そこに、どんな価値を加えて
新しいどんな領域をつくっていけるか。





PUBLIQ COFFEE の 「形」が見えてくるくらいにまで
取り組んでいけたらと考えています。




引き続き、当店の活動にご注目ください。




そして、PUBLIQ COFFEE が行う一つひとつには
目的があり、意味があり、考え方があることに
お気づきください。




それが、みなさんに実感していただけるよう
PUBLIQ COFFEE は行動によって証明していきます。




2012年のPUBLIQ COFFEE にどうぞご期待ください。




そして、最後にもう一度、重ねて御礼申し上げます。
2011年、ありがとうございました。



2011年12月31日  
PUBLIQ COFFEE 代表 吉田一哉 

スポンサーサイト

コーヒー豆メニューの変更につきまして

前回ご案内しましたメニューの変更についてです。
変更点など、ご確認ください。



定番と随時入れ替わる枠という
シンプルな構成となりました。




以下、メニューのご説明です。


==========================

あらゆる嗜好にマッチしたコーヒー豆を用意しています。
【GENTEI】は、世界中からスペシャルティコーヒーを厳選、
毎月、新しいコーヒーが2銘柄登場します。

アフリカ、オセアニア、アジア、中米、南米、
まず大きく大陸から選び、そのあとに地域を絞って
その特筆すべきコーヒー銘柄は決まります。
毎月変化にとんだ珍しいコーヒーが登場する【GENTEI】。
いろんな香味を楽しみにしていらっしゃる方におすすめです。

そして、定番のブレンド、ストレート。

良質の個性を守りながら進化し続けています。
際立った特徴を持った精鋭たちです。

そして、極端な焙煎度合いの個性をもった【フレンチ】です。
この名称は、焙煎度合いのことで、豆の銘柄は、その度合いで
よい特徴が出るものを選んでいます。
フレンチとは、フランスのコーヒー文化であるカフェオレに
使う豆の焙煎度合いをいい、ミルクと非常によく合います。
これをブラックで飲めば、
フレンチでしか味わえない濃厚な世界です。

そして、最後は、そのときにしか出会えない農園や、
農園内の特別な区画、特別なロット、また旬といえる銘柄など
当店がおすすめしたいと考えるコーヒーをセレクトする枠で
【只今のスペシャル】です。

随時、銘柄が入れ替わり、その時々で、
その代表する2銘柄がメニューにのぼることになります。
現在、何が登場しているのかは、その日、そのときどき。
どのような銘柄か楽しみにしてください。

これら、当店のコーヒーメニューのラインナップには
「コーヒーにはいろいろな味わいがある」
そのようなメッセージが込められています。
是非、各個性をお楽しみになってください。




PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI  (限定)        \500/100G
   
  
         


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              \500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          \500/100G



________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________




来年から
このようなメニューでご提供してまいります。
何卒宜しくお願い申し上げます。