PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 2月 コーヒー豆メニュー

2012年2月メニューです。
ご来店時のご参考にどうぞ。



おすすめの「限定」2銘柄今回は



アフリカのコンビ、
ルワンダとタンザニアが登場です。



まず、ルワンダ。
近年注目のコーヒー生産国です。
その品質の高さは、
アフリカを代表するほどに成長してきています。



アバトゥンジ農園のもの。


1904年ドイツ宣教師が
コーヒーを持ち込んではじまった農園。



この農園のコーヒーはロングベリーと呼ばれる
細長い形状をしていることが特徴の一つです。



現地では、それを「イワカデンデ」(品種名)と呼んでいます。




そして、その香味は、
モカに似たベリー系の甘味をもっています。



先の形状とこの香味から、この農園の種の起源は、エチオピアでは?
という説もあるようです。



形状、そして香味
2つのストーリーをお楽しみください。



そしてタンザニア。



キリマンジャロの名で通っているコーヒーです。



ルワンダがベリーだとするなら、こちらはシトラス。
爽快な風味が印象的です。
一般的にキリマンジャロでイメージする酸味ではなく
爽快な印象と甘味がかんじられるよう焙煎した
当店が考える香味に仕上げてあります。



どちらも秀逸、是非お試しください。





PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

 
ルワンダ アバトゥンジ農園     \500/100G
タンザニア ブルカ農園       \500/100G

   
         


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              \500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          \500/100G


ボリビア
コロンビア
ハイチ
マラウィ
エルサルバドル

以上から、日替わりで2種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________



スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE 2月 営業案内

2月の営業案内です。









何卒宜しくお願い申し上げます。

PUBLIQ COFFEE 2012年1月 コーヒー豆メニュー


2012年より、若干の変更を加えた新メニューでお届けいたします。
定番と月替わり2種、随時入れ替わる「スペシャル枠」2種といった構成です。
価格は 「\500/100G」に統一されることになりました。
何にご注目いただきたいのか、という考え方が反映されています。
価格ではなく、コーヒー自体に注目がいき、
味わいの差異に関心が向かうことを期待します。



以下、2012年1月メニューです。
ご来店時のご参考にどうぞ。



おすすめの「限定」の2銘柄2012年最初は



エクアドルとインドです。



まず、南米のエクアドル
ペルーに近いロハ県ビルカバンバ渓谷で
作られているコーヒーです。


ボリビア・ペルーと並び
南米の太平洋側でつくられるコーヒー共通の
傾向があります。


チョコやナッツの風味、
やさしくほどよい酸味


焙煎を浅めにすると華やかな香りが引き出せますが、
それが活きるのは、酸のやさしい銘柄ならでは。
芳しい香りをお楽しみください。


そしてインド。


カルナタカ州のババブタンヒルにある
イエルノーカン農園をセレクト。
特徴はなんといっても精製が「ナチュラル」
といわれる方法でなされるところです。
果実から中の種子を取り出す方法のことですが、
この「ナチュラル」は原始的な方法で
このプロセスでコーヒーをつくるのは少数派です。
透明感に難はあるが、甘味が保存され強い、
という特徴をもっています。

コーヒーが本来持っている甘味にフォーカスした銘柄
といえるかもしれません。




どちらも秀逸、是非お試しください。





PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

 
エクアドル ビルカバンバ        \500/100G
インド イェルノーカン農園       \500/100G

   
         


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              \500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          \500/100G

パプアニューギニア
ボリビア
コロンビア
ハイチ
マラウィ
エルサルバドル

以上から、日替わりで2種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________



PUBLIQ COFFEE  2012年1月 営業案内

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。



案内が遅くなりました。
1月の営業です。



1月6日(金)より営業となります。





何卒宜しくお願い申し上げます。