PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 6月 コーヒー豆メニュー

2012年6月メニューです。
ご来店時の参考にどうぞ。




おすすめの「限定」2銘柄今回は




当店初登場となるアフリカ、
ウガンダ産のコーヒー、カブム協同組合のもの。




そして、トロピカルフルーツの印象が特徴的
歴史的に見れば南米
地理的に見れば中米
香味的に見るとコロンビアよりといえる「パナマ」
ハートマン農園です。




この2つが登場します。




さて、コーヒーの起源が話題になれば、
登場するのは、いつもエチオピアです。
コーヒーを掘り下げていく時、
前提としているのは「アラビカ種」ですから、
起源といえば、エチオピアが登場することになります。




市場に出るもう一つの「ロブスタ種」は
主に工業コーヒーの原料とされるもので、
その銘柄が一般の方の耳に届くことはほとんどありません。
缶コーヒーやインスタントコーヒーの銘柄に
注目することはおそらくないでしょう。




ウガンダは、そのロブスタ種の起源といわれていて
今でもロブスタ種のコーヒーノキが自生しているところです。




こうしたことから、一般には知られていないウガンダですが、
アフリカでは、エチオピアに次ぐ生産量を誇る
コーヒーの国です。ロブスタ種を多く栽培しています。





しかし、世界的にはますます高品質コーヒーが注目を集める中、
ウガンダでは「アラビカ種」の試みははじまっていて




同じアフリカの「マラウィ」などから持ち込まれ
良質のアラビカコーヒーの生産に弾みがついています。




特にこのカブム協同組合のコーヒーは、
アメリカのカブムコーヒーが栽培・精製技術指導、
そして買い上げる、プロジェクトコーヒー。





ウガンダのコーヒー産声をあげております。
是非、一度お試しください。




さぁ、そしてパナマです。




完熟の南国フルーツを思わせるジューシーさが特徴。




とても大粒で、豊かなコク、フレーバーを
とりわけ感じることができます。




パナマ産のコーヒーをして果汁と評する人もいます。
それは、一体どんなテイスト、フレーバーをいうのでしょう。




コーヒーと果汁のイメージギャップ、
是非召し上がってご確認ください。





どちらも、秀逸、是非お試しください。





PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

 
ウガンダ カブム協同組合      \500/100G
パナマ  ハートマン農園      \500/100G

   
         


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              \500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          \500/100G


ボリビア
ルワンダ
タンザニア
コスタリカ
ニカラグア
ガヨマウンテン
エルサルバドル

以上から、日替わりで2種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________


スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE 6月 営業案内 

6月の営業案内です。







※臨時休業:6月20日(水) 
 
 東京出張でお休みとなります。
 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

KOPI  LUWAK プロジェクト

5月21日(月)
CBCイッポウ、6時台の特集で、
世界一高価な珈琲、
「コピ・ルアック」を使用した高級プリンを開発し、
インドネシアでの販売を試みる





ナルセ時計(株)の成瀬さん
(株)スイーツマジックの水谷さん、プリン開発の寺西さん
知幸トレーディング(株)のメルダさん





のインドネシアでの活動・取り組みが紹介されました。





「MADE IN JAPAN」を意識したコンセプトや
果敢に挑んでいくその姿勢・行動に
元気が沸いてくる内容になっていましたね。




高級プリンは、インドネシア現地 県知事さんが気にいっておられ、
今後、大統領に提供される予定です。





PUBLIQ COFFEE は
高級プリンに使用するコーヒーの製造を通して
コピ・ルアックのプロジェクトに貢献していきます。




publiqshopcard1.gif


PUBLIQ COFFEE の運営者であり、焙煎者でもある「吉田 一哉」の
個人的な取り組みについては、
Coffee Technologist 吉田一哉 をご覧ください。




※追記


ユドヨノ大統領はセレモニーをキャンセルされて
その場では召し上がっていただけなかったものの
コピ・ルアックプリンは届けれられ、
味わっていただけたようです。




そのセレモニーの様子は以下の写真。




イベント主催
ケパヒアン県知事の挨拶

kopi_event1.gif



3人の大臣、県知事協会会長、方々

kopi_event2.gif



セレモニー出席は、大臣3名、同役5名、
全国の県知事30名、各国の大使など。

kopi_event3.gif



ケパヒアン産のコピ・ルアックを使用した
高級プリンの紹介

kopi_event4.gif

kopi_event5.gif


kopi_event6.gif



今後の展開にご期待ください。