PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE  3月 コーヒー豆メニュー

2014 年3月メニューです。
ご参考にどうぞ。




2014年は1月に、「コーヒーの伝播の起源」
2月に 「コーヒーの品種の起源」をテーマに
新しい年のスタートにあわせ、
コーヒーの「コト」のはじまりを伝える銘柄をご紹介してきました。




エチオピア原産のコーヒーを世界に広げた
伝播の起点となった銘柄



現在の多様な品種の起源となっている銘柄




1月、2月は、
どちらもコーヒーの起源をたどるコーヒーでした。




さぁ、今月、3月は
これまでのストーリーのつづきになるような
コーヒーを楽しむことにしよう。




先月注目した品種を
より深く知るというのが、そのテーマです。





先月のコーヒー、ボリビアは「ティピカ種」
ルワンダは、「ブルボン種」でした。





味わいはざっくりと、
この2つの系統に分類できるとお話しし
その傾向を飲み比べてみるコーヒーたちでした。






今月は、同じく「ティピカ100%」と「ブルボン100%」の
2つのコーヒーをチョイス。





しかし、前回とは、テロワールが違うコーヒーということで、
品種は同じでもテロワールが違うコーヒーを体験し、
ティピカとはどんなコーヒーか、
ブルボンとはどんなコーヒーか、を感じ取ってみることにしましょう。





「テロワール」や「人の手」が違えば、
その影響は味わいにでてきますが、
それを差し引いた「品種」の印象を感じ取ってみることに
挑戦してみてください。





体験の数を増やし、
その共通項、法則性を見つけ出すのが
自然を相手にするときの定石。
帰納的なやりかたです。






テロワールの違う特定の品種の経験から、
その特徴を見つけ出すことにチャレンジしてみましょう。





さぁ、今月、「ティピカ種」のコーヒーはドミニカ、
「ブルボン種」のコーヒーはコロンビアです。






カリブ海に浮かぶ、イスパニョーラ島の東側
「ドミニカ」からは ヌエボムンド農園、ティピカ。





南米の玄関口、
「コロンビア」からは、サントゥアリオ農園、ブルボン。





コロンビア サントゥアリオ農園は、
去年訪れたポパヤン地域にあり、実際にこの農園の近くまで行きました。




ここは、日照・降水量・標高・土壌といった
コーヒー栽培の好条件の揃った特産地です。




農園主カミーロ・メリサルデ氏は、
古き良き時代のコロンビアマイルドコーヒーの復活を目指し、
なおかつ完全にサスティナブルな条件のもと、
一から農園を設計した情熱家です。




さぁ、コーヒーの品種をテロワールの違いという観点から
味わう今月のテーマ。





「ティピカ種」とは?
「ブルボン種」とは?






是非、その特徴を感じてみてください。




また、PUBLIQ COFFEE のこれからの計画、
「リヴァイヴ コロンビア ティピカ」では
コロンビアの伝統的な在来種である「ティピカ種」を取り上げています。





そして、その計画で買い付けたものは、
5月上旬ごろ日本にやってきて、
その後、みなさんにご提供、
味わっていただくことができます。 




コロンビアのティピカ100%を体験する前に
コロンビアのブルボン100%を是非ご体験ください。





ドミニカ ヌエボムンド農園(ティピカ)
コロンビア サントゥアリオ農園(ブルボン)





どちらも秀逸。
是非是非お試しください。


PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

 
ドミニカ ヌエボムンド農園        ¥500/100G


コロンビア サントゥアリオ農園         ¥500/100G

   
         

  
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          ¥500/100G


ボリビア
東ティモール


以上から、日替わりで1種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
publiqcoffee@gmail.com
____________________________________________

スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE  3月 営業案内


 2014年3月の営業案内です。


2014-3.gif


 何卒よろしくお願いいたします。