PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 2月 コーヒー豆メニュー

2016年1月からはじまったもうひとつのメニュー。



beanslineup_gif.gif





これは、もともと これまでのメニューを一新し、
こちらのメニューへ移行する予定ではじまりましたが
それを変更。
メニューの一部をなす企画としてリスタートしています。




変更をうけて、企画名をつけまして
今後、これを コーヒーナビ(COFFEE NAVI )と呼びます。




2016年の1年間を通して
好みのコーヒー探しのお手伝いをする
便利な道具として、ご利用ください。





コーヒーナビには、毎月の提案があります。




その毎月の提案にしたがってコーヒーを試していくと
コーヒー豆の選び方の
自分なりの基準が形作られ
コーヒーの世界の広がりを期待できます。




今一度、
「コーヒーナビ」とはどんなものか
簡単におさらいをしておきましょう。




コーヒーは、「香り」「味」「ボディ」 の 3つで構成されています。




その組み合わせが 一人ひとりにとっての嗜好と大きく関係、
PUBLIQ COFFEE は、コーヒー豆を提供していく中で
好みは、3つのグループに分けられる、と分析しました。




それが 「コーヒーナビ」の左から右へと移る



・ライトボディ(Light Body)
・ミディアムボディ(Medium Body)
・フルボディ (Full Body)



3つの嗜好グループです。



イメージをつかみやすくするために
単純化して組み合わせを記述すると



ライトボディの組み合わせは、 香り(強) 味(弱) ボディ(弱) 
ミディアムボディの組み合わせは、香り(中) 味(中)ボディ(中)
フルボディの組み合わせは、香り(弱) 味(強) ボディ(強)




そして、その3つの嗜好グループの
日常を満たすためにつくられたコーヒーが



①番  LIGHT (ライト)
②番  MILD (マイルド)
③番  RICH (リッチ)




3つのブレンドコーヒーです。




ブレンドで仕上げることによって、
一定の品質が約束され
いつもの味、いつものコーヒーとしてお使いいただけます。





特に ②番 の 「M I L D (マイルド)」 は
3要素を調和させバランスをとった基準にできるコーヒーです。
いろんな使い方ができます。




このコーヒーナビがはじまって最初の提案は、
これらの①番~③番を試し、
その中で一番印象のよいものはどれかを探ってみましょう、
というものでした。





3つの嗜好グループのうち、
どこに属すのかの決定が1月のタスクでした。




ここまでが「自分好みのコーヒー探し」の
第一ステージといえる段階です。




今月は、次の段階
第二ステージへと突入していきましょう。




好みを掘り下げていく段階です。




嗜好の大きなグループは3つ
「香り」「味」「ボディ」の組み合わせによる違いで
「ライトボディ」 「ミディアムボディ」 「フルボディ」ですが、




お一人おひとりの嗜好は、その上に
コーヒーの3要素の 質的な違い が加わってきます。




香りの質、味わいの質、ボディの質



類まれない個性。
代替できない個性。



それでしか味わえない特有の印象です。




その個性的なコーヒーを紹介していくのが
④番 ⑤番 ⑥番 の ユニークネスライン。




①番 ~ ③番 を試し、
好みだった番号をチェックし終えたなら、
次は、その下の番号を試してみてください。



②番だったら、⑤番・・・というように。



beanslineup_gif.gif




④番~⑥番は、毎月
特有の印象を持つ ある一つの銘柄が 選抜され、
焙煎のプロセス、度合いを工夫して
その一つの銘柄で、
④番 ライトボディ、
⑤番 ミディアムボディ、
⑥番 フルボディ
に仕上げられ登場します。




そして今月、取り上げる個性は、 
基調は、「アフリカ」
地域は、「ルワンダ」
代替不可の個性は、「ムヨンゲ ウォッシングステーション」 



ルワンダ ムヨンゲ ウォッシングステーション
RWANDA MUYONGWE WASHINGSTATION


ルワンダ北部州ガケンケ郡にあるムヨンゲ・ウォッシングステーション。
COE1位に2度輝いたことのある優秀なコーヒー組合です。


(COEとは?)

RWANDA02.gif



RWANDA03.gif



アフリカの特徴とは?
ルワンダの印象とは?
ムヨンゲの個性とは?




2月は アフリカ の個性で、好みを探っていきましょう。




2月のコーヒーナビ(COFFEE NAVI )は次のような感じになります。


コーヒーナビ(ルワンダ)




--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------


~2016年の企画  コーヒーナビ(COFFEE NAVI)~


④番(ライトボディ)    ルワンダ  ムヨンゲ    ¥500/75G
⑤番(ミディアムボディ) ルワンダ  ムヨンゲ    ¥500/75G
⑥番(フルボディ)     ルワンダ  ムヨンゲ    ¥\500/75G



販売期間は、前半と後半にわけ、
前半 月初から2月14日(日)まで ⑤番と⑥番の2つを販売
後半 2月17日(水)以降月末まで ④番と⑤番の2つを販売とします。


3つあわせてご希望の場合は、ご予約が必要です。
お電話、または、メールで
2月14日(日)までに、
量とご希望の方法、(発送、配達、店頭渡し)と希望日時を添えて、
ご連絡ください。

TEL 0565 (57) 2324  
publiqcoffee@gmail.com  
--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 AM11-PM7
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

スポンサーサイト

PUBLIQ COFFEE 2月 営業案内

2月営業案内です。


2016-2.gif


月曜日・火曜日がお休みです。
営業時間は AM 11 - PM 7 です。


よろしくお願いいたします。

PUBLIQ COFFEE  2016年1月 コーヒー豆メニュー 

これまでのコーヒー豆メニューを一新、
2016年1月から新しいメニューとなります!



コーヒーの香味全体を網羅し、
嗜好の全てをカバーすることを目指したラインナップに生まれ変わります。



「スタンダードライン」
「ユニークネスライン」



オーソドックスなコーヒーたちのスタンダードラインと
個性的なコーヒーたちのユニークネスラインの
2つのラインで
「コーヒーの世界」の多様さを展開していきます。



この新しいコーヒー豆のメニュー表は、
「コーヒー豆探しの地図」としての機能をもち
香味全体を紹介できる設計になっており
メニュー表をみて、
コーヒーの香味がイメージできるよう工夫されています。




2016年の1年間で、
このメニュー表を使い
選りすぐりの「コーヒーたち」を紹介することを通して、
「コーヒーの世界」の全体表現を目指していきます。





さぁ、そして
そのコーヒー豆メニュー表がこちら。



beanslineup_gif.gif








上段横ラインがスタンダードライン
下段横ラインがユニークネスライン





また上段下段を縦に貫くのは、
左から
ライトボディ
ミディアムボディ
フルボディ




嗜好全体を分割し、各部分に番号をつけ、
各々の番号には、役割を担わせてあり、
それぞれには、それぞれの香味のイメージがあります。
①番には、①番が果たすイメージが
②番には、同じように、特定の嗜好を満たすイメージが割り当てられています。




それぞれの番号には、特定の嗜好を満たすというミッションがあり、
コーヒーの要素が
どのように組み合わされているべきかが明確にされていますので





このメニュー表は番号を選んで
好みに近いコーヒーをチョイスすることができます。




「コーヒー探しの地図」として利用していくことができます。




さぁ、2016年から様変わりしたコーヒー豆メニュー。



では、どのように
このメニュー表を 「コーヒー探しの地図」として
利用していけるのでしょうか。




その始まりとなった今月
1月は、2つの横ラインのうち
上段のスタンダードラインにだけ注目し、
コーヒー豆を選んでいくことにしましょう。



以下が、PUBLIQ COFFEE がおすすめする
このメニュー表を使ったコーヒー豆の選び方です。




2016年1年間を通して
徐々に全体がわかっていく実感がえられる、そんな選び方になっています。
毎月、順を追って、ご紹介していきます。
1月は、こちら。



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


1)  まずは、②番の 「M I L D (マイルド)」 をお試しください。



この②番の「M I L D (マイルド)」が全ての中心に位置する「基準」のコーヒーです。
コーヒーの香味は ・香り ・味 ・ボディ の三要素ですが、
その全てを調和させたブレンドコーヒーが②番の「M I L D (マイルド)」です。




そして、・香り重視 ・ライトボディ が ①番の「L I G H T (ライト)」です。
華やかでやさしく、すっきりとした印象のブレンドコーヒーです。




さらに、・味重視 ・フルボディ が ③番の「R I C H (リッチ)」です。
濃厚で余韻が続く力強い印象のブレンドコーヒーです。




このように、②番の「M I L D (マイルド)」を 基準にし、
香味の三要素を調整して
3つの嗜好、ライトボディ、 ミドルボディ、 フルボディ に仕上げた
ブレンドコーヒーたちが スタンダードライン。




2) 次に、②番の「M I L D(マイルド)」を試したら、その印象から方向を決めて
①番「L I G H T (ライト)」か  ③番「R I C H(リッチ)」 に進んでみてください。
  




好みのコーヒーの探し方は、 「基準」 に対しての 「方向」 と 「距離」 です。
2回目に試すコーヒーは、その道しるべとなるもの。
メニュー表を地図に見立てて、どの方向が好みか、「右」か「左」か探ってみましょう。




このように、3つの嗜好グループ
ライトボディ、 ミディアムボディ、 フルボディ から
好みの範囲を絞り込んでいく事からはじめるのが、
新メニュー表のおすすめの利用の仕方。




この先に、いろいろなコーヒーを試していく中で、
ぶれない軸、または中心、
つまり 「基準」を 得る事からはじめていきましょう。




今月は、まずは、「M I L D(マイルド)」から
そして、その「右」か「左」
優しい方向か力強い方向か探ってみましょう。
または、「オーソドックス」のニュアンスを知るために
スタンダードラインの3つを感じてみてください。




さぁ、スタンダードラインからはじめてみましょう!

beanslineup_gif.gif



※ これまでの定番銘柄
  ブラジル  グァテマラ  エチオピア  マンデリン  フレンチ
  \500 / 100 g  で継続します。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 AM11-PM7
publiqcoffee@gmail.com