PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

レンタル器具追加のお知らせ

ナイスカットミルなどが好評の「コーヒー器具レンタルサービス」に
今月も、新しい器具が仲間入りします。


ハリオ 「アイスコーヒーメーカー・フレッタ」


ドリップでアイスコーヒーをつくるためのセットです。



おなじみハリオの円錐ドリッパーを使用した
ドリップしながら氷で急冷できる、
そしてそのまま冷蔵庫へ保存できる、
アイスコーヒーをつくるために必要なものをまとめた
大きく3つのパーツからなる器具です。


円錐ドリッパーと
液体をサーブし保存できる、ガラス瓶
そして、ドリップしながら急冷するための氷ボックス、


大きくこの3つからなります。


氷ボックス、いわゆるアイスストレーナーは
ガラス瓶内に収納され、ドリッパーとの連結をはかります。
また、自在に取り外しもできることから
水っぽくなる前に不要な氷を引きあげることができます。
冷やすためだけに使うことが可能です。


保存瓶は、容量がわかるようになっていて
ドリップ完了の目安がつかめるようになっています。


甘味や旨味の感じられるアイスはドリップならでは。
是非お試しください。



そして、もっと手軽につくりたい方向けの器具があります。



・ハリオ 「水出し珈琲ポット」


お湯をつかいません。

ストレーナーにコーヒー粉をセットして
所定量、水を投入、一定時間冷蔵庫で保存したら完成。


いわゆる、漬け置きタイプの水出し珈琲をつくる器具です。


ドリップでは湯で抽出するのに対し
こちらでは水で成分を抽出します。

さらにドリップでは紙で漉すのにたいし、
こちらではメッシュで漉します。


この2点が出来上がりに違いをもたらす大きな要因といえます。



漬け置きの水出し珈琲はお茶感覚でどうぞ。



ドリップとの対比がおもしろいのです。
どこまで手間を省いて、どこまでの液体を許容するか。
個人差ありますので、お試しください。

本格的な夏を前に、アイス作成のパターンを確立してみてください。
是非どうぞ。




そして最後は、



・イギリス スポング社 アンティーク手回しミル


ミルは刃が命です。


アンティークといえば、時を越えて価値を増し加えた物品というイメージですが
機能を果たせないのでは、その価値は半減です。観賞にしか使えません。


実際にお使いいただくことで
実用性も十分であるとのご確認ができるよう
レンタル器具に追加致しました。



今月は以上3点です。
是非是非ご活用ください。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック