PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 生産性革命 5

「PUBLIQ COFFEE は 【なすべきことをなす】 でよい仕事を行ってゆきます」


前回までで、仕事はどのように進めていくか
進め方で生産性をどのようにあげていくか を具体的に見ていき


「なすべきこと」とは何かを明らかにしました。



これらは、その生産性の度合いに応じて実行に移すべきです。
実行すべきと判断したものは「確実になす」ようにします。
なさねばただ計画があっただけとなります。
実行して初めて計画は報われます。




そして、それは
次の右図の仕組みをもってなされます。
また、PUBLIQ COFFEE生産性革命全体は
これら2つの図で表すことができます。




nasubekikotowonasu.gif




計画は何故、計画倒れに終わるのでしょうか。
やるつもりの事柄が何故、いつのまにか立ち消えになるのでしょうか。




時間の奴隷ではなく主人になることで
計画は日の目を見ます。






それが右図の「なすを確実になす」仕組みです。



仕事の本質からして
何かをなそうとすれば、それが大きな事柄でないとしても
まとまった時間を必要とします。



細切れでは、何もなしえません。



そこで、時間を記録し、無意味な事柄をあぶりだし廃棄し
虫食いになった時間郡を整理して
「時間の塊」を作る必要があります。
実際に忙しい人が実践している方法です。




そして重要なことから順に
一時にひとつのことに集中します。





幾つかの仕事を同時進行で取り組むとすると、
ただ忙しいだけで、全くはかどらない場合があります。




「やるべきことが山ほどあっても、一つひとつ取り組んでいくことが、結局は一番早い」






PUBLIQ COFFEE はこのようにして
上の2つの図をツールに、仕事の生産性をあげていきます。
「なすべきことをなす」で仕事の生産性をあげていきます。







さて、このPUBLIQ COFFEE 生産性革命は、これ自体が目的ではありません。
予定サービスをいち早く実施し、貢献しうるテーマをみつけるための手段に過ぎません。
企業文化も自己満足のために構築するものではありません。




これらは成果に向けての手段であり、
方法論にアプローチしているに過ぎません。




いってみれば内部の事情であり、
これをもって何かの貢献になることはありません。



この方法論で生産性を実際に上げ、形にしてはじめて反応を頂戴できます。



目的と手段
仕事と道具
内部と外部




PUBLIQ COFFEE はこれらを見極め、良い仕事を行ってまいります。










スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック