PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

プロ養成講座のコーチング概念導入による自立支援モデルの設計


当店ではプロを養成することを目的とした
「プロ養成抽出講座」「フジローヤル1kg釜焙煎機による焙煎講座」を開講し
今までのところ、それぞれ2番講座、4番講座までの準備が完了し受付を行っています。



「専門的な内容をマンツーマンでストイックに学ぶ」
 という位置づけの講座です。



講座の実施にあたり、
何をどのように伝えるか、何が受講者の役に立つのか
悩み考えてまいりました。



そして、
受講者が状況毎の判断能力を養うことこそが大切で



すなわち
「自己選択、自己決定、自己解決の能力」を養うことが
プロ養成の講座での主要なテーマになるとの
結論を得るにいたりました。





これまでも、「開かれた質問」を通して
自己解決というテーマを意識して実行してまいりましたが
プログラムになっていなかったため
上手にできてはいなかったように思います。




そこで、これまでの意識の中だけの
「自己選択、自己決定、自己解決の能力養成」を
講座の実施自体で能力養成を可能にすべく




テキスト作成段階や講座進行の手順に
コーチング概念を組み込んだ
自立支援型講座の設計に
取り掛かることにしました。




現在着手しているテキストの作成などに
反映させていく予定です。




コーチングとは
自己実現を目指す人へのサポート方法のことです。
問題を抱えている人への癒しをテーマにする
カウンセリングとは対極にあるものです。



意欲がありゴールに向かっている人の
最短の到達をサポートすることを目的とするものです。




「開かれた質問」によって本人が考え
答えを見つけていくことが、このコーチングの核です。



もちろん、考え答えを見つけていける状態まではティーチング
その後にコーチングという段階はあります。




しかし、依存的ではなく、
意欲的に活動しているものに対しての
関わり方としては
その自主性を大きくのばす方向こそが
最も貢献できるのではと考えました。



コーヒーに詳しいことと
よい教え手であることに相関はありません。




それは、当店がこれまで
コーヒーを理解しようと努めてきたことと
それをいかに伝えるかの難しさを
痛感しているから、そう思えるのです。




強い意欲者向け講座はコーチング概念を導入した
自立支援型の設計を行ってまいります。




講座の実施自体に
自立支援が実行されるしくみを組み込んだこの取り組みは
PUBLIQ COFFEE 企業文化 を形作っていくものです。










スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック