PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

コーヒーチェリーって何?

ベーシックな情報をお伝えする
「コーヒーベーシック」。


天井近くまで成長している
自宅のコーヒーノキから
完熟したコーヒーチェリーを摘んできました。




これがコーヒーチェリー






チェリーは
グリーンからオレンジ
そしてレッドへと色合いが変化していきます。



熟していくにつれ、紫がかってきます。



どれくらいの熟度で摘むのかが
酸の質や甘味の質などに関係します。



これは、どんな作物も同じですよね。




コーヒーは飲むものですので、
イメージしづらいかもしれませんが
農作物です。



生産国ではコーヒーノキを育て
コーヒーチェリーを摘み
チェリー内の種子を取り出し
脱穀し
グリーンコーヒービーンズと呼ばれる生豆の状態にして
輸出します。


PUBLIQ COFFEE が 行っているのは
その生豆を焙煎し、
みなさんが召し上がれる状態にまで
することです。




栽培ー収穫ー精製ー輸送ー焙煎ー抽出



大雑把にわけたコーヒー全体のうちの
「焙煎」という部分を行っているに過ぎません。



しかし、その「焙煎」をもっと追求しようと思えば
生産国側での処理や抽出もあわせて知っておく必要もあります。




こうして、部分を担うものは
それぞれの専門家になることはなくとも
全体を考えることになります。





もしよければ
店頭でチェリーから生豆までの工程をご覧いただくこともできます。
手動ですけども。


是非、声をおかけください。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック