PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスプレッソ進捗 2

まずは前提、
そしてゴールを決めておきます。


●前提         いいかえると環境。


・焙煎機         フジローヤルR-105 93年式直火 バーナー数を8本に。
              フジローヤルR-101 08年式直火 排気ファン回転数制御可能に。

・浄軟器          メイスイ NFX-OS       5/24追加

・エスプレッソマシン  La Marzocco GS/3 paddle
・グラインダー      Mazzer Mini electronic

・タンパー        Reg Barber 57mm flat
               ベース部を 57.65mm に 6/2変更 


これらは今のところ変更されない確定要素で、大前提といえるものです。
そして次にゴール、いいかえると現在イメージする香味
これをはっきりとさせておきます。






スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。