PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

Reg Barber 57mm flat タンパーベース径の変更

エスプレッソ抽出は、
極細に挽いたコーヒー粉をホルダーに詰めて
それを押し固めて
マシンにセットします。


ポンプが輸送する勢いある湯に対し
ホルダーにセットされた粉全体が
一つの塊として受け止めることが出来なければ
抽出は安定しません。


一つの塊にするための
押し固める道具がタンパーで
当然一つの塊とするには
ホルダーとの相性が重要にです。


これまで La Marzocco のホルダー58mm の径に
57mm のタンパーを使ってきましたが
若干小さく、
フチ部分をきちんと押し固めることが出来ませんでした。



ホルダーやタンパーがどれだけの精度でつくられているかはわかりませんが
結局のところ、実際の寸法が大切になってくるので
モノを見てもらって、職人さんにつくっていただきました。



MADE IN UTIDAです。




また、これに伴って、「エスプレッソ進捗」の前提にも
修正が加えられています。




お店には
車のシフトノブなどで安く簡単に作った
MADE IN UTIDA の タンパーが幾つか飾ってありますので
関心のある方、是非お越しください。
オリジナルのタンパーが自由自在に作れるのだそうです。





スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック