PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

実演メニュー追加のお知らせ

手順や意味を解説しながら、
実際に目の前で使い方をご覧いただく無料の
「実演サービス」メニューに、期間限定で
新しい器具が仲間入りします。




お客様からのお預かり品で
抽出マニュアル作成後お返ししますので
期間限定です。
しばらく貸していただけそうですので
7月末までを目安にお考えください。





「パール金属の天秤式サイフォン」





saifon2.gif




サイフォンの原理、天秤の原理を応用したおもしろい器具です。





コーヒーの粉は左のガラス容器へ投入します。
そして湯は右のステンレス容器へ投入します。
その下の乳白色のガラスがアルコールランプです。


天秤は、ステンレス容器とガラス容器の横にある錘でバランスをとります。
空の状態では錘側に
ステンレス容器にお湯を入れるにつれ、つりあい
やがてステンレス容器側に重心が移動します。




その重心をアルコールランプの蓋が受け止めます。







saifon3.gif



アルコールランプで熱していくと
ステンレス容器は密閉されているので
圧力が高まり、やがて低圧側のガラス容器へ湯は移動します。



そこで投入してあったコーヒー粉と出会い
浸漬状態となります。



天秤なので、湯が移動していくと
ステンレス容器は徐々に軽くなり
やがて錘より軽くなると
ステンレス容器の重さを支えていたアルコールランプの蓋は
フリーの状態になり、自動的に閉じられます。





saifon4.gif



燃焼が終了したことで
ガラス容器に対し圧力が低くなったステンレス容器側へ
コーヒー成分を溶かしたコーヒー液として戻ってきます。





吸水管の先っぽには、ネルが巾着のように縛り付けてあるので
コーヒーの粉も一緒になって戻ってしまうことはありません。





コーヒー液の完成です。




ステンレス容器には蛇口があり、コックをひねるとコーヒーがでてきます。





百聞は一見にしかず。





この抽出の模様に関心のある方は是非声をおかけください。
5分ほどでご覧いただけると思います。




天秤式サイフォン
一風変わったサイフォン抽出の実演です。


(※適当に写真をとってしまったので、分かりにくかったと思います。是非ご覧になりにお越しください。)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック