PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PUBLIQ COFFEE 4月 コーヒー豆メニュー

2011年4月度メニューです。
ご来店の際の参考にどうぞ。


ニューフェイスは



「コロンビア ラ・クリスタリーナ」
「ブラジル ジュベンツーデ」



2点です。



マイルドで豊かな甘味をもつコロンビアが見つかりました。
そのしっかりしたボディを感じることが出来る
肉厚のコロンビアです。
リサラルダ県、グァティカ産。
この地域にある美しい国立公園
ラ・クリスタリーナ公園から名づけられた
その名にふさわしい
美しく清らかで透明感有る甘味をもつ
良質のコロンビアです。是非。


そしてブラジルは、日系の徳力さんのコーヒーです。
このブラジルの注目点は、伝統品種というところ。
1960年代に栽植されたムンドノーボは通常とわけ
「MUNDO NOVO-19」と呼びます。
ブラジルでよく見られる大農場ではなく、
山岳地帯に点在する小規模農家により、
伝統品種を伝統的な農法によって作られる点が
このブラジルを特別にしています。


どちらも是非お試しください。



PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI  (限定)        \500/100G
   
  
    コロンビア ラ・クリタリーナ
    

   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       \500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL  ジュベンツーデ        \500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        \500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              \500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         \480/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       \480/100G


どこまでも澄み切った潔い酸味、限りなく透明に近いコーヒー
ASAIRI  (浅煎り)        \480/100G



------------------------------------------------------
~「大陸枠」地域の個性~


NANBEI  (南米) ボリビア  \500/100G

               

CHUBEI  (中米)   コスタリカ     \500/100G
北米・カリブ海を含む
               

ASIA  (アジア)  バリ神山       \500/100G
             


AFRICA  (アフリカ)  タンザニア   \500/100G

 -----------------------------------------------
ASAIRI(浅煎り)は1種類で、
銘柄は自由に焙煎者が選択します。
銘柄のリクエストをどうぞ。


そして

FRENCH(フレンチ)
マンデリンを定番に、
その他の銘柄で焙煎者が気まぐれで焙煎することもあります。


各銘柄の在庫状況など
ご来店時の判断材料となるようでしたら、お電話、是非お寄せください。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほぼ毎日読んでます。

コロンビア ラ・クリタリーナは浅煎りで
おねがいします。私はカラリと乾いた色の
感じが好きですねー

ブラジル ジュベンツーデはまったりとした
甘味を最大限引き出してください。

楽しみにしています。(^^)

iz_yoko | URL | 2011年04月03日(Sun)12:25 [EDIT]


コメントありがとうございます。
銘柄ごとの特徴を引き出すというのが
味作りをするものの努めです。
双方の個性、どのような仕上がりになるか
是非、楽しみにしててください。

PUBLIQ COFFEE | URL | 2011年04月04日(Mon)17:16 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。