PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

コーヒー講座の開催 ~坂部建築さん~自然の広場 27

こだわりの木造住宅専門店 坂部建築さんにおいて
昨日コーヒー講座が開かれました。





コーヒーの淹れ方がどのように変わってきたのか
その歴史を紐解きながらハンドドリップのポイントを学ぶ
今までにない内容で行われました。






大昔の人が、どんな淹れ方でどんなコーヒーを飲んでいたのか
というところから始め、
現在のコーヒーとどんな違いがあるのか、






その違いに注目しながら進めていく内容でした。





そしてその違いを埋めていくために
試みられてきた改良の歴史から、
おいしく淹れるために役立つポイントを見つけ出し
それを家庭で使えるところまで落とし込もうというメッセージが
全体を貫いていました。






過去から現在を埋めていく改良点を4つとりあげ
どんな出来事だったのか
そして、それは何を教えてくれたのか
さらに、その教訓を家庭の実践で使うにはどうするとよいか
といった展開で進められました。







最初に体験したトルココーヒーが
現在私たちが楽しんでいるコーヒーと
どれだけ違うか
その違いの幅を体感でもって知ることができ、
それが、その後に続く、4つの改良点を際立たせ
ペーパードリップの味わいとの違いの意味を印象付けました。





記憶にとどまりやすくなるように、
また、ご家庭で淹れる際に
その印象がフラッシュバックしてくるように
歴史という設定を使って
そのストーリー性の力を利用しました。





これは、PUBLIQ COFFEEが意識する熟成するコーヒー講座の一例です。






「今日だけでなく明日にも使える」





この、PUBLIQ COFFEE のコーヒー講座のメッセージは
今回も精一杯お伝えしてみました。
文化と実践が融合した、とてもよい講座になりました。






坂部建築さん、参加されたみなさん、
ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック