PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

コーヒー講座の開催 ~県職員組合 西三河支部さん~

27日(木)岡崎げんき館、調理実習室にて
県職員組合西三河支部さん、参加者10名のご依頼による
コーヒー講座が開かれました。





コーヒーを淹れる、ということが
「選択作業」であることをお伝えする内容でした。





まず、基本的な淹れ方で
抽出の原理を理解して
「おいしく感じられる成分」を選択し、




次に、その原理をどう応用するかを考えて





最後に、応用した淹れ方で、
「好みに感じられる成分」を選択する






このような3ステップで進めていきました。





一人ひとり違う「好み」に着目し、
普通の淹れ方にとどまらず、それを越えて
味を変えれる淹れ方にまで踏み込んでみました。





一般的においしい淹れ方とされる
おいしく感じられる成分を選択する、
よりもう一段奥の
自身の好みに感じられる成分を選択する
ドリップ方法です。




好みが一人ひとり違うものを作る際
必要なのは、作り方だけでなく、
その調整方法だと考えたのです。





やはり、それこそが
ご家庭で活用できるものかもしれません。





「今日だけでなく明日にも使える」





この、PUBLIQ COFFEE のコーヒー講座のメッセージは
今回も精一杯お伝えしてみました。





積極的な質問、技術的に鋭い質問も飛び出し
とてもよい講座になったと思います。






また、器具の準備や後片付けなど、
たくさんの気遣いをいただいて・・
県職員組合西三河支部のみなさん、
ありがとうございました!


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック