PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 7月 コーヒー豆メニュー

2012年7月メニューです。
ご来店時の参考にどうぞ。




おすすめの「限定」2銘柄今回は




当店初登場となるアフリカ、
ブルンジ産のコーヒー


同じくアフリカの、
カメルーン産のコーヒー



この2つが登場します。



どちらも聞きなれない生産地ですから
まずは、地図でその存在を確認してみましょう。


CM.gif



カメルーンは、西アフリカの国。



1980年代後半から1990年代半ばには
コーヒー価格の下落、政府の農業支援廃止によって
崩壊寸前までいったコーヒー産業でしたが、
その後、コーヒーを持続的作物として認識し、
政府をあてにせず根気よく栽培をつづけ
自然農法によるコーヒーが復活を遂げてきています。



そして、アフリカコーヒーのメジャーな生産国、
ケニア、タンザニアなどから高品質コーヒーを学び
スペシャルティコーヒー市場にも参入。



良質のアラビカ種が脚光を浴び始めています。




記憶に新しい、農薬問題によるモカの輸入禁止時
モカに代わる銘柄として注目を集めたほどです。



kamerun.gif

カメルーン拡大図




そして今回ご紹介するのは、南西州バフサム地区
カプラミ生産者組合産。




毎年、その甘いボディを提供してきましたが、
今年も、素晴らしい出来です。




アフリカコーヒーといえば、
東アフリカでしたが、いまや西アフリカにも
熱い視線が注がれています。





7月、西の代表としてカメルーンが登場です。





そして当店初となる「ブルンジ」。
ブルンジは東アフリカの国。




ブルンジは、隣国ルワンダとともに
1918年から1962年まで「ルアンダ=ウルンディ」
と呼ばれたベルギーの領土で、
地形も千の丘と表現されるルワンダ同様
山と丘の国です。




こうした地理的特性は、
高品質コーヒーの代名詞となっている
ルワンダやケニアやタンザニア産と比べても
作り出されるコーヒーの品質は
同等となりえる条件下にあることがわかるでしょう。


buruji.gif

ブルンジ拡大図


ブルンジ内産地は3つで
ブイェンディ、キリミロ、ムミルワのエリアがあり、
今回ご紹介するのは、ルワンダとコンゴの国境沿いにある
ムミルワ地区のもの。
ソゲスタルコーヒー組合産。



ルワンダ、タンザニアを髣髴とさせるその香味は、
コーヒー栽培の地理的条件と品種が
香味を生成していく要素として大きなものだと
改めて感じさせてくれます。



国境は便宜上、設けられたに過ぎず
環境に境界線などありません。



銘柄名だけで説明尽くすことの出来ない
香味の複雑性は、
こうしたことからも理解できますよね。




7月、東の代表としてブルンジが登場です。




さぁ、コーヒー産業を牽引してきた東アフリカと
新興の西アフリカ。





東と西の競演を是非お楽しみください。
そして、その比較を通して、アフリカコーヒーを手中に。




カメルーン、ブルンジ
どちらも秀逸、是非お試しください。



PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

 
ブルンジ ソゲスタルコーヒー組合産      ¥500/100G
カメルーン  カプラミ生産者組合産       ¥500/100G

   
         


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          ¥500/100G


ボリビア
タンザニア
コスタリカ
ニカラグア
ガヨマウンテン
エルサルバドル

以上から、日替わりで2種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

飲み比べました(*^^*)

先日、私が購入したカメルーンの豆とYさんが購入したブルンジの豆を少し交換して飲み比べてみました!
コーヒーに関してまだまだヒヨッコの私ですが、カメルーンは円やかさがあって、ブルンジの方が少し苦味があるように感じました♪
これからもいろいろな味に挑戦してみたいです!!そして、自分の好みの味に出会えたら嬉しいです(^-^)v

さよ | URL | 2012年07月11日(Wed)10:02 [EDIT]


Re: 飲み比べました(*^^*)

さよさん、こんにちは!Sさんですね。
コメントありがとうございます。
お店でお話していたように、飲み比べてみたんですね。楽しそう。
コーヒーをもっとおもしろく感じられるよう
その世界をたくさんお伝えしていきたいと思っています。
これからも、講座やいろんな場面でお付き合いくださいね!

PUBLIQ COFFEE | URL | 2012年07月13日(Fri)11:25 [EDIT]


 

トラックバック