PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

コーヒー講座の開催 ~あん's cafe さん~

安城市桜井駅近く
こだわりランチが人気の素敵なカフェ
「あん's cafe」 さんで、




毎月最後の木曜日を開催日に
シリーズでお届けするコーヒー講座のVo2となる
「淹れるのメカニズム編」が
6/28(木)に開かれました。




コーヒーをもっとおいしくした人の
淹れ方のレベルアップ!
そのような位置づけとして行われました。




好みに淹れられない
毎回味が変わってしまう




多くの方がもっている
そんな問題を解決するためのポイントとして
テクニックではなく、
淹れ方に働いているメカニズム、
原理に注目し、




一人ひとり違う好みに各自が
自分流に調整できる法則をお伝えする内容でした。




さて、抽出とは、溶媒を使って、
対象の全体から部分を選択し、溶液をつくることです。




コーヒーの場合、
その最も根底にある原理は、
湯と粉が接触する「面積・温度・時間」で





粉が細かいほど接触面積は大きく
100度に近いほど多くのものを溶かしだし
時間をかけるほど可溶成分の限界まで




抽出しようとします。




この原理が土台となっていますが、
もっとおいしくしたい、好みにしたい、
そのために利用できるのは、
その土台の上部に乗っかるもう一つの原理です。




それは一体どんな原理なのでしょう?




そこで、実演を行い、
抽出過程でとけだすコーヒーの成分に着目し




「溶け出す成分には順番がある」





好みにするための最も重要なこの原理を確認してみました。




例えば、味わいの成分は
はじめに酸味成分が溶け出します。





使用するお豆にもよりますが
一般的にいって、このように溶け出す成分には順番があります。





であるなら、
この原理を逆手にとって好みに出来るのではないか。





原理を確認後、次に、その利用方法の検討にうつり、





もし順番があるなら、
抽出終了のタイミングを早めたり、引き伸ばしたりと
原理を上手に利用することで
自分好みにできるのではないか
という提案がなされました。





そして実際にそれが実現できる具体的な以下の方法で
みんなでコーヒーを淹れて飲んで確かめてみました。





・粒度を調整する
・粉の分量を調整する
・注ぎのスピード・量を調整する





コーヒーを淹れるという作業は、
淹れ方の手順や具体的なテクニックだけを追求すると
好みになりません。





本質を知るのに、もっとも大切なのは、
淹れ方に働いているメカニズムであって、
また、納得いくものにするためには
そこを貫いている法則を利用することです。





テクニックは・・




法則とそれを利用する方法を知った後に活かされます。
その方法を具現化するために必要とされるものなのですね。





今回は、抽出全体を貫いているメカニズムに着目し
お一人おひとり違う好みに、どう各自が自分流に調整できるのか
といった法則をお伝えすることが出来ました。




あん's cafe さんでは、
毎回手の込んだスイーツや御菓子が登場します。





参加される方も素敵な方ばかりで、
とても楽しく行うことができます。





参加されたみなさん、あん's cafe さん
ありがとうございました!



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック