PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE  11月  コーヒー豆メニュー

2012年11月メニューです。
ご来店時の参考にどうぞ。




おすすめの「限定」2銘柄今回は




ホンジュラス ラ・クンブレ農園
ハイチ マールブランジュ




この2つが登場します。




現在、セントラルアメリカのナチュラルは
先進的な取り組みをする農園らの間の
ムーヴメントといってもいいでしょう。





ですから、非常に限られた範囲での出来事
ほとんど流通しないレベルの量になるので、
全体からすれば無視できる些細な話題かもしれません。





しかし、高品質カテゴリーで
中米のナチュラルはホットな話題です。





これまでの認識からすれば、
ナチュラルは、原始的な時代遅れの方法で、
高品質に含められないものとされてきました。





ナチュラルとは精製方法の一つで
精製方法とは、コーヒー豆である種子を果肉から取り出す方法のこと。





ナチュラルは、てっとりばやく
果肉が乾燥し堅くなった後、割って取り出す方法です。





今主流のウォッシュトという水洗いの方法と比べれば
手間がかからないとされています。





ナチュラルは、ウォッシュトに比較して
多くのチェリーを時間をかけずに処理できるてっとりばやい方法であり、
そのため、不純物や混合物が多く、高品質扱いされてきませんでした。





しかし、果肉の甘味を存分に吸収した
独特な甘味は格別で、
もし、不純物や混合物などの負の影響を除外して
甘味を前面に出した、そんなコーヒーができたとしたら




それは、特筆すべきコーヒーといえるでしょう。





実は、そのための試行錯誤がされてきて、
ミューシレージだけの付着を許す
パルプドナチュラルなど、その変形がいろいろ試されてきました。






その高品質のナチュラルをつくる
いくつかの変形の方法は、
なんとウォッシュトよりも
手間のかかる方法となってしまっているのです。





中米の高品質のコーヒーを
手間のかけたパルプドナチュラル精製にしたらどんな味わいが・・・・





それを体感させてくれるのが
ホンジュラスの「ラ・クンブレ農園 パカマラ ハニー」です。





セントラルアメリカのテロワールに
これまでなかった精製プロセスの香味が付加された
新しい中米のコーヒー。




これをハニー仕上げといいます。




ホンジュラスのハニーは、
パカマラという大粒の品種で登場。
これまでになかったセントラルアメリカです。





是非、試してみてください。




さぁ、そしてカリブ海の雄「ハイチ」はCMIAという組合産のコーヒー。
マール・ブランジュ




カリブの典型的な味わいが体感できる銘柄です。




言葉を吟味し、ハイチを表現するのに、
たった一言にまでそぎ落としていけば
それは、きっとこのようなものになるでしょう。




「 清冽 」




清らかな流れのよう、どこまでも透明
上品さが際立つ爽やかなテイストです。




カリブ海のコーヒーとは
このような傾向だということ、確かめてみてください。





ホンジュラス ラ・クンブレ農園 パカマラ・ハニー
ハイチ  マール・ブランジュ
どちらも秀逸、是非お試しください。




PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

 
ホンジュラス ラ・クンブレ農園      ¥500/100G
ハイチ  マール・ブランジュ         ¥500/100G

   
         


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          ¥500/100G


バリ
タンザニア
コロンビア
コスタリカ
ガヨマウンテン
エルサルバドル


以上から、日替わりで2種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック