PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

コーヒー講座の開催 ~ あん's cafe さん ~

安城市桜井駅近く
こだわりランチが人気の素敵なカフェ
「あん's cafe さん」で、




毎月最後の木曜日を開催日に
シリーズでお届けするコーヒー講座のVo7となる
「はじめてのカプチーノ&ラテアート」が
11/29(木)に開かれました。




この飲み物「カプチーノ」とは何で
そのカプチーノをショーアップする「ラテアート」とは何か
そして、その「ラテアート」に挑戦してみよう
という内容で行われました。





最初に、ズバリこれがラテアートだよ、
という動画を見ることからはじめ
ハートやリーフなどその模様が描かれる様子から
これからの展開をイメージしてみました。





さぁ、この素敵な模様を描くにはどうすればいいのでしょうか?





実際に絵を描くときに必要なものに思いを馳せて
その条件を考えていくことにしました。




コーヒーとミルクだけ、
という同じ材料を使用するカフェオレでは
絵を描くことができないのに
カプチーノではそれが出来るということは
その条件が備わっているのでは・・・と考えられます。




実際に絵を描くには




①キャンバス
②絵の具
③筆




が必要です。




カフェオレにはなくて、
カプチーノには、この3つがあるということでしょうか?




それを一つひとつ見ていくことにしました。




まず、カプチーノとは、
コーヒーとミルクをカフェオレのようにそのまま使用するのではなく
コーヒーをそれ用にして、ミルクもそれ用にして、融合させたものです。





そこで、




・カプチーノ用のコーヒーとは?
・カプチーノ用のミルクとは?




絵を描くのに必要な条件とすりあわせながら見ていくことにしました。




まず、カプチーノ用のコーヒーは、
お豆を非常に細かく挽き、
それを一つの塊にする作業をして
機械で抽出します。




透明なショットグラスで
抽出されるカプチーノ用のコーヒーが
通常のコーヒーとどう違うかを確認してみると





それは、表面に赤茶色の層があるコーヒーでした。




これが、カプチーノに使用するコーヒー、
「エスプレッソ」です。




表層にある赤茶色の「クレマ」の存在がその特徴で
実は、これが絵を描く時の「キャンバス」となります。 





カプチーノ用のコーヒーとは、「エスプレッソ」のことで
そこには、絵を描くのに必要な 「キャンバス」がありました。




次に、カプチーノ用のミルクを見ていきました。




同じように機械を使用して作っていきます。





ミルクをスチームで空気を含ませながら温めていきます。
その出来上がるミルクにはツヤがあり粘性があります。





こうしてミルクは、コーヒーと同化してしまわない性質に変化して
クレマという「キャンバス」上で
単独で存在できる「絵の具」のようになります。





カプチーノ用のミルクとは、「スチームドミルク」のことで
それは粘性を帯びて、絵を描くのに必要な「絵の具」のようでした。





さぁ、あとは「筆」を使って、どう描くかです。





その描き方がポワリング。




絵の具であるスチームされたミルクを
キャンバスであるエスプレッソが抽出されたカップに
筆であるピッチャーで注いでいきますが、
その注ぎ方(ポワリング)で描いていくのです。




サーファーが波をつかまえ
波に乗っていくように、




クレマの下のミルクの流れをつかまえ
その流れに乗せて




つかまえた波にサーフボードを置くように
つかまえた流れにミルクをつくりたい模様に合わせ
クレマ上に置いていきます。




サーフィンと違うのは、
その流れを自ら作り出すというところ。



rateart2.gif


カプチーノとは、
エスプレッソとスチームされたミルクが一緒になった飲み物で
ラテアートとは、
そのスチームミルクを絵の具に、エスプレッソのクレマをキャンバスに
ピッチャーを筆にして、その注ぎ方で絵を描いていくこと、
そして、その模様のことでした。




その全てはハートから始まります。


rateart4.gif



みんなでハートに挑戦し、コーヒーを楽しくアートしてみました。


rateart5.gif



コーヒーの楽しみ方の一つにアートがあること、
今回体験することが出来ました。


rateart3.gif



この体験は、次回の
「ステップアップのカプチーノ&ラテアート」に引き継がれ
もっともっとアートすることになります。




参加された皆さん
あん's cafe さん、ありがとうございました!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

tryしてます♪

あれから、数回 tryしてますが…!
canvasができません。

平らにして、ギュッと押さえるんですよね。
でも、クレマはほとんどできないんです。
家庭用マシンでは無理なのでしょうか?
と、マシンのせいにしている!!

| URL | 2012年12月06日(Thu)21:12 [EDIT]


こんにちは!

もっと圧力がかかるとできると思いますよ!
粉をもっと細かくしてみて。

ざっくりと、クレマは
油分と炭酸ガスの合成だから、
それを合体させるように
抽出すればok!


そのためには、圧力と
それなりの鮮度があるお豆を使用すること。


とりあえず粉を細かくしてみましょう!
もう1回 「TRY」してみて。






PUBLIQ COFFEE | URL | 2012年12月07日(Fri)14:27 [EDIT]


まだまだです!!

昨日、TさんとYさんと三人でtryしました。お豆はエスプレッソ用にお店で挽いてもらったものを更に細かく挽いてみましたが、クレマは…(-_-;)
僅かにできたのも、すぐに消えてしまいました(T_T)
難しいですね!
アドバイス、ありがとうございましたm(__)m

sayo | URL | 2012年12月12日(Wed)17:58 [EDIT]


Re: まだまだです!!

こんにちは!コメントありがとうございます。
次回は、その点もやりましょうね。
その際、ご家庭での使用機種などの情報も持ってきてください!

コメントいただいたおかげで、うれしい共通の課題ができました。
次回、楽しみにしていますよ。

PUBLIQ COFFEE | URL | 2012年12月14日(Fri)14:07 [EDIT]


 

トラックバック