PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE  3月 コーヒー豆メニュー

2013年3月メニューです。
ご来店時の参考にどうぞ。




おすすめの「限定」2銘柄今回は




ケニア  キアンジル
タンザニア ブルカ農園




この2つが登場します。




さぁ、大御所ケニアが帰ってきました。
リクエストの声が一番大きい銘柄です。




そして伴走するのは、お隣の国のタンザニア。




今月は、アフリカの競演といきましょう。




赤道直下のケニア、そしてお隣タンザニア
アフリカを代表するこの2銘柄の
特にフレーバーに注目しご紹介していくことにします。




アフリカのコーヒーは、全体が果物の印象をもっています。
それでは、ケニア、タンザニアは
それぞれ、どんな果物の風味を持っているのでしょう?




まず、ケニア。




キリニャガのバラグウィ・コーヒー生産者組合所有の
キアンジル・ファクトリーにてプロセスしたコーヒー。




著名なカッパー、
ケネス・デーヴィッズ氏が
驚異の94点をつけたコーヒーでもあります。



AROMA 8.0
ACIDITY 9.0
BODY 8.5
FLAVOUR 9.0
AFTERTASTE 9.5
ADD 50.0
FINAL SCORE 94.0




そして、タンザニア ブルカ農園は、
タンザニア最大の農園の一つで
ケニアの農事顧問会社SCEM 社からの高度な生産、
品質管理の指導を受け
品質の安定度は随一と評価されている農園です。




さぁ、この2つの銘柄のフレーバーがどのようなものか
違いや関係を考えていくために





フルーツの種類をざっとあげてみることから
はじめてみましょう。





柑橘類果実

       レモン オレンジ グレープフルーツ
       ユズ   ライム  など


仁果果実

       ナシ   ビワ   リンゴ   など


核果果実

       アンズ  サクランボ  スモモ
      プルーン モモ  など



熱帯産果実


       アボカド   キウイ  ゴレンシ
       ドリアン   パパイア  マンゴー
        マンゴスチン  レイシ  など    


果実的野菜


       イチゴ   スイカ   パイナップル
       パッションフルーツ  バナナ  
       メロン    など  



その他     

        アケビ   イチジク  カキ   カリン
        キイチゴ  ギンナン クリ  ザクロ
        カシス   フサスグリ ブドウ 
        ブルーベリー  ブラックベリー   など 



大雑把に・・




柑橘類は、「酸っぱさ」「爽快で冷涼な香り」熱が奪われる感覚
熱帯産は、「とろける甘さ」「濃厚でふくよかな香り」
エネルギーが与えられる感覚




そうした特徴が感じられそうで




核果類、仁果類などその他の類は、
「その中間」に位置づけられそうです。





この中から、今回登場のタンザニアとケニアに
関係しそうな果物を抽出して分かりやすく並べてみます。




【レモン・グレープフルーツ・オレンジ・ザクロ・フサスグリ・カシス・ブラックベリー】




左から右へ、柑橘類からベリー系に、
淡い色から濃い色への果物に・・・・・・
黄から赤そして黒に並んでいます。





香味は、シトラス系の酸味から
徐々に苦味を伴ったベリー系の甘味へと
変化する模様がこの順番からは見て取れます。




アフリカの代表的なコーヒー生産国
お隣同士でもあるタンザニアとケニアは、




まさにこの並びの中間を国境としたように
そのフレーバーの特徴を有しています。





2つのコーヒーのフレーバーは、
この左半分が【タンザニア】の特徴のようで
右半分が【ケニア】のよう。




このグラデーションが、そしてそのブレンドが
タンザニアを、ケニアを表現するフレーバーです。




タンザニアは黄色から赤色のフルーツ。
ケニアは赤色から黒色のフルーツ。




タンザニアからケニアへ向かう変化は、
柑橘からベリーへのグラデーション。
酸が苦味や甘味を付け加えていくグラデーション。




同じフルーティでも異なるフルーティさをもつ2銘柄です。
その違い、是非飲み比べてみてください。




ケニア キアンジル
タンザニア ブルカ農園

どちらも秀逸、是非お試しください。




PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

 
ケニア  キアンジル        ¥500/100G
タンザニア ブルカ農園      ¥500/100G

   
         


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          ¥500/100G



ボリビア
ペルー
コロンビア
コスタリカ
ガヨマウンテン
エルサルバドル


以上から、日替わりで2種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック