PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

コーヒー講座の開催 ~ 坂部建築さん ~

こだわり木造住宅を手がける専門店
豊田市和会町の「坂部建築さん」で、4/20日(土)・・




第43回自然のひろばセミナー
「自分の味覚を知るコーヒー講座」
と題したコーヒー講座が開かれました。




この講座では2つのこと。




「自分の味覚を知ること」
「よいコーヒーとそうでないコーヒーを知ること」




この2つを目指しました。




コーヒー鑑定士試験で行われる味覚テストを体験し、
自分の味覚を知るとともに、
このテストで感覚を鋭敏にしてから




コーヒーの違い、




よいコーヒーとそうでないコーヒーの違いとは
どんなものか飲み比べて、
それを記憶し、よいコーヒーを感覚で知って、
今後のおもてなしなどに役立てようという
内容で実施されました。




さて、味覚とは、味蕾が感覚するもので、
それは5つ、
甘味、酸味、塩味、苦味、旨味です。




コーヒーの素材を理解するのに関係する3つ
甘味、酸味、塩味の正常性が
鑑定士試験ではチェックされます。





それにのっとって、まずは、味覚テスト体験。




甘味、ショ糖水溶液、酸味、クエン酸水溶液、塩味、食塩水溶液を使った
味覚テストで、自身の味覚の傾向について確かめてみました。




その味覚テストは3段階。




・強さ
・味の違いと強さ
・混合液による相互作用





最初は、濃度の違いだけを見極めるテスト。
酸味を感じる3つの濃度の違う水溶液を味見して
「弱・中・強」を当ててみました。




次に、この酸味を感じる水溶液に加えて、
甘味、塩味 の 弱・中・強も・・・
順不同で出てくるこの9つの水溶液を味見して
どんな味のどんな強さのものか当ててみました。




最後に、
甘味、酸味、塩味、が混合された水溶液を味見し、
これは、甘味が中で、酸味が強、塩味が弱、といった感じで
それぞれの強さを当ててみました。




この3つめの味覚テストまでくると、
相互作用も感じ取る必要がうまれ急激に難易度が上がります。




こうして、自身の味の感じ方の傾向をつかんで、
これは、今後いろんな食品・コーヒーを味わう際の参考にすることができます。





このテストで、感覚は研ぎ澄まされ、
今、味覚は鋭敏になっています。





この機を逃さず、この講座の目的である、
コーヒーの違いを見極めることに入っていくことにしました。





しかし、その違い
「よいコーヒー」と「そうでないコーヒー」とは
どんなコーヒーをいうのでしょう?





それは、他の調理された食品と同じです。





調理されたものには、おいしく感じられる期限があります。




それを過ぎると、よい状態ではなくなって
好ましく感じられなくなっていきます。




コーヒーも、焙煎という調理されたものですから、
同じように、よい状態でいられるまでの期限があります。




つまり、鮮度なのです。




おいしい、おいしくない、は好みに関係するもの。
これは、人それぞれです。
約束することはできません。




しかし、おいしいに到達する前提である鮮度なら
約束することができます。
ここまでなら、誰にでも準備ができるのです。




ここが、私たちにできる
おもてなしのボーダーラインということができるでしょう。




つまり、よい、よいとはいえない、とは、
おいしいに到達するまでの前提となる品質がどうか
鮮度がどうかということ。





さぁ、「よいコーヒー」「そうとはいえないコーヒー」の違いがわかったところで、
ではその見極めはどうすればよいのでしょう?





ポイントは3つ。




・抽出時のコーヒーの状態
・飲用時の香りの質
・飲用時の味わいの質




わかりやすい抽出時の状態の比較を取り上げてみましょう。




鮮度の目安になるもの、
それはコーヒーのふくらみ、そして泡のきらめきです。



コーヒーに含まれている炭酸ガス、
酸化されていないオイル、
それらが、そのような状態をつくります。




もし、ふくらみがなく、泡にきらめきがないなら、
そう、それは、鮮度がない、ということができます。




コーヒーをお出しする人の好みを
完全に把握することは難しいとしても
よいコーヒーの見極めさえできれば、
おいしいのための品質のよいものはお出しすることができますよね。





自分の味覚を知って、よいコーヒーを知る。
そして、それを誰かにコーヒーをお出しするときに役立てる。





この講座が目指した、2つのことは、
この場だけでなく、お家で、オフィスで、
いろんな場で活用することができますね。





参加された皆さん、坂部建築さん
ありがとうございました!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック