PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

15日プロジェクト (Ⅲ)

「15日プロジェクト」とは、
PUBLIQ COFFEE が 毎月15日に進捗を公開する 
期日報告型、長期継続型プロジェクトです。




今年の取り組みのひとつ
「コーヒーの品質評価システムをつくっていく」にあたって




現在鑑定の場面で使用されている
加点主義に基づく2つのコーヒー評価フォーム
SCAA方式とCOE方式を参考に、




PUBLIQ COFFEE 独自のコーヒー評価フォームを
つくっていくとし




その第3の評価システムの体系化を目指したこの計画は




前回までで、SCAA方式、COE方式の評価項目にざっと目を通し
加点主義のみで評価すること、そして、その項目の数を増やすことが





新しい評価フォーム作成の目的
目的 「コーヒーの特徴・個性・差異をあらわすこと」
にかなうものだと考えてみました。





それで今回は、
その PUBLIQ COFFEE が考えた「10の要素」挙げていきたいと思います。





コーヒーの官能評価でどんな項目を評価するかという要素たちです。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●嗅覚の項目



「Fragrance/Aroma」(飲む前の香り)

「Flavor」(口内で感じる香りと味の複合感覚)

「Aftertaste」(飲んだ後の香りと味の複合感覚)



● 味覚の項目


「Acidity」(酸の質)


「Sweet」(甘さ)



●触覚の項目



「Body」(口に含んだ厚み/押しつけてくる抵抗)


「Mouthfeel」(口に含んだ質感/タッチした印象)



●全体性



「Balance」(均衡性/ハーモニーになっているか)


「Clean Cup」(カップのきれいさ)


「Persistence」(経時変化の仕方、持続性)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



10項目、それぞれが 10点満点。



わかりにくい基礎点などは解消し、
各項目への配点をしやすくし、



個人評価項目も解消し、
客観性を高めたものになっていて



さらに、「持続性」という新しい項目を追加することで
コーヒーのもっているポテンシャルを
もうひとつ違う角度からはかることができます。




これらの10が、PUBLIQ COFFEE の カッピングフォームの
評価項目になります。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック