PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 6月 コーヒー豆メニュー

2013年6月メニューです。
ご来店時の参考にどうぞ。




おすすめの「限定」2銘柄今回は




先進的な取り組みを続ける2つの農園をセレクト。




中米のパナマ、そしてアフリカのマラウィから
持続可能性を追求した農園が登場します。




さて、持続可能性とは何でしょうか?




人は、生きていくために自然を利用します。




それを人の都合だけで利用し続けると、
自然は利用不可能なものへと変化してしまいます。
利用できなければ人は生きていくことができません。




将来にわたって持続できるようにしなければ
結局は、私たちが困ることになってしまいます。




持続可能性とは、将来にわたって、
人間の活動を持続できるような自然の利用の仕方のことです。




自然を酷使し続けてきた弊害がでてきている時代の要請か
今、環境を破壊するとされている農園自らが
環境に配慮し、森林を、野生生物を、生態系を、
壊すことなく今までどおり持続させながら、
作物を栽培していく試みを始めています。




そうです・・
破壊するとされているもの自らが
持続できるものに変えなければ、誰が変えるというのでしょう。




そうはいっても、それは、大変なこと・・




どこまで大変か、本当のところはよくわかりませんが、
サスティナブルを認証する基準をみてみれば、
技術的にも、経済的にも、すごく大変だと想像することができます。




それを、実施している2つの農園を
今月はご紹介していきましょう。




まずは、中米パナマの、ハートマン農園。
原生的な自然環境をそのまま保全しています。




コーヒー栽培のために、
周囲の環境を変えるということをしていません。





それは、その農園内に
スミソニアン博物館の研究員が住み込んで
野鳥観察をしているという事実から、




まさに、その一帯が
大自然そのもので以前と変わらない状態である・・
そのようにいえるでしょう。





そして、マラウィ。




アフリカといえば
キリマンジャロを思い浮かべる方が多いと思いますが




マラウィは、そのキリマンジャロを生産する
タンザニアの南部に位置する農業と観光の国。




一般的に知られていないマラウィも
コーヒーの世界では、品質の高さでよく知られている国です。




そして、このマラウィ・サテムワ農園が、
品質だけでなく、先進的だといえるのは、持続可能性を追求した証、
「レインフォレスト認証」「UTZ認証」を取得しているという点。





熱帯雨林が地球全体にどれだけ寄与しているか。
それが減少していくとどれだけ循環が損なわれるか。




それは、環境問題でよくいわれて
熱帯雨林の減少に歯止めをかけることこそが
もっとも大きな意味での持続可能性といえるかもしれません。




森林を伐採することなく熱帯雨林の日陰でコーヒーを作る。




もって、気候変動を防ぎ野生生物を保護することを約束するのが
レインフォレスト認証。




さらには、生産から販売までの流通のプロセスを透明化する。




もって、生産時の環境や労働、
流通時の安心安全を約束するのがUTZ認証。




こうした2つの認証を取得していることは
取り組み続けている先進的な農園だと、
そのようにいうことができるでしょう。




パナマ ハートマン農園
マラウィ サテムワ農園




どちらも、「持続可能性」を 考え、
自らを破壊者のままであることを許さない、
思想をもった農園たちです。





是非是非お試しください。




PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

 
パナマ ハートマン農園       ¥500/100G
マラウィ サテムワ農園        ¥500/100G

   
         


   
------------------------------------------------------
~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G



------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          ¥500/100G


ホンジュラス
タンザニア
コスタリカ
コロンビア


以上から、日替わりで2種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
_____________________________________________

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック