PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

コーヒー講座の開催 ~ あん's cafe さん ~

安城市桜井駅近く
こだわりランチが人気の素敵なカフェ
「あん's cafe さん」で、




毎月最後の木曜日を開催日に
シリーズでお届けするコーヒー講座のVo18となる
「プレス式のすべて」が
9/26(木)に開かれました。




この講座では、フレンチプレス、エアロプレスの
2つの器具を取り上げ、




これらの器具の




・使い方、淹れ方
・その特徴
・応用方法



の3つを学んでいくことにしました。




フレンチプレス、エアロプレスは、
もっとも簡単な淹れ方だといわれています。




また、誰が入れても同じ味わいになるといわれ




【簡単で味のぶれがない】のが特徴だとされています。




さぁ、それでは
その実際を確かめていきましょう。




前半にフレンチプレス、後半にエアロプレスという順番で
先の3つのステップを踏んでいく事にしました。





フレンチプレス、エアロプレスの
淹れ方の手順と特徴を抑え、
それが好みとどういう関係になっているのか
そして、この器具をどう使いこなすか
というところまで考え進んでいきます。




ここでは、フレンチプレスの応用方法にフォーカスし
その一部お伝えしていきましょう。




通常の淹れ方は、
粉、湯をいれ4分待ち、プランジャーを押し下げるだけという
簡単な方法です。




簡単な方法であればあるほど、
その方法に工夫の余地がなければないほど
結果は予測しやすいものです。




フレンチプレスほど、
簡単で出来上がりが予測しやすい淹れ方はありません。




裏を返すと、それは、出来上がりが画一的で、
好みへ自由に調整するのが難しいということでもあります。




このことは、
フレンチプレスの味わいが好みだという方にとっては
またとない抽出方法だということが言えますし、
そうでない方にとっては、
とても選べない抽出方法だということになります。




一般的には、そうとらえられていると思いますが、
この講座の応用では、
好みに調整してみようという発想を盛り込んでいます。




その応用が


・あくを取り除く方法
・逆透過法



あくを取り除くとはどういうことでしょうか?
そしてその方法はどのようなものでしょうか?




この方法はまさに、
コーヒー鑑定のカッピングを適用したものです。




粉と湯を一緒にして4分経ったら
攪拌して上層の泡や浮かんでいる粉を取り除く。




これは、カッピングの際手順になっているものです。




フレンチプレスで、この手順を加えると
まるで霧が晴れたかのように、
覆っている何かがはがされたかのように
クリアな印象になります。




コーヒー豆の成分は、すべてがおいしいわけではありません。




雑味がほとんどないといわれる
スペシャルティの中のスペシャルティでも
この手順を加えたほうがクリアな印象になります。




滲出するコーヒー成分のすべてがおいしいわけではないのです。




ドリップやサイフォンなど他の抽出方法では
このあくの部分を抽出液に入れないような工夫ができます。




そういうことを考えず簡単にいれよう、というのが
フレンチプレスらしさですが、・・




その工夫をフレンチプレスでやってみよう・・・・
というのが応用のコンセプトだったわけですね。




今回は、フレンチプレス、エアロプレスの使い方
その使いこなし方を学ぶことが出来ました。




参加されたみなさん!
あん's cafe さん! ありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック