PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

15日プロジェクト(Ⅵ)

「15日プロジェクト」とは、
PUBLIQ COFFEE が 毎月15日に進捗を公開する 
期日報告型、長期継続型プロジェクトです。




現在、PUBLIQ COFFEE 独自の
「コーヒーの品質評価システム」をつくりはじめています。




鑑定の場面で使用されている
加点主義に基づく2つのコーヒー評価フォーム
SCAA方式とCOE方式を参考に、




これまでに、
評価フォームの「10の要素」を挙げ
評価フォームの書式作成を進めてきています。




精確な認知判断操作が要求される
コックピットの計器類の配置を参考に




これは、操縦士の視線移動を最小にしながら飛行状態を把握でき
また、計器を見る順番、確認頻度からも
最適だとされているT型配列のことですが




そのイメージを



pit-2.gif



カッピングフォームに
応用しようというところまできました。




従来の左から右へ視線を移動しながら記入していくのではなく
視界にすべてが入るフォームにしようということです。




それは、フォームを単なる記録媒体としてではなく
ユーザーインターフェイスと捉えなおして




集中力の必要なカッピングで
感覚が感じたものをストレスなく記録を残せるようなものに・・
カッピング技能の向上に寄与するような
そのような書式にするために参考にしたものでした。




さぁ、今回は、一歩進めて
先にあげた10の要素をこのT型配列に応用して
配置していきます。





カッピングとは、感覚が認識したものを
数字や言葉に変換する作業ですから





その実際は、各感覚器官ごとの要素を時系列で
おいかけていくようなものです。




すると書式は、それにあわせて
感覚器官ごとの要素をグループにして
それぞれを時系列で追いかけていくのに、
見やすいものすればよさそうです。




それでは、PUBLIQ COFFEE が独自にあげた 
10の要素を振り返っておきましょう。





まず、チェックするのはこの香りのグループたち。




youso-1_2013101117384762a.gif




次は、液体の温度が下がって、チェックしやすくなる
味覚、触覚の要素たち。


youso-2_20131011173848f99.gif



youso-3.gif



そして最後になるのは、全体性。




全体性は最初から最後まで、逐次チェックしますが、
最後まで来てようやくはっきりしてくるものなので
これらが最後を締めくくることになります。




例えば、バランスや、クリーンカップの程度は
さめてくるにしたがってはっきりしてきます。
つまり、その時系列での総合評価が
評価になるものだと思います。




youso-4.gif



これをコックピットのT型配列のように配置していきますと・・・



youso-5_20131011173959895.gif



こう。





ざっくりとこうして・・




そして今後・・





各グループ、各要素の質と量がわかる書式にし、
さらに、それが、記入する人にも
そして表現されたものを見る人にとっても
思考を使わず感覚でどのようなコーヒーなのか、
パっとわかるようなものをつくっていきます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック