PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

15日プロジェクト(Ⅸ)

「15日プロジェクト」とは、
PUBLIQ COFFEE が 毎月15日に進捗を公開する 
期日報告型、長期継続型プロジェクトです。




2014年は、2013年の財産を運用していきます。




2013年を通して取り組んできたのは
PUBLIQ COFFEE 独自の「コーヒーの品質評価システム」の構築。




具体的には
オリジナルのコーヒー評価フォームの作成でしたが、
2014年以降は、それを活かしていきます。




この全く新しいカッピングフォームは
鑑定能力向上に主眼を置いたもので、
使用するほど感覚が開発されるように
考えて作っているものです。




それを品質評価の活動にどう役立たせていくのか
2014年以降、
PUBLIQ COFFEE が品質評価の領域で目指していくもの・・
今回は、そのビジョンを語っていくことにしましょう。





それは、PUBLIQ COFFEE のこれからの仕事
「サスティナブルのためのサイクルをつくりだす」ために、
品質評価ができることとは何か、
という質問に答えることと一緒です。





さて、品質のお墨付きを与える機関が
信頼されていないなら
品質は懐疑され
それについてのモノやサービスは動きようがなく
流れを作り出すことは出来ないはずです。





流れを、そしてサイクルをつくりだしたいなら
それについての社会的な信頼がなければ・・




権威として、社会から認められていなければ
難しいでしょう。




PUBLIQ COFFEE は、そのための土台として
昨年、コーヒー鑑定の資格「Qグレーダー」を取得・・





この上に、本当の実力を加えていって、
社会的な信頼を得たいと思っています。





実は、鑑定能力向上のカッピングフォーム作成とは、
まずは、自らの実力をあげることを課題としていたものです。





そうしたカッピングフォームをつくることができ
自分が実験台となり、
そして効果が測定でき、
自分が証明になった後に
サイクルを作り出すための貢献に入っていけます。





まず今年一年




2014年中は、作成したカッピングフォームを
鑑定技能向上に確かに役立つと
自分自身が実験台になって、それを証明するための活動をします。





2014年の15日プロジェクトは
その進捗を書き込んでいきます。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック