PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

2014年 年末のご挨拶

PUBLIQ COFFEE の 吉田一哉です。



みなさま、今年もありがとうございました。



一年間本当にありがとうございました。



大晦日という日は、
ふだん、忘れてしまいがちな、
「支えられて、在ること」を
思いださせてくれるような気がします。




先を急ごうとする「時」を
追い立てようとしてくる「時」を
今日くらいは止めて
そのこと・・・
思い返してみたいと思います。




加えて、「どこへ行こうとしているのか」
「で、来年は何をするのか」
そのことも・・・考えてみたいです。




さて、一昨年のこの場で、
生産国にいきます
昨年のこの場で、
コーヒーの輸入をします
といい




昨年は
コロンビアにいき
今年は、
訪問した農園「シナイ農園」のコーヒー豆を
買い付けることができました。





関係者各位のご協力あってできました。




これらは、もともともっていた
問題意識にはじまって、
そして、生産国にいったそのことが
触媒になって加速した事柄。




それは、現在、
「リヴァイヴ コロンビア ティピカ」 と
名づけた活動として展開中です。




こうして考えると
一昨年に種を蒔いて、それが発芽し
これから成長していこうとしているかのように見えます。



この大切な「苗」に
水をあげないなんてことがあるでしょうか。




来年は、
この「苗」を 育てていけたらと思っています。



今年中
その準備として、他の国の海外視察
焙煎技能を競う競技会に参加し
見聞を広めることと
知名度を上げること、に取り組んできました。




「コーヒーの共通言語」を知るための活動
トルコのイスタンブール、ヨルダンのアンマン
中東の2つのエリアの視察
では、
抽出のルーツを肌で感じ




PUBLIQ COFFEEを知ってもらう活動
「JCRC2014」という
焙煎技能の全国大会では、
初参加、
全国9位という結果となりました。





PUBLIQ COFFEE が目指しているのは、
「サスティナブルためのサイクルをつくりだすこと」。




その世界がみえるところへ
行こうとしています。




今年中の活動は
一見、無関係で、遠回りのように見えますが
バランスをとりながら進むために考え取り組んだ事柄。




同じように、来年も
ゆっくりだとしても着実に進んでいける
バランスを考えた活動を行っていきます。




同じように
「コーヒーの共通言語」を獲得するための海外視察。
「知名度」をあげるためのコンテストへの参加。
お客様に直接関連があることでは
お買い物時の「利便性」と「コーヒー品質の向上」。




そして、それらを 
サスティナブルのためのサイクルを作る活動
持続可能性追求に
役立られるように加工すること。




そうしたことに時間とエネルギーを注いでまいります。




引き続き、PUBLIQ COFFEE にご期待くださいますよう。




2015年もアグレッシブに、
しかし、あわてず
腰をすえて活動してまいります。




そして、一番大事なこと。




その全てが、「支えていただいている」から
できるのだということ。




コーヒーのご利用を通して、
期待や関心を寄せていただき
応援していただいているからこそ
これまでの活動は可能となって
そして、
これからの活動も可能になっていくのだということ。




改めまして、今一度
厚く
御礼申し上げます。




1年間ありがとうございました。




2014年、ありがとうございました。


2014年12月31日 
PUBLIQ COFFEE 代表 吉田一哉 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック