PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE  10月 コーヒー豆メニュー

2015 年 10月メニューです。




まずは、2015年よりリニューアルした
限定コーヒー枠の内容を。




フレーバープロファイル(香味の特徴)を
名前とするコーヒーと、
さらに、そのフレーバーの特徴がよく感じられるような
比較対象としての意味も併せ持つ
個性的なシングルオリジン(単一農園産など)の




・フレーバー名の商品
・銘柄名の商品




この2種を毎月の限定コーヒーとして、
2015年の1年間展開する予定となっていて




第一弾 「 花  ~ フローラル ~」
第二弾 「 木の実 ~ ナッツ ~」
第三弾 「 ~ ショコラ ~」 
第四弾 「 淡い果実~ストーンフルーツ~」
第五弾 「 柑橘類 ~みかん・オレンジ~」
第六弾 「 ベリー類 ~カシス・ブルーベリー~」
第七弾 「 スパイス類 ~クローブ・シナモン~」
第八弾 「 ハーブ ~ ティーライク・紅茶~ 」 は前回登場。
今回、第九弾となります。




いつものように前回ブレンドの発表からまいりましょう。
第八弾の創作ブレンド 「ハーブ ~ティーライク・紅茶~」の
レシピは・・・・




コスタリカ ガンボア農園の
「たばこ」や「紅茶」に似た
葉を乾燥させたようなフレーバーを中心に、
ティーらしさのあるメキシコ
香り付けに少量のエチオピアを組み合わせたブレンド。
ライトボディで特にクリーンカップが際立つ銘柄たちで
そろえるのがポイント。
コスタリカ ガンボア農園「中煎り」
メキシコ エスパーニャ農園「中煎り」
エチオピア イルガチェフェ 「中煎り」の3種配合でした。




さぁ、それでは、今月、第九弾となる
フレーバープロファイルによるコーヒーです。




「 熱帯産果実 ~ トロピカルフルーツ~ 」




フルーツ全体を締めくくる、トロピカルフルーツが第9弾です。
フルーツはこれまで、
チェリーなどのストーンフルーツ
カシスなどのベリー系
オレンジなどの柑橘系をみてきて、
トロピカルフルーツを残すのみとなっていました。



トロピカルフルーツとは、 熱帯産果実のことで、
熱帯地域・・・
南北回帰線に挟まれた地帯・・
厳密に言うと、
赤道を中心とした南緯23度27分から北緯23度27分の間の地域を指し
気候的には一年の平均気温が摂氏20℃以上の地帯をいい
そのエリアを原産地とするフルーツのことです。



馴染み深いところでバナナ、パイナップル、マンゴー、パパイヤ、アボカド。
他にもドリアン、マンゴスチン、パッションフルーツなどがあります。




濃厚な甘みやジューシーなイメージのフルーツで、
このとろりとした甘みをコーヒーで表現するのが
今回の使命。



今回は、マンゴーに代表される、
とろりとした甘みをもつ
トロピカルフルーツをイメージした創作ブレンドに挑戦します。




「トロピカルフルーツ」をイメージしたコーヒー、
ブレンドでどこまでできるでしょうか。
是非、試してみてください。




さぁ、そしてもう一つ、
ストレート銘柄は、「東ティモール ロビボ村」。
アジアの東ティモール産のコーヒー銘柄です。




今年 7月31日~8月7日 
コーヒー産地視察で、
東ティモールのマウベシ郡というところにいきました。




マウベシ郡で組織されている
コカマウ生産者組合のコーヒーづくりに密着し、
ルスラウという集落で
収穫から一次処理までを
首都ディリにある工場で
輸出可能になるまでの二次処理をみて回り、
東ティモールコーヒーの個性や
働き人の環境を知って
その作品を紹介できればと思っていました。




このコカマウ生産者組合のコーヒーは
日本に輸入されていますが、
現在、集落単位にした特別なロットがあります。
通常、生産者組合のコーヒーとは、
組合員になっている全ての集落から集められたものを
一つのまとまりとしますが、
このコーヒーは、ロビボ村だけを選抜したもの。




東ティモール マウベシ郡 ロビボ村の香味。
そうした特異なコーヒーになっています。




えりすぐられた味わいです。
是非お試しください。
また、東ティモールをよりよく知るための
視察の模様はこちらをご覧ください。




さぁ、コーヒーの持つフレーバーを総点検していく2015年
第九弾は 「 熱帯産果実 ~ トロピカルフルーツ ~」です。




550x425xCCC_Tasters_Wheel_LR1_jpg_pagespeed_ic_-POlbkGZmj.jpg



今年、1年で こうしたフレーバーホイールの
各項目を追いかけ確認していきます。




今回は、フルーツの完結編。
ついに、フルーツの全体像が完成です。
過去のフルーツたちを思いおこし、
その最後に、このトロピカルフルーツを加えてみてください。




秀逸の2品、是非お試しください!


PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------
~月替わりのスペシャルティコーヒー~

GENTEI

創作ブレンド 
「 熱帯産果実 ~ トロピカルフルーツ ~」        ¥500/75G

東ティモール ロビボ村       ¥500/75G


    
  
--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G


-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


------------------------------------------------------
~安心と美味しさを実現したデカフェ~


やさしいワイン風味そのままのエチオピアモカ
MOCHA (デカフェ モカ)       ¥500/75G


------------------------------------------------------
~「只今のスペシャル」~


SPECIAL          ¥500/100G


コロンビア シナイ農園
コロンビア ラグーナ農園
ホンジュラス


以上から、日替わりで1種類が登場します。

________________________________________
PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・木定休 AM10-PM7
publiqcoffee@gmail.com
____________________________________________
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック