PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PUBLIQ COFFEE  2016年1月 コーヒー豆メニュー 

これまでのコーヒー豆メニューを一新、
2016年1月から新しいメニューとなります!



コーヒーの香味全体を網羅し、
嗜好の全てをカバーすることを目指したラインナップに生まれ変わります。



「スタンダードライン」
「ユニークネスライン」



オーソドックスなコーヒーたちのスタンダードラインと
個性的なコーヒーたちのユニークネスラインの
2つのラインで
「コーヒーの世界」の多様さを展開していきます。



この新しいコーヒー豆のメニュー表は、
「コーヒー豆探しの地図」としての機能をもち
香味全体を紹介できる設計になっており
メニュー表をみて、
コーヒーの香味がイメージできるよう工夫されています。




2016年の1年間で、
このメニュー表を使い
選りすぐりの「コーヒーたち」を紹介することを通して、
「コーヒーの世界」の全体表現を目指していきます。





さぁ、そして
そのコーヒー豆メニュー表がこちら。



beanslineup_gif.gif








上段横ラインがスタンダードライン
下段横ラインがユニークネスライン





また上段下段を縦に貫くのは、
左から
ライトボディ
ミディアムボディ
フルボディ




嗜好全体を分割し、各部分に番号をつけ、
各々の番号には、役割を担わせてあり、
それぞれには、それぞれの香味のイメージがあります。
①番には、①番が果たすイメージが
②番には、同じように、特定の嗜好を満たすイメージが割り当てられています。




それぞれの番号には、特定の嗜好を満たすというミッションがあり、
コーヒーの要素が
どのように組み合わされているべきかが明確にされていますので





このメニュー表は番号を選んで
好みに近いコーヒーをチョイスすることができます。




「コーヒー探しの地図」として利用していくことができます。




さぁ、2016年から様変わりしたコーヒー豆メニュー。



では、どのように
このメニュー表を 「コーヒー探しの地図」として
利用していけるのでしょうか。




その始まりとなった今月
1月は、2つの横ラインのうち
上段のスタンダードラインにだけ注目し、
コーヒー豆を選んでいくことにしましょう。



以下が、PUBLIQ COFFEE がおすすめする
このメニュー表を使ったコーヒー豆の選び方です。




2016年1年間を通して
徐々に全体がわかっていく実感がえられる、そんな選び方になっています。
毎月、順を追って、ご紹介していきます。
1月は、こちら。



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


1)  まずは、②番の 「M I L D (マイルド)」 をお試しください。



この②番の「M I L D (マイルド)」が全ての中心に位置する「基準」のコーヒーです。
コーヒーの香味は ・香り ・味 ・ボディ の三要素ですが、
その全てを調和させたブレンドコーヒーが②番の「M I L D (マイルド)」です。




そして、・香り重視 ・ライトボディ が ①番の「L I G H T (ライト)」です。
華やかでやさしく、すっきりとした印象のブレンドコーヒーです。




さらに、・味重視 ・フルボディ が ③番の「R I C H (リッチ)」です。
濃厚で余韻が続く力強い印象のブレンドコーヒーです。




このように、②番の「M I L D (マイルド)」を 基準にし、
香味の三要素を調整して
3つの嗜好、ライトボディ、 ミドルボディ、 フルボディ に仕上げた
ブレンドコーヒーたちが スタンダードライン。




2) 次に、②番の「M I L D(マイルド)」を試したら、その印象から方向を決めて
①番「L I G H T (ライト)」か  ③番「R I C H(リッチ)」 に進んでみてください。
  




好みのコーヒーの探し方は、 「基準」 に対しての 「方向」 と 「距離」 です。
2回目に試すコーヒーは、その道しるべとなるもの。
メニュー表を地図に見立てて、どの方向が好みか、「右」か「左」か探ってみましょう。




このように、3つの嗜好グループ
ライトボディ、 ミディアムボディ、 フルボディ から
好みの範囲を絞り込んでいく事からはじめるのが、
新メニュー表のおすすめの利用の仕方。




この先に、いろいろなコーヒーを試していく中で、
ぶれない軸、または中心、
つまり 「基準」を 得る事からはじめていきましょう。




今月は、まずは、「M I L D(マイルド)」から
そして、その「右」か「左」
優しい方向か力強い方向か探ってみましょう。
または、「オーソドックス」のニュアンスを知るために
スタンダードラインの3つを感じてみてください。




さぁ、スタンダードラインからはじめてみましょう!

beanslineup_gif.gif



※ これまでの定番銘柄
  ブラジル  グァテマラ  エチオピア  マンデリン  フレンチ
  \500 / 100 g  で継続します。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 AM11-PM7
publiqcoffee@gmail.com
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。