PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE 戦略 1

当店は、VISION GRAPH (ビジョングラフ)と呼ぶ
独自の評価基準を用いて
その色面積を拡大させていくことを目標にしています。


そして色面積拡大は「スクエア」と呼ぶ
価値、貢献のしるしを増やしていくことで行っていきます。


その「スクエア」は、基本理念
人材・企業文化・戦略・行動指針など
各要素を貫く構成となっていました。

sinchoku1-2.gif



VISION GRAPH(ビジョングラフ)の評価方法についても
そうなのですが
「スクエア」の各要素についても
具体的なことが決めれずに
コンニチまできていました。



その中で、最も、差し迫った課題としては
具体的にどんな事柄を仕事にして、
その仕事をどんな手順で行っていくかを
決定する「PUBLIQ COFFEE 戦略」が
あると考えていました。



基本理念の3つの円の重なる部分に
もう一歩でも二歩でも踏み込んだ
より現場に近い判断基準が欲しかったのです。



やりたいことはいっぱいあります。



しかし、限りある時間、資金、エネルギーは
本当に意味のある、成果に結びつく仕事に配分されていなければなりません。



それを決めるのが戦略です



攻撃的な言葉ですが、
現代においては一般的に使われているので
当店でも用いていこうと思います。



その戦略は言い方をかえると
何をやるべきでないのか
捨てるものは何かを探す作業ともいえます。





この取捨選択のしくみが
ようやく形になってきましたので
次回以降公開してゆこうと思います。














スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック