PUBLIQ COFFEEは「コーヒーができること」を提供していく取り組み型コーヒー店です。

PUBLIQ COFFEE  2月 コーヒー豆メニュー

2,017年は、毎月新しいコーヒーが2つ登場します。
この毎月の2種と定番の銘柄たち。
これが 2,017年の PUBLIQ COFFEE の コーヒー豆ラインナップです。



毎月の新しいコーヒーは、
各月、ひとつの生産国をピックアップし、
その中から選りすぐりの銘柄をセレクト、
これが一つ目。



そして、その銘柄を使って、
その特徴を強化、
超越するブレンドを創作します。




①選りすぐりのシングルオリジン
②そのシングルオリジンを使った創作ブレンド




この2つが毎月
新しいコーヒーとして登場します。




2,017年1月まず第一弾として取り上げた生産国は、【コスタリカ】でした。
栽培、精選 の 技術に注目した銘柄でした。




2月は、コーヒー豆の形状、タイプに注目。



ピーベリー、丸豆と呼ばれるコーヒー豆をピックアップします。。



通常、コーヒーチェリー内に対になってはいっているのが一般的な平豆。
向き合って、1つの果肉内におさまっているため、あのような形をしているわけですね。



ごくまれに、コーヒーチェリー内にひとつしか入っていないものもあり
真ん丸い形をしています。
全体の数パーセントとも言われる収量で
それだけを選別まとめたものがピーベリー。




濃縮した果実感が味わえます。



今月は、このピーべリー、
グァテマラの名産地アンティグアの優良農園
クプラ農園の 【ピーベリー】をセレクト。
グァテマラの名門、 クプラ農園の ピーベリーが登場です。



そして、このクプラ、ピーベリーの豆を使って
この特徴である黒や紫色の果実のような印象を
それ自体を超越するよう配合された創作ブレンド、
名づけて 【Myrtilles  ~ミルティーユ~】
フランス語で ブルーベリー という名の ブレンドが 登場します。



シングルオリジンとそのシングルオリジンの個性を強化したブレンドの2種。
2月限定のコーヒーたちです。
是非お楽しみください。

--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------

~ 月替りのスペシャルロット ~


グァテマラ クプラ農園ピーベリー   ¥500/75G

創作ブレンド ~ Myrtilles ~ (ミルティーユ)   ¥500/75G



--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

PUBLIQ COFFEE 2017年1月 コーヒー豆メニュー

2,017年は、毎月新しいコーヒーが2つ登場します。
この毎月の2種とブレンド以下定番の銘柄たち。
これが 2,017年の PUBLIQ COFFEE の コーヒー豆ラインナップです。



毎月の新しいコーヒーは、
各月、ひとつの生産国をピックアップし、
その中から選りすぐりの銘柄をセレクト、



そして、その銘柄を使って、
その特徴を強化、
超越するブレンドを創作します。




①選りすぐりのシングルオリジン
②そのシングルオリジンを使った創作ブレンド




この2つが毎月
新しいコーヒーとして登場します。




2,017年1月
まず第一弾として取り上げる生産国は、【コスタリカ】です。




栽培、精選 の 技術革新 先進国といってもいい生産国。
新しい香味を生み出すための研究がもっとも進んでいるといえる生産国。



この国からはじめていきます。



その技術の代表的なものが【ハニー製法】と呼ばれるもの。
コーヒーの果肉の影響を生豆に与え、
蜂蜜のような甘さをもつよう工夫された精製法です。



今月は、このハニー製法を一歩進めた 【レッドハニー】の銘柄をセレクト。
コスタリカの名門、 ブルマス・デル・スルキ農園の レッドハニーが登場です。



そして、このブルマスの豆を使って
ブルマス自体を超越する
蜂蜜の甘さがより感じられるよう配合された創作ブレンド、
名づけて 【La Miel  ~ラ・ミエール~】
スペイン語で ハチミツ という名の ブレンドが 登場します。



シングルオリジンとそのシングルオリジンの個性を強化したブレンドの2種。
1月限定のコーヒーたちです。
是非お楽しみください。

--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------

~ 月替りのスペシャルロット ~


コスタリカ ブルマス・デル・スルキ農園 レッドハニー   ¥500/75G

創作ブレンド ~ La Miel ~ (ラ・ミエール)   ¥500/75G



--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

PUBLIQ COFFEE  12月 コーヒー豆メニュー

2016年1月からはじまった企画
コーヒーナビ(COFFEE NAVI : 下図)



beanslineup_gif.gif



これは、好みのコーヒー豆を見つけるためのツールで
図にあるように①番~⑥番までの香味の枠があり
何番が好みに近いか、というように探していきます。
2016年の1年間を通して、
このツールを使って
自分好みのコーヒー豆の発見を目指していきます。


1月には、①番~③番を試し、嗜好のパターンを探りました。
①番のやさしい味わい
②番のバランスのとれた味わい
③番の力強い味わい



この3つのうち、どれがぴったりくるかの見極めが、好みへと近づく第一歩。
まずは、上段の スタンダードラインを試し、
①番~③番のなかで最もよい印象の番号の決定からはじまりました。




2月は、下段。④番~⑥番の体験。
①番~③番の中から最も印象のよかった番号の下の番号を試せば、
(②番なら⑤番というように)
より好みを掘り下げていくことができます。



一般的な香味をもつコーヒーたちが上段のスタンダードラインだとすると
下段のユニークネスラインとは、個性的な香味をもつコーヒーたち。
独特な風味の個性を体験することができます。




2月、その最初に登場したのはアフリカ、ルワンダの個性。




④番 やさしいルワンダ
⑤番 バランスのとれたルワンダ
⑥番 力強いルワンダ



3段階のルワンダが登場しました。



コーヒーナビ(ルワンダ)
(2月のコーヒーナビ)



次の3月、南米のボリビアが登場しました。
④番 やさしいボリビア
⑤番 バランスのとれたボリビア
⑥番 力強いボリビア



3段階のボリビアが登場しました。


 
コーヒーナビ(ボリビア)
(3月のコーヒーナビ)



その次の4月、中米のニカラグアが登場しました。
④番 やさしいニカラグア
⑤番 バランスのとれたニカラグア
⑥番 力強いニカラグア



3段階のニカラグアが登場しました。



コーヒーナビ(ニカラグア)
(4月のコーヒーナビ)




さらに5月、アジアのパプアニューギニアが登場しました。
④番 やさしいパプアニューギニア
⑤番 バランスのとれたパプアニューギニア
⑥番 力強いパプアニューギニア




3段階のパプアニューギニアが登場しました。



コーヒーナビ(パプアニュー

(5月のコーヒーナビ)



そして6月、世界の香味エリア4つをもう一巡することにし
二巡目、一つめ、アフリカのマラウィが登場しました。



④番 やさしいマラウィ
⑤番 バランスのとれたマラウィ
⑥番 力強いマラウィ



3段階のマラウィが登場しました。




コーヒーナビ(マラウィ)

(6月のコーヒーナビ)



そして7月、
世界の香味4エリアの二巡目の2つめ。
中米のパナマが登場しました。



④番 やさしいパナマ
⑤番 バランスのとれたパナマ
⑥番 力強いパナマ



3段階のパナマが登場しました。



コーヒーナビ(パナマ)
(7月のコーヒーナビ)


8月は、別企画を実施し、
9月より、その続き、
世界の香味4エリア
二巡目の3つ目、
南米、エクアドルが登場しました。!



④番 やさしいエクアドル
⑤番 バランスのとれたエクアドル
⑥番 力強いエクアドル




coffeenavi-ecuador.gif
(9月のコーヒーナビ)



そして10月、世界の香味4エリア
「アフリカ」「中米」「南米」「アジア」二巡目ラストの「アジア」。
エリア最後を飾ったのは 東ティモールでした。
これで世界を2周めぐったことになります。



TIMOR-LESTE.gif

(10月のコーヒーナビ)



世界を2巡しエリアの特徴を感じたら、最終ステップ。



最終ステップ 11月、12月で
この2016年の企画 COFFEE NAVI の集大成、総決算へ。
1年間を通して探ってきたことの着地を試みます。




1つの銘柄の違いではなく、
【④Light Body , ⑤Medium Body , ⑥Full Body 】
それぞれの香味枠で持ち味が生かされる銘柄をチョイスし
好みの深堀りをし、着地点を探ります。




先月 11 月は、個性豊かな 3銘柄、



Light Body ④番   メキシコ サンタテレサ農園(中米)
Medium Body ⑤番 タンザニア タリメ(アフリカ)
Full Body ⑥番 インド  カラディカン(アジア)



が登場しました。



10-26-1.gif

(11月のコーヒーナビ)



そして今回、12月。
2016年の企画 コーヒーナビ の最終月。
最後のラインナップはこの3銘柄です。



Light Body ④番  コロンビア  ラグーナ農園(南米)
Medium Body ⑤番 エルサルバドル エル・マドリアード農園(中米)
Full Body ⑥番 ケニア ティム ファクトリー(アフリカ)




12月のコーヒーナビ(COFFEE NAVI )は次のような感じになります。


2016-12-navi.gif


----------------------------------------------------------------------
コロンビア  ラグーナ農園
COLOMBIA  LAGUNA ESTATE



④番 Light Body  の個性を任されたのはコロンビア産。



コロンビアといってもいろいろです。
地図上の緑色、標高の高いところがコーヒー産地ですが、
コロンビアコーヒーは、北部から南部に向かうにつれて味わいが力強くなっていきます。
カリブ海側のコロンビアには軽やかさがあります。



ふんわりとやさしい澄んだ酸が秀逸。
 


co_map02.gif


co01.gif

---------------------------------------------------------------------
エルサルバドル エル・マドリアード農園
EL SALBADOR  FINCA EL MADRIAD



⑤番 Medium Body  の個性を任されたのはエルサルバドル産。(中米)



生産処理を湧き出る豊富な天然温泉水を使った温泉珈琲。
水洗工程の水洗いに温泉水を使っています。



特筆すべきは、キャラメルの甘さとなめらかなコク。 



el02.gif




el03.gif

-----------------------------------------------------------
ケニア ティム ファクトリー
KENYA THIMU FACTORY


⑥番 Full Body  の個性を任されたのはケニア産。(アフリカ)



キングオブコーヒーとして名高い銘柄ケニア。
優良産地キリニャガの ティムファクトリーのロット。



カシス・ベリーの風味の強さとボディは唯一無二。 



thimu03.gif



thimu02.gif



thimu01.gif




12月も、【Light Body , Medium Body , Full Body 】
それぞれの香味枠で持ち味が生かされる銘柄をチョイスし
月初から月末まで通しで展開。





先月との合わせ技で
本当に好みのコーヒー銘柄を見つけてみましょう!




さらに今月は、年末だけの 特別銘柄を販売予定。
21日(水)~ 31日(土)期間中
超高額コーヒー 2 銘柄が発売されます。
年末年始にふさわしい特別なコーヒー銘柄が登場予定。
詳細追ってご案内します。少しお待ちください。



--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------


~2016年の企画  コーヒーナビ(COFFEE NAVI)~


④番(ライトボディ)    コロンビア  ラグーナ農園  ¥500/75G
⑤番(ミディアムボディ) エルサルバドル  エルマドリアード農園  ¥500/75G
⑥番(フルボディ)   ケニア  ティムファクトリー    ¥500/75G




--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

PUBLIQ COFFEE  11月 コーヒー豆メニュー

2016年1月からはじまった企画
コーヒーナビ(COFFEE NAVI : 下図)



beanslineup_gif.gif



これは、好みのコーヒー豆を見つけるためのツールで
図にあるように①番~⑥番までの香味の枠があり
何番が好みに近いか、というように探していきます。
2016年の1年間を通して、
このツールを使って
自分好みのコーヒー豆の発見を目指していきます。


1月には、①番~③番を試し、嗜好のパターンを探りました。
①番のやさしい味わい
②番のバランスのとれた味わい
③番の力強い味わい



この3つのうち、どれがぴったりくるかの見極めが、好みへと近づく第一歩。
まずは、上段の スタンダードラインを試し、
①番~③番のなかで最もよい印象の番号の決定からはじまりました。




2月は、下段。④番~⑥番の体験。
①番~③番の中から最も印象のよかった番号の下の番号を試せば、
(②番なら⑤番というように)
より好みを掘り下げていくことができます。



一般的な香味をもつコーヒーたちが上段のスタンダードラインだとすると
下段のユニークネスラインとは、個性的な香味をもつコーヒーたち。
独特な風味の個性を体験することができます。




2月、その最初に登場したのはアフリカ、ルワンダの個性。




④番 やさしいルワンダ
⑤番 バランスのとれたルワンダ
⑥番 力強いルワンダ



3段階のルワンダが登場しました。



コーヒーナビ(ルワンダ)
(2月のコーヒーナビ)



次の3月、南米のボリビアが登場しました。
④番 やさしいボリビア
⑤番 バランスのとれたボリビア
⑥番 力強いボリビア



3段階のボリビアが登場しました。


 
コーヒーナビ(ボリビア)
(3月のコーヒーナビ)



その次の4月、中米のニカラグアが登場しました。
④番 やさしいニカラグア
⑤番 バランスのとれたニカラグア
⑥番 力強いニカラグア



3段階のニカラグアが登場しました。



コーヒーナビ(ニカラグア)
(4月のコーヒーナビ)




さらに5月、アジアのパプアニューギニアが登場しました。
④番 やさしいパプアニューギニア
⑤番 バランスのとれたパプアニューギニア
⑥番 力強いパプアニューギニア




3段階のパプアニューギニアが登場しました。



コーヒーナビ(パプアニュー

(5月のコーヒーナビ)



そして6月、世界の香味エリア4つをもう一巡することにし
二巡目、一つめ、アフリカのマラウィが登場しました。



④番 やさしいマラウィ
⑤番 バランスのとれたマラウィ
⑥番 力強いマラウィ



3段階のマラウィが登場しました。




コーヒーナビ(マラウィ)

(6月のコーヒーナビ)



そして7月、
世界の香味4エリアの二巡目の2つめ。
中米のパナマが登場しました。



④番 やさしいパナマ
⑤番 バランスのとれたパナマ
⑥番 力強いパナマ



3段階のパナマが登場しました。



コーヒーナビ(パナマ)
(7月のコーヒーナビ)


8月は、別企画を実施し、
9月より、その続き、
世界の香味4エリア
二巡目の3つ目、
南米、エクアドルが登場しました。!



④番 やさしいエクアドル
⑤番 バランスのとれたエクアドル
⑥番 力強いエクアドル




coffeenavi-ecuador.gif
(9月のコーヒーナビ)



そして10月、世界の香味4エリア
「アフリカ」「中米」「南米」「アジア」二巡目ラストの「アジア」。
エリア最後を飾ったのは 東ティモールでした。
これで世界を2周めぐったことになります。



TIMOR-LESTE.gif

(10月のコーヒーナビ)



世界を2巡しエリアの特徴を感じたら、次のステップ。



11月、12月で
この2016年の企画 COFFEE NAVI の集大成、総決算へ。
1年間を通して探ってきたことの着地を試みます。




今月 11 月は、個性豊かな 3銘柄を登場させ、
前半後半わけずに



Light Body ④番   メキシコ サンタテレサ農園(中米)
Medium Body ⑤番 タンザニア タリメ(アフリカ)
Full Body ⑥番 インド  カラディカン(アジア)




【Light Body , Medium Body , Full Body 】
それぞれの香味枠で持ち味が生かされる銘柄をチョイスし
月初から月末まで通しで展開。



11月、12月で、各番号の香味イメージを
もっとも表現できているだろう銘柄を提案。
みなさんがこれまで蓄積してきた自身の好みを微調整し、
好みに最も近づくラインナップで!



11月は、中米、アフリカ、アジアからピックアップ。



11月の コーヒーナビ(COFFEE NAVI )は次のような感じになります。


10-26-1.gif

(11月のコーヒーナビ)



----------------------------------------------------------------------
メキシコ  サンタテレサ農園
MEXICO  SANTA TELESA


④番 Light Body  の個性を任されたのはメキシコ産。
りんご系の爽やかな酸が秀逸。 


MEXICO-1.gif


---------------------------------------------------------------------
タンザニア  タリメ
TANZANIA  TARIME


⑤番 Medium Body  の個性を任されたのはタンザニア産。(アフリカ)
ベリー系の風味と甘味あるコクのバランスが絶妙。 


TARIME-1.gif

TARIME-2.gif

-----------------------------------------------------------
インド カラディカン農園
INDIA KARADYKAN


⑥番 Full Body  の個性を任されたのはインド産。(アジア)
スパイシーな風味とボディは、コーヒーの王道。 


INDIA-1.gif


INDIA-2.gif

農園主アパドゥライ夫妻


11月は、【Light Body , Medium Body , Full Body 】
それぞれの香味枠で持ち味が生かされる銘柄をチョイスし
月初から月末まで通しで展開。



各番号の香味イメージを
もっとも表現できているだろう銘柄を提案します。




11 月は さらに個性を発掘する月間として、
好みの「番号」を掘り下げていきましょう!


--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------


~2016年の企画  コーヒーナビ(COFFEE NAVI)~


④番(ライトボディ)    メキシコ  サンタテレサ農園  ¥500/75G
⑤番(ミディアムボディ) タンザニア  タリメ    ¥500/75G
⑥番(フルボディ)    インド  カラディカン    ¥500/75G




--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________

PUBLIQ COFFEE  10月 コーヒー豆メニュー

2016年1月からはじまった企画
コーヒーナビ(COFFEE NAVI : 下図)



beanslineup_gif.gif



これは、好みのコーヒー豆を見つけるためのツールで
図にあるように①番~⑥番までの香味の枠があり
何番が好みに近いか、というように探していきます。
2016年の1年間を通して、
このツールを使って
自分好みのコーヒー豆の発見を目指していきます。


1月には、①番~③番を試し、嗜好のパターンを探りました。
①番のやさしい味わい
②番のバランスのとれた味わい
③番の力強い味わい



この3つのうち、どれがぴったりくるかの見極めが、好みへと近づく第一歩。
まずは、上段の スタンダードラインを試し、
①番~③番のなかで最もよい印象の番号の決定からはじまりました。




2月は、下段。④番~⑥番の体験。
①番~③番の中から最も印象のよかった番号の下の番号を試せば、
(②番なら⑤番というように)
より好みを掘り下げていくことができます。



一般的な香味をもつコーヒーたちが上段のスタンダードラインだとすると
下段のユニークネスラインとは、個性的な香味をもつコーヒーたち。
独特な風味の個性を体験することができます。




2月、その最初に登場したのはアフリカ、ルワンダの個性。




④番 やさしいルワンダ
⑤番 バランスのとれたルワンダ
⑥番 力強いルワンダ



3段階のルワンダが登場しました。



コーヒーナビ(ルワンダ)
(2月のコーヒーナビ)



次の3月、南米のボリビアが登場しました。
④番 やさしいボリビア
⑤番 バランスのとれたボリビア
⑥番 力強いボリビア



3段階のボリビアが登場しました。


 
コーヒーナビ(ボリビア)
(3月のコーヒーナビ)



その次の4月、中米のニカラグアが登場しました。
④番 やさしいニカラグア
⑤番 バランスのとれたニカラグア
⑥番 力強いニカラグア



3段階のニカラグアが登場しました。



コーヒーナビ(ニカラグア)
(4月のコーヒーナビ)




さらに5月、アジアのパプアニューギニアが登場しました。
④番 やさしいパプアニューギニア
⑤番 バランスのとれたパプアニューギニア
⑥番 力強いパプアニューギニア




3段階のパプアニューギニアが登場しました。



コーヒーナビ(パプアニュー

(5月のコーヒーナビ)



そして6月、世界の香味エリア4つをもう一巡することにし
二巡目、一つめ、アフリカのマラウィが登場しました。



④番 やさしいマラウィ
⑤番 バランスのとれたマラウィ
⑥番 力強いマラウィ



3段階のマラウィが登場しました。




コーヒーナビ(マラウィ)

(6月のコーヒーナビ)



そして7月、
世界の香味4エリアの二巡目の2つめ。
中米のパナマが登場しました。



④番 やさしいパナマ
⑤番 バランスのとれたパナマ
⑥番 力強いパナマ



3段階のパナマが登場しました。



コーヒーナビ(パナマ)
(7月のコーヒーナビ)


8月は、別企画を実施し、
9月より、その続き、
世界の香味4エリア
二巡目の3つ目、
南米、エクアドルが登場しました。!



④番 やさしいエクアドル
⑤番 バランスのとれたエクアドル
⑥番 力強いエクアドル




coffeenavi-ecuador.gif
(9月のコーヒーナビ)



そして10月、世界の香味4エリア
「アフリカ」「中米」「南米」「アジア」二巡目ラストの「アジア」。
これで世界を2週めぐったことになり、次月より新展開を予定。




最終エリアのアジアは、東ティモールが登場です!




-----------------------------------------------------------
東ティモール マウベシ ハヒタリ村 
TIMOL LESTE COCAMAU



インドネシアから2002年独立した東ティモール。
石油・天然ガス産業とコーヒー産業のみといえる現状に
新しい産業の振興を図り自立を目指しています。
コーヒーは古くからつくられ、昔ながらの伝統農法によります。
2015年夏、実際にマウベシ郡の産地を訪れ、
収穫精製をともにし、脱穀工場を視察しました。
東ティモール、アイナロ県マウベシ郡、
COCAMAU(新生マウベシコーヒー生産者協同組合)のハヒタリ集落の厳選ロット。



豊かなコクがある、アジアの特徴を語るに、ふさわしい銘柄です。



timor_leste.gif


413.jpg


000.gif



月ごとに地域の個性を展開中で
世界の4つのエリアは2巡目のラスト!



「エリア」の特徴把握を試みる段階もいよいよ最終章。
アフリカ、中米、南米に続いてアジアも手の内にいれていきます。
そして次月より新展開。
11月、12月で、
この2016年の企画 COFFEE NAVI の集大成、総決算へ。
1年間を通して探ってきたことの着地を試みます。



今月 10 月のコーヒーナビ(COFFEE NAVI )は次のような感じになります。



TIMOR-LESTE.gif



さぁ、10 月。



アジアの特徴とは?パプアニューギニアにつづくアジア2巡目は東ティモールです。
その共通点をつかんでみましょう。
東ティモールの印象とは?パプアニューギニアとの違いとは?



10 月は アジア を把握する月間として、
味わいをチェックしていきましょう!


--------------------------------------------------------

PUBLIQ COFFEE のコーヒー豆ラインナップ

------------------------------------------------------


~2016年の企画  コーヒーナビ(COFFEE NAVI)~


④番(ライトボディ)    東ティモール  ハヒタリ村   ¥500/75G
⑤番(ミディアムボディ) 東ティモール ハヒタリ村   ¥500/75G
⑥番(フルボディ)     東ティモール ハヒタリ村    ¥500/75G



販売期間は、前半と後半にわけ、
前半 月初から10月14日(金)まで ⑤番と⑥番の2つを販売
後半 10月15日(土)以降月末まで ④番と⑤番の2つを販売とします。


3つあわせてご希望の場合は、ご予約が必要です。
お電話、または、メールで
10月14日(金)までに、
量とご希望の方法、(発送、配達、店頭渡し)と希望日時を添えて、
ご連絡ください。

TEL 0565 (57) 2324  
publiqcoffee@gmail.com  


--------------------------------------------------------

~香味の創造、進化し続ける当店のブレンド~

BLEND  (ブレンド)       ¥500/100G

------------------------------------------------------
~独特の個性を持つ特筆すべきストレートたち~


バターキャラメルの甘みをもつまったりとしたブラジル
BRAZIL              ¥500/100G


芳しく華やかな香りと清流のようなキレをもつグァテマラ
GUATEMALA        ¥500/100G


果実を思わせるワイン風味が特徴のエチオピアモカ
MOCHA              ¥500/100G


大地の香りを詰め込んだ力強いコクのマンデリン
MANDHELING         ¥500/100G

-----------------------------------------------------
~最後に到達する領域、焙煎度合いが持つ個性~

究極の深み、粘性のあるボディ
FRENCH  (フレンチ)       ¥500/100G


____________________________________________________

PUBLIQ COFFEE (パブリックコーヒー)
〒473-0925
愛知県豊田市駒場町雲目17
TEL&FAX 0565(57)2324
月・火定休 11AM -7 PM
publiqcoffee@gmail.com
_________________________________________________________